グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  人間社会学部 >  人間心理学科

人間心理学科


人間の心を学際的に探究し、多角的な視点からアプローチする

心理・人間文化・社会福祉の3つの領域から、それぞれ科目を選択。
多角的なアプローチにより、人間の心をまるごと学びます。全身を使って体験的に「心とは何か」を追究します。


学びのキーワード

臨床心理
心の諸問題への深い理解と心理援助法・成長法を研究します。
からだと心
ヒーリング、気功、ヨーガ、ダンスのようなソマティックスを学びます。
スピリチュアリティ
人間の実存、宗教、霊性などについて学びます。
現代心理学
心と行動のしくみを科学的に理解する現代心理学の基礎、応用、研究法を学びます。
人間文化
古今東西における思想や人間のくらしを文化や哲学という視点から読み解きます。
社会と福祉
困難を抱える人々の支援を行うため、社会福祉の制度や相談支援の技法を学びます。
カウンセラー・ソーシャルワーカー
公認心理師国家試験や社会福祉士国家試験の受験資格取得をめざします。
癒し
日本と世界各地の癒しの文化について学びます。

人間心理学科の学び


学びのポイント
  1. 人の心に多角的にアプローチする体系的なカリキュラム
  2. 体験を通して学ぶ演習科目を数多く設置
  3. 公認心理師や社会福祉士国家資格に対応したカリキュラム

人間心理学科では、幅広い視点から人間の心を捉えます。4年間を通して、文化・社会・他者・自己・身体・精神などさまざまな観点から人の心について理解を深めます。心理・人間文化・社会福祉の3つの領域から、興味・関心に応じて科目を選択し、多彩な体験型授業から、それぞれの領域についてじっくり学んでいきます。その過程で、自ら主体的に調べ・学び・表現する能力、自分自身を観察(内省)したり、他者とのかかわりのなかで発見(対話)する能力、論理的・批判的思考を活用してものごとを客観的に分析する能力、人間の営みを文化や社会から考察できる能力などを養います。

人間心理学科の学びのイメージ

Close Up ! こんな活動・体験が待っています!

子育て支援センターでの活動

子育て支援センター

学内に設置されている「子育て支援センター」では、本学科の教員が行っているさまざまな活動に学生もアシスタントとして参加します。地域の親子と接する体験を通して支援の仕方を学んでいます。核家族化・少子化が進むいま、学生にとって貴重な体験となっています。
マーガレット農園より

マーガレット農園

人と農の営みについて学ぶため、学内のマーガレット農園や学外で農業体験を行っています。クヌギの落ち葉で腐葉土をつくったり、不要な竹を支柱にするなど、持続可能な農をめざして自分たちでできることを試みています。2018年もさまざまなハーブや野菜、花、果樹を育てました。
めざす職業・業種など
カウンセラー/ソーシャルワーカー、医療・福祉・教育関連機関、公務員(心理職・福祉職)、健康関連産業、接客サービス、大学院進学 ほか

取得免許・資格

社会福祉士国家試験受験資格
公認心理師国家試験受験資格※1
ピアヘルパー受験資格
児童指導員(任用資格)※2
情報処理士
社会福祉主事(任用資格)
※1 卒業後大学院で指定科目を修めて修了後または一定期間の実務経験後
※2 資格の有無の判断は、採用施設・企業・自治体等が行います
ピアヘルパーとは日本教育カウンセラー協会が認定する資格で、直訳すると「仲間を助ける人」。年齢を問わず、対等な立場で、誰しもが出会う問題の相談相手になります。所定の単位を修得し、日本教育カウンセラー協会による筆記試験に合格することが資格取得の条件です。また、臨床心理士の資格については大学院への進学が必須となります。教員・スタッフが親身に相談にのり、進学へのサポートを行いますので、臨床心理士の資格取得を目指す方は早めに相談してください。

授業で取得をバックアップする資格

認定心理士
ビジネス実務マナー検定
※在学中に取得可能

授業紹介

心理的アセスメント / 日戸 由刈 教授

心理的アセスメント

心理検査の体験を通して人の発達や心のしくみを考えます

本学科の学生が全員履修する必修科目で、公認心理師国家試験受験資格取得に必要な科目でもあります。いろいろな心理検査を実際に体験して、検査の実施方法や結果の分析方法などを演習形式で学びます。講義だけでなく、性格検査、知能検査、適応行動検査などを実際に体験して、評価の視点や方法、分析の仕方などを修得していきます。検査体験は人の発達や心のしくみについてじっくり考える機会であり、自己分析により自分自身についての理解を深めることにもつながっています。

