グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  短期大学部 >  食物栄養学科

食物栄養学科


充実した2年間の学びを生かし、効率よく食の専門家を育成

栄養士として早く社会に出て働きたい人にぴったりの学科です。充実した実験・実習で即戦力を磨きます。
食品衛生監視員・食品衛生管理者の任用資格も併せて取得可能です。


学びのキーワード

栄養士
栄養士資格必修科目などを段階的に学ぶことで栄養士の資格を取得することができます。
資格
栄養士資格のほか、食品衛生監視員および食品衛生管理者任用資格の取得が可能です。
給食
事業所、保育園、小学校、介護老人保健施設、病院などでの給食実習があります。
スポーツ
スポーツクラブや健康増進施設などでの健康指導者をめざすための学びがあります。
商品開発
食品学や栄養学、調理学を学び、食品メーカーでの新商品の開発研究をめざします。
料理
給食などの大量調理からクリスマスメニューなどの行事食まで幅広く学びます。
実験
生化学実験や食品学実験など、実験・実習が充実しています。
子ども
保育園、幼稚園、小学校などに就職して、子どもと触れ合える栄養士をめざします。

食物栄養学科の学び


学びのポイント
  1. 栄養士として必要な専門知識と技術に得意分野をプラス
  2. 演習・実習科目を多彩に配置し、実践力を強化
  3. 学生の自主性を重視し、課外活動も積極的にサポート

現代社会が求める高度で専門的な栄養知識を有し、食を通して人々の健康の維持・増進に積極的にかかわることのできる栄養士をめざします。修得した「食物と栄養」に関する専門的な知見を人々の生活の質の向上のために役立て、他者との間に厚い信頼関係を築ける人材を育成します。
将来、自分は何をしたいのか。どんな栄養士になりたいのか。1年次に開講される栄養士入門講座では、自分の目的意識を明確にしながら、食と栄養に関する専門的な知識と技術を身に付けて、栄養士の資格取得をめざしていきます。2年次で開講される栄養士実践実習やゼミナールでは、社会に出て自分の武器となる「ひとつ上の学び」を修得します。また、課外活動を全面的に推進して、学んだ知識を応用・発展させる場を展開します。

食物栄養学科の学び

めざす職業・業種
栄養士(事業所・学校・幼稚園・保育園・老健施設・病院など)、食品会社(製造職・研究職・開発職・営業職・販売職など)、進学(4年制大学への編入学・専門学校など)、公務員 など

学びの目的&ポイント

子ども×栄養士
保育園や幼稚園、小学校での栄養士は、多くの先輩たちが選んでいる進路です。現場ですぐに役立つ「栄養士実践実習」などの授業やインターンシップ、OGたちのネットワークで、この進路をめざす学生を応援します。
スポーツ×栄養士
スポーツ栄養士(管理栄養士)の活動に興味・関心が高まり、評価されるなかで、「スポーツと栄養」という科目を設置し、スポーツクラブや健康増進施設などでの幅広い健康指導者をめざす学生への支援科目としています。
食の安全×栄養士
食品メーカーの「食品衛生管理者」や保健所などの行政機関に所属する「食品衛生監視員」になるためには、それぞれの任用資格が必要です。一般的に短期大学では取得することができないこれらの任用資格を本学では取得できます。
商品開発×栄養士
食品メーカーでは、新商品の開発研究に栄養士を起用する傾向があります。食品学や栄養学、調理学を学び、さらにゼミナールや施設見学会などの研修に参加することで、この分野で活躍できるスキルを身に付けます。
医療×栄養士
新入生のなかには、医療系大学などを卒業してから、ステップアップをめざして入学する方がいます。逆に、本学科を卒業してから4年制大学へ編入学し、より深い研究活動や「管理栄養士」の道をめざす学生もいます。もちろん、どちらもしっかりサポートしています。

Close Up ! こんな活動・体験が待っています!

学生が考案したパンが店頭に並びます!

