グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  学芸学部 >  子ども教育学科

子ども教育学科


子どもの「声」を「聴き」、「心」を「訊く」指導者を志し、心のキャッチボールのできる「見守れる人」になる。

小学校教諭・特別支援学校教諭・幼稚園教諭・保育士からの複数免許・資格取得に加え、司書教諭の資格などが取得可能。
子どもを深く理解し、社会のニーズに応える指導者となるためのカリキュラムを組んでいます。

子ども教育学科オリジナルサイト

子ども教育学科に関する詳しい情報は、こちらからもご覧いただけます。

子ども教育学科オリジナルサイト


学びのキーワード

子育て支援

子育て支援

講義、ゼミナール、ボランティア活動を通じて子育てのあり方とその支援について広く学びます。
免許・資格

免許・資格

小学校・幼稚園の教職免許状(一種)、保育士資格、特別支援学校教諭免許状(一種)などが取得可能。
少人数制

少人数制

専門課程は少人数によるクラス制。教員がきめ細やかに指導します。
教員

教員

教育現場での豊富な経験をもつ教師陣。海外の教育の実態を知る先生方もいます。
“楽”習

“楽”習

子どもが興味・関心に従って主体的に楽しく学ぶために、さまざまな授業があります。
子どものいるキャンパス

子どものいるキャンパス

併設の幼稚部(認定こども園)、小学部の子どもたちとインターンシップなどを通じて触れ合えます。
自然を通じた学び

自然を通じた学び

自然豊かで広大なキャンパスは、子どもの遊びや教材を考える材料の宝庫です。
笑顔でつながる

笑顔でつながる

多様な活動を通じてコミュニケーション力を身に付けた本学科生はいつも笑顔です!

子ども教育学科の学び


学びのポイント
  1. 体験
  2. 発見
  3. 貢献

子ども教育学科は、小学校・特別支援学校・幼稚園・保育所を含む児童福祉諸施設での教育・保育を担える人材を育成します。適正な理念に裏打ちされた、教育・保育の現場で通用する専門知識や技能を修得するとともに、社会の形成者・保護者となるために必要な知識や教養、そして教育・保育活動に必要なコミュニケーション能力も身に付けていきます。講義で学んだ知識と実践で身に付けた技術は、教育・保育の現場での経験と関連させながら、子どもへの理解を徐々に深めていきます。

子ども教育学科の学びのイメージ

2021年度カリキュラム (注意)一部の科目が変更になることがあります。

カリキュラム

科目ナンバリング

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

カリキュラムツリー

*下記は、2019年度入学生より適用のカリキュラムツリーに関する説明です。
カリキュラム・ツリーの縦軸は降順で学年及び学期を示し、横軸は子ども教育学科のカリキュラム上の領域を示している。それは、
  1. 免許・資格の取得のために必要な科目
  2. 教育実習・保育実習関連科目
  3. 学科独自に設定されている研究能力を育成する科目と就職対策に関連する科目
の3領域である。
免許・資格の取得のために必要な科目の領域は多岐にわたる。本学科では小学校教諭免許、幼稚園教諭免許、保育士資格を取得することが可能である。教員職員免許法および児童福祉法に則った、それぞれの免許・資格取得のために修得が必要な科目が区別して示されている。中には二つ以上の免許・資格に共通した科目もあり、区分に渡って横長に示されている。学生は初年度から、複数の免許・資格取得のための共通科目を履修し、基礎的な知識と技能を身につけながら自身の適性と動機を確認し、3年次以降の実習への準備をしていく。
また、実習に関する領域は2年次から始まる。幼稚園・小学校が併設されているのは本学の特色である。本学科では、「教育インターンシップ」という学科独自科目によって、併設の幼稚園と小学校で実習インターンシップを行い、次年度以降の実習に向けての準備を進める。2年次の最後には、実習資格審査において、実習生としての最低限の知識や心構えを身につけているか審査される。審査に合格した者は、3年次以降には、教員免許取得のために小学校・幼稚園での実習を行い、保育士資格取得のために、保育所と福祉施設での実習を行っていく。
卒業研究の準備は、初年度から始まる。研究能力を育成する科目として「クラス」と呼ばれる単位である「基礎教育講座」と「子ども教育基礎演習」において、2年次までに子ども教育学における関心領域を定め、研究を営む基礎能力を身につける。3年次以降は、「ゼミ」に所属し、担当教員の指導のもと卒業研究を進めていく。2015年度から、就職対策の学科独自科目として、3年次以降に「子ども教育特別演習」の科目群が加わった。職業人としての一般常識修得と就職試験対策を主眼としている。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

授業紹介

特別支援教育・保育II/ 新平 鎮博 教授

特別支援教育・保育II

グループワークやディスカッションを取り入れた授業

この授業で修得するのは、障がいや病気のある子どもも、そうでない子どもも、ともに育つ・学ぶために、すべての教育者・保育者に求められる知識です。グループワークを取り入れ、医療・保健・福祉・教育で研究・臨床の経験がある教員との多くのディスカッションを通じて、なぜ学ぶのかを知り、学びを深めていきます。特別支援学校教員養成課程のある本学科では、特別な支援を必要とする子どもの教育・保育に関する学びの充実を図っています。