2020年度カリキュラム (注意)一部の科目が変更になることがあります。

カリキュラム

科目ナンバリング

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

カリキュラムツリー

人間心理学科のカリキュラム・ツリーでは、横軸に学年、縦軸に領域を示しています。1~2年次に「総合人間学I・II」、「心理研究法」という基礎科目を設けることで、人間心理学科で学ぶ基礎知識を身につけ、より専門的な基幹科目の学修を助けます。3年次からは主体的に調べ、学び、表現する実践的能力を高める「ゼミナール」を開講し、4年次の「卒業研究」という完成科目につなげます。展開科目は、「臨床心理」、「心理社会」、「人間文化」、「社会と福祉」の4領域に分類されます。各領域において、1年次に基礎的な科目を配置し、学年が進むにつれ、より応用的な科目へと展開していきます。また、各領域において、体験を通じて理解し、対処する能力を養うために、少人数制の演習科目を配置しています。
「基礎科目・完成科目」の欄を見て下さい。この欄の科目は必修科目が多いです。1~2年生では、社会とのつながりを意識するための「基礎科目」を学びます。3年生以上では、テーマを決め少人数で深く学ぶ「完成科目」を学びます。自分の将来像を描くことに役立つキャリア関係の科目も学びます。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ゼミナール紹介

ゼミナールI・II 後藤ゼミ「行動分析学」/ 後藤 和宏 准教授

ゼミナールI・II 後藤ゼミ

行動の原因は性格ではなく、環境にあります

「〇〇しよう」「〇〇したい」と思いながら、行動しないままの人、本当はすべきでないとは思いながら、やめられない行動がある人はたくさんいます。これらの行動の問題は、生まれつきのものでもありませんし、性格などのせいでもありません。環境を整えることで、望ましい行動をつくり、望ましくない行動を取り除き、仕方ないと諦めていた日常の問題の解決につなげられます。一緒に研究しましょう!

教員メッセージ

福祉関連、サービス業、大学院進学など多方面で活躍できます

石川 勇一 教授

石川 勇一 教授
本学科では、人間の心の理解、コミュニケーションの技術、対人援助、生と死などについて学べるため、人とかかわるあらゆる職業で知識やスキルを生かせます。また、就職支援講座を受講したり、キャリア・カウンセラーに相談して、安心して就職活動に臨むことができます。社会でどのように活躍したいのか、早い時期から意識を高めてください。

在学生メッセージ

普段の生活にも生かせる、心の学びがたくさんあります

佐々木さん

人間心理学科 3年 佐々木さん
心理の学びは日常生活に生かしやすく、身の回りのいろいろなことを発見できるのが魅力です。2年次に選択した心理検査演習※1では、病院の精神科などで実際に用いられる心理検査を受けて、自分自身を客観的に知ることができました。また、少人数で行うカウンセリングスキル※2の授業では、カウンセリング経験のある先生からテキストには載っていないことまで教えていただきました。人間心理学科には演習や実習が多く、経験に基づいてお話をしてくださる先生がいらっしゃいます。 私は学ぶうちに、発信よりも受信(聞き方)のほうが大切だと考えるようになりました。友だちから相談を受けたときは、学科での学びを大切にしながら親身になって耳を傾けます。助けになってあげられることは増えたように感じています。心理学はどんな職種や業種にも生かせます。これからゼミナールやボランティア活動などを通じて、将来の目標を定めていきます。
※1 旧カリキュラムの科目名。2020年度は「心理的アセスメント」となります
※2 旧カリキュラムの科目名。2020年度は「心理演習」となります

自由と自己責任を学び、感謝の心をもつようになりました

平間さん

人間心理学科 4年(取材当時) 平間さん
自分で履修する授業を決めて、卒業に向けて自ら計画的に学ぶことで、4年間で自己管理ができるようになりました。また、アルバイトを通じて社会マナーの厳しさを体験。コミュニケーション力が高まり、自分の行動や発言に対する責任感が生まれました。卒業を迎えるいま、先生や友だち、両親など、たくさんの人に感謝をしています。

卒業生の活躍

卒業生からのメッセージ

森合さん

子どもの気持ちを聴き支援の仕方を考えます

森合さん:川崎市職員 児童心理司 川崎市こども家庭センター 勤務
人間心理学科 2012年3月卒業


川崎市の中央児童相談所で、児童心理司として子どもとその家族の支援をしています。いじめ、非行、虐待、発達障がいなど相談内容は幅広く、抱えている課題は一人ひとり異なります。面接を重ねてアセスメントをするにあたり、固定概念にとらわれないように心がけていて、人間心理学科で自分の性格や思考を客観的に知ったことが役立っています。「今日は来るのが遅いじゃん」といった子どもの反応は、面接が楽しみになってきた兆し。小さな変化ですが、私にとっては大きな喜びです。

主な進路先(過去3年間・順不同)

  • 横浜南共済病院
  • 神奈川県厚生農業協同組合連合会
  • 社会福祉法人若竹大寿会
  • 社会福祉法人秀峰会
  • 社会福祉法人中心会
  • くらしの友
  • 臨海
  • 日本ボディセラピスト協会
  • 日本郵便
  • さがみ農業協同組合
  • 静岡中央銀行
  • 湘南信用金庫
  • 日本軽金属
  • JVCケンウッド
  • 大和ハウス工業
  • 富士防
  • 資生堂ジャパン
  • 大塚商会
  • 山本商会
  • 東計電算
  • ジェー・アイ・ピー
  • ANA成田エアポートサービス
  • キョクレイ
  • ネッツトヨタ横浜 ほか
主な進学先:北里大学大学院/日本大学大学院 ほか

入試に関わるお問い合わせ

資料請求はこちら

電話:0120-816-332
携帯電話から:042-749-5533



ページの先頭へ戻る