学生考案のパン

「こんなパンがあったらいいな」をテーマに、毎年、株式会社東京ポンパドウルと商品開発を行っています。とくに2017年に考案した「ジェノベーゼのチーズロールパン」(写真奥)は人気で、取り扱い店舗も増えています。プロからいろいろなアドバイスをいただける貴重な体験です。
すべて手づくり、相模女子大学の梅酒

相模女子大学の梅酒「翠想」

相模原市内の久保田酒造株式会社のご協力を得て、毎年、大学内の梅の実を使って梅酒をつくっています。収穫、漬け込み、瓶詰、ラベル貼りまですべて手作業。純米吟醸酒に漬け込んだ芳醇な梅酒「翠想(すいそう)」は、地域のみなさまに好評を得ています。

取得免許・資格

栄養士
管理栄養士国家試験受験資格(卒業後実務経験3年以上経過後)
食品衛生監視員(任用資格)
食品衛生管理者(任用資格)
社会福祉主事(任用資格)

授業紹介

栄養指導論Ⅱ / 児玉 小百合 准教授

栄養指導論Ⅱ

ロールプレイングで栄養指導を実体験!

栄養士には栄養や食事の指導が求められます。また指導の際には、対象者の年齢・性別・集団・場の特性を理解して実施することが必要です。この授業では、妊娠期から高齢期までの栄養・健康面の特性や、病院や事業所など「給食を提供する場」の特性について学びます。そして、得た知識をロールプレイングで演習します。対象者との信頼関係をつくるカウンセリング手法に基づいた栄養指導法です。みなさん、優しい笑顔ときぜんとした口調で栄養士役を演じています。

2020年度カリキュラム (注意)一部の科目が変更になることがあります。

2020年度カリキュラム

科目ナンバリング

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

カリキュラムツリー

本学科では、カリキュラムツリーに示すとおり、栄養士としての業務に携わるために必要な知識と技術を系統的に効率よく修得できるように工夫をしている。明確なコース制はないが、食物基礎科目および栄養士資格必修科目等を段階的に学ぶことにより、フードマネジメント系(実践栄養士)、健康栄養系(栄養指導者)、フードサイエンス系(研究者、編入学)などの領域で活躍できるように工夫をしている。
また、就職に向けてスキルアップをはかる選択科目として「栄養士実践実習」、「食品機能論演習」、「スポーツと栄養」、「ゼミナールI・II」を開講し、さらに高度な知識と技能を身につけられるようにしている。また、編入学や(一社)全国栄養士養成施設協会主催栄養士実力認定試験対策として「編入学対策講座」、「認定試験直前対策講座」を開講している。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ゼミナール紹介

ゼミナールⅠ・Ⅱ 「発酵食品と微生物」 山口ゼミ / 山口 孝治 専任講師

ゼミナールⅠ・Ⅱ 「発酵食品と微生物」

発酵食品に使われる微生物について研究します

私たちが普段食べている食品の中には、納豆やチーズなど微生物の力を使ってつくられた発酵食品がたくさんあります。どのような微生物が発酵に使われているのか?
発酵によって食品にどのような変化が起きるのか?
ゼミナールでは微生物を用いて研究し、発酵についての理解を深めます。研究によって得られた知識が、みなさんの食生活をさらに豊かにするきっかけになれば嬉しいです。

教員メッセージ

即戦力を身に付けた栄養士が社会で幅広く活躍しています

井上 典代 准教授

井上 典代 准教授
本学科は、短期間で「食」に関する知識や技能を身に付けて、社会で活躍できる栄養士を育成します。卒業生は、保育園、給食受託会社(病院、高齢者福祉施設、社員食堂など)、食品会社、飲食系企業、スポ―ツ関連団体など、多彩な分野で栄養士として活躍しています。学生一人ひとりの夢をかなえるために、教員が全力でサポートしています。

