栄養科学部 管理栄養学科

教員・在学生メッセージ

教員メッセージ

社会に出てからも学び続けてスキルアップできる管理栄養士になろう

樋川 直司 教授

kannei_sennsei.jpg卒業生には、いろいろな仕事を経験しつつ学び続けることで、キャリアアップして活躍している管理栄養士が多数います。大切なのは就職後も学んでスキルアップすることです。それを踏まえて本学科では、就職後を見据えた3つのコースの専門教育や、管理栄養士国家試験対策などに加え、臨地実習の事前事後での指導など、就職後にも役立つ授業外の教育にも力を入れています。

在学生メッセージ

食の面から喜びや楽しみを与え
ヒトの体をサポートするのが目標です

管理栄養学科3年(取材当時) 薄田さん

kannri_zaigakusei.jpg私が管理栄養士をめざそうと思ったのは、高校生のときにテニス部のマネージャーとして、部員に手づくりのお菓子やドリンクを差し入れしたことでした。食事が人に喜びや楽しみを与え、体をサポートできるとわかったことがきっかけです。授業には科学的な実験もあって、「調理科学実験」では豚肩ロース肉の繊維の切り方や、食塩の使い方を工夫して、ポークソテーの焼き具合を検証しました。講義で学んだ知識が実験や実習を通して深まっていくことはとても楽しいですね。また、管理栄養士は人の気持ちに寄り添うことが大切です。人々がやる気を起こして行動に移す方法についても学んでいます。そのおかげで私生活でも相手の話を聞いて自分の意見を伝えられるようになりました。いまは病気を治す仕事にも、健康を維持する仕事にも興味があります。これからゼミナールなどを通じて、自分がなりたい管理栄養士像を探していきます。