ゼミナール紹介

卒業研究 I「子ども・子育て・子育て支援の“いま”」 久保田ゼミ / 久保田 力 教授

卒業研究 I「子ども・子育て・子育て支援の“いま”」 久保田ゼミ

実践を語れる・書ける・議論できる保育者の育成

既に、保育職が子どもとのコミュニケーションだけで完結できる時代は終わっています。子どもの「最善の利益」を実現するためには、同僚、保護者、地域社会の多種多様な人々との濃密な協働的関係が不可欠です。その基礎となるのが、自らの実践活動をわかりやすく説明(語る・書く)し、互いにより良いものを求めるために議論する能力です。卒業研究論文作成に向けた学習活動を通して、論理的なコミュニケーションができるよう学び合います。

在学生メッセージ

小学校と幼稚園の教職免許状取得をめざしています

佐々木さん

子ども教育学科 3年 佐々木さん
小学校と幼稚園の教職免許状取得をめざしています。指導法を修得する模擬授業は10科目もあって大変ですが、児童の反応を想像しながら楽しく学んでいます。2年次には、キャンパス内の幼稚部(認定こども園)でインターンシップも経験。今年からいよいよ教育実習が始まります!

子どもと触れ合った4年間。この大学だからできた経験でした

遠藤さん

子ども教育学科 4年(取材当時)遠藤さん
「どれみんみん♪」という学科のボランティアグループに所属して、学内施設「子育て支援センター」でダウン症の子どもとその保護者を4年間サポートしました。同じキャンパス内にある併設小学部の授業見学など、1年次から教育の現場を経験できたのも相模女子大学ならでは。先生方はみなさんとても熱心です。教職センターもフルに活用して、小学校教諭になる夢を叶えました。

私の4年間

1年次
ボランティアグループ「どれみんみん♪」に参加。子どもと接することの楽しさ、大変さ、障がい児へのかかわり方を、先輩方を通じて学びました。
2年次
10科目の模擬授業を経験。先生の紹介で盲・ろう学校でのボランティア活動をし、「どれみんみん♪」では学年代表を務めました。
3年次
小学校の教育実習で子どもたちの成長を実感。教師になることへの思いを強め、教職センターのサポートを受けました。
4年次
夏の採用試験に向けて教職センターに通う日々。秋は幼稚園で教育実習。外国籍の子どもをテーマに卒業論文も完成させました。
卒業後
神奈川県の公立小学校に勤務します。子どものつぶやきに耳を傾け、成長を見守り、学びを援助できる先生をめざします。

卒業生からのメッセージ

働く環境を考えて公務員保育士に。学び、働き続けて保育を極めます

小山さん

小山さん:相模原市職員 公務員保育士 相模原市立中野保育園 勤務
子ども教育学科 2018年3月卒業


豊かな自然に囲まれた環境で、2歳児を受けもっています。この中野保育園は、遊びを通して園児の個性や能力を引き出すことを大切にしていて、真剣に遊ぶ子どもたちの姿に、日々成長を感じます。大学では保育士資格と幼稚園教諭免許状を取得しましたが、幅広い年代の子どもの成長を助けたくて、保育を極めようと思いました。相模原市の職員採用試験を受けたのは、研修制度や福利厚生の充実など、長く働くための環境が整っているからです。学科と教職センターの手厚いサポートのおかげで夢を叶えることができました。

教員メッセージ

教員や保育士など、子どもにかかわる仕事に就きたい人に

角田 雅昭 准教授

角田 雅昭 准教授
卒業生の多くは、小学校、幼稚園、保育所、施設、認定こども園などに就職し、教育や保育に携わっています。子どもが自ら育とうとする力を支え、その保護者をも支えていく責任ある職務です。専門的な知識や技術、教育者・保育者としての心構えについて深く学び、そのあり方やキャリア形成を考えられるように学科独自の講座が組まれています。

取得可能な免許・資格など

小学校教諭一種免許状※1 ※2
幼稚園教諭一種免許状※1
特別支援学校教諭一種免許状※1
保育士資格※1
情報処理士
社会福祉主事(任用資格)
※1 教職課程および保育士養成課程を履修するにあたり、教職免許状・資格取得にふさわしい一定の基礎学力が求められます
※2 小学校教諭免許状取得予定者は、「複数教員免許制度」を利用して他学科の授業を履修することで、国語・英語・家庭の中学校教諭二種免許状の取得をめざすことが可能です。複数教員免許制度を利用するには、資格審査に合格することが必要です
※3 教職課程の履修が必要です

授業で取得をバックアップする資格(在学中に取得可能)

ビジネス実務マナー検定

めざす職業・業種など

小学校教諭、幼稚園教諭、特別支援学校教諭、保育所保育士、施設保育士(児童養護施設、障がい児入所施設)、子ども関連企業

主な就職先

  • 横浜市教育委員会
  • 神奈川県教育委員会
  • 川崎市教育委員会
  • 横浜市(保育士)
  • 世田谷区(保育士)
  • 相模原市(保育士)
  • 国本学園 国本幼稚園
  • 相模中央学園 中央幼稚園
  • 大竹学園 藤沢若葉幼稚園
  • 正和学園 認定こども園 正和幼稚園
  • 認定こども園 相模女子大学 幼稚部
  • たちばな福祉会
  • 県央福祉会
  • 寿康会 みらい保育園
  • 松濤会 原町保育園
  • 恩賜財団済
  • 生会 横浜市東部病院
  • ゆりかご園
  • 十愛療育会 地域療育センターあおば
  • 国立印刷局
  • リクルート ほか
(過去3年間・順不同)

入試に関わるお問い合わせ

資料請求はこちら

電話:0120-816-332
携帯電話から:042-749-5533



ページの先頭へ戻る