在学生メッセージ

1年次から実習を通じて、さまざまな力を付けられます

岩田さん

食物栄養学科 2年 岩田さん
私は高校時代、生徒会や勉強などすべてに全力投球する一方で、食生活の乱れから体調を崩すことがありました。「栄養について学び、食事の管理ができるようになりたい」と思い、母の母校でもある相模女子大学に入学しました。食物栄養学科では1年次からいろいろな実習があります。給食管理実習の授業では、対象者の栄養目標量に合った献立を考えて試作し、発注などの事務作業を経て100食分の給食を調理しました。
限られた人手、設備費用、時間のもとで、安全でおいしい食事をつくることは大変でした。でも実習を通じて、臨機応変に対応する力や課題を見つけて改善する力が身に付きました。2年間という時間のなかでの学びはとても充実しています。つねに「いま何ができるか」を考えて行動できるようになります。いまはヘルスケア業界で栄養士として働くことが目標です。将来的には管理栄養士の資格にも挑戦したいと思っています。

「いま」しかできないことを大切に、積極的に行動!

林下さん

食物栄養学科2年(取材当時) 林下さん
長期休暇中にMOS資格を取得したり、海外でボランティアに参加するなど、2年間の大学生活を有効に活用しました。いましかできない数々のことに取り組んだ結果、自分で決めて積極的に行動するようになりました。そして「食」という世界共通の学びを海外で生かしたくなりました。卒業後は国際文化系の学科に編入して学びを深めます。

卒業生の活躍

卒業生からのメッセージ

横山さん

栄養士になって、「食」を通して人を支えます

横山さん:富士産業株式会社
食物栄養学科 2019年3月卒業


食事を通して健康な人を増やしたいと願う私がめざしたのは、医療機関や学校、福祉施設などに食事を提供する会社です。先輩方が残された「就職活動体験記」を読んだり、「SPI対策」や「マナー・メイク講座」を受講。富士産業株式会社は、学内で多くの企業からお話が聞ける「学内合同企業説明会」に参加していました。勤務している卒業生も一緒で、会社の雰囲気や仕事の内容をしっかりと伺うことができました。4月には栄養士として施設などに配属されます。目標は病院で働き、病気の悪化を予防することです。管理栄養士の資格取得もめざします。

大澤さん

寮を離れる野球選手に贈る、手づくりのレシピ冊子

大澤さん:株式会社横浜DeNAベイスターズチーム統括本部 ファーム・育成部 管理栄養士
食物栄養学科 2013年3月卒業


横浜DeNAベイスターズの寮で生活する、若手選手の栄養管理と調理を行っています。今年は選手のひとりが新人王を獲得できて嬉しかった一方で、契約が結ばれず退団した選手も出たので「栄養面からサポートできることはなかったか」と考えさせられました。大切にするのはコミュニケーションです。オフシーズンに寮を離れたり、ひとり暮らしをはじめる選手にはレシピを渡しています。その人の調理レベルと好みに合わせた手づくりの冊子で、「自炊で健康管理をしてほしい」という願いを込めています。

主な進路先(過去3年間・順不同)

  • 明治
  • 日清オイリオグループ
  • ユーハイム
  • 桂新堂
  • プライムデリカ
  • グローバルキッズ
  • こどもの森
  • なないろ
  • ポピンズ
  • 日本保育サービス
  • ツクイ
  • 喜寿福祉会
  • 草加福祉会 マナーハウス麻溝台
  • 東香会
  • エームサービス
  • ハーベスト
  • LEOC
  • NECライベックス
  • アスモフードサービス
  • 日清医療食品
  • 日本ゼネラルフード
  • 富士産業
  • ロック・フィールド
  • 三本珈琲
  • カワチ薬品
  • 富士薬品
  • リゾートトラスト
  • 日本郵政
  • 平塚信用金庫
  • 座間市役所 ほか

入試に関わるお問い合わせ

資料請求はこちら

電話:0120-816-332
携帯電話から:042-749-5533



ページの先頭へ戻る