栄養科学部 管理栄養学科

教員・在学生メッセージ

教員メッセージ

保育園、小・中学校、病院、給食受託会社、行政、食品会社など、幅広い業界で活躍できます!

吉岡 有紀子 教授

2017_message_01.jpg「生きる力、人間性、高度な専門性を備え、情熱をもって社会と人々の健康とQOL向上に貢献できる管理栄養士」の育成をめざす本学科では、4年間を通して、どんな管理栄養士になりたいかを考え、夢に向かって学内外での学習を積み上げていきます。卒業生は、管理栄養士や栄養教諭、食品衛生監視員といった資格をもち、社会のさまざまなシーンで活躍しています。

在学生メッセージ

数々の実習や実験を通して 多様な意見を受け入れる大切さも学びました

管理栄養学科4年(取材当時) 井上さん

2017_message_02.jpg高校の部活動で体づくりには食が大きく関係していることを実感して、管理栄養士になろうと思いました。入学当初は理系の授業が不安でしたが、先生方がいつも助けてくださるので研究室に通い詰めました。2年次からは調理の実習や食品の実験がたくさんあって、缶詰やピクルス、ソーセージづくりなどに取り組めて楽しかったです。管理栄養学科には多くのグループワークがあります。そこでは、自分にできることを積極的に見つけ、メンバーとたくさんのコミュニケーションを取りながら目標に向けて作業を進めることが大切です。また高校と違って、大学ではいろいろな考えをもった人に出会えます。私はみんなと意見をぶつけ合い、交換し合うことで、多様な考え方をもてるようになりました。卒業後はホテルや保養施設で働きます。相模女子大学での経験を生かして、お客様へのサービスも企画できるような管理栄養士をめざします。