グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  大学院 >  栄養科学研究科

栄養科学研究科


より深く学びたい人のために
長年にわたって栄養士や管理栄養士を社会に送り出してきた本学がそのノウハウを結集し、新しいタイプの大学院「栄養科学研究科 栄養科学専攻 博士前期課程および博士後期課程」を設置しました。栄養学と医学・生物科学・食品科学などの成果をシンクロさせたカリキュラムで、細胞分子レベルにまでおよぶ学習・研究体制を実現。生命科学の視点で、健康の保持・増進および疾病の予防や治療に貢献するスタッフとしての「栄養の専門家・研究者」を養成します。拠点となるマーガレット本館には、講義室や自習室を設置。5号館の共同実験室にはリアルタイムPCR機器や高速液体クロマトグラフィー、呼気代謝測定装置などを設置して、幅広い実験に対応しています。また、カリキュラム内容に合わせて図書、学術雑誌、視聴覚資料、電子ジャーナル、データベースなども配備。医学・薬学系、自然科学系、栄養学系、食品化学系、農学系など、生命科学関連の国際的な電子ジャーナルを閲覧できる環境も整備されています。

長期履修学生制度

職業を有しているなどの事情により、勉強時間の確保が困難な場合に限り、長期履修学生制度を利用することができます。これは、定められた修業年限にかかわらず、入学から修了までの期間を長期に設定して履修することができる制度です(授業料等も在籍年数に応じて分割されます)。

栄養科学研究科の学び

本研究科のカリキュラムは、生命体としてのヒトの生理機能や疾病の発症、病態にかかわる内容と、ヒトの生命維持の基本となる食にかかわる内容を2つの柱とし、ヒトを個体としてのマクロな生命体、および細胞レベルで見たミクロな生命体という双方向から総合的に捉え、それぞれに作用する栄養学という視点を基に授業科目を構成しています。

栄養科学研究科の学びのイメージ

カリキュラム

主な科目紹介

基礎科目
栄養科学総論 教員がオムニバス形式で教壇に立ち、本研究科の教育・研究体系を構成する栄養生理、病態栄養、保健栄養、食品栄養の各領域に加え、栄養科学研究科の取り組みについて概観します。
基本科目
マクロ栄養科学 ヒトを個体、すなわちマクロな生命体として捉え、その生命体に備わった機能や疾病の発症、病態、治療、予防などにまつわる臨床栄養・公衆栄養の知識、および環境と生命体の健康・栄養とのかかわりを把握します。
ミクロ栄養科学 細胞・分子というミクロレベルでのヒトの生命体の機能について、疾病、栄養、遺伝子の相互作用、免疫・血液学の最新知見、食欲を司る脳と食のかかわりなどを修得。さらに食品成分と疾病の予防・治療、バイオ食品など環境因子との関連についても教授します。
共通領域 マクロ栄養科学とミクロ栄養科学の学習・研究で身に付けた幅広い知識を基礎として、実験・実習・演習を行う選択必修科目。ここでは細胞生物学、脳・神経科学などの分析や研究のための実験・実習の手法を修得することにより、大学院修了後の生命科学研究に必要な手法を磨いていきます。
総合科目
総合栄養科学特論 メタボリック症候群の将来、スローフードと食文化の変遷、地域や社会における食育の現状と課題など、本研究科の研究に関連したテーマに取り組む研究者が、最新の研究成果を披露します。学外の研究者による講義・講演も織りまぜながらオムニバス形式で授業を進めます。
生命栄養科学特論 栄養学を人間の生命体に直接かかわる学問と位置付け、生命科学の知識を中心とした教育により、高度な人間性と職業倫理、専門知識を体得した研究者および教育者を養成します。病態栄養、保健栄養、栄養生理、食品栄養の4領域の教員がオムニバス形式で展開する博士後期課程の授業です。
特別研究 博士前期課程では修士論文または課題研究として、博士後期課程では博士論文として、研究の集大成となる授業です。実験・調査研究の立案、研究方法の確立、結果の解釈と考察、論文作成までの全行程について丁寧に指導します。

科目ナンバリング

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

カリキュラムツリー

本研究科では、「栄養学、医学・生物科学、食品科学などの成果を融合し、ヒトを個体としてのマクロな生命体、および細胞・分子レベルで見たミクロな生命体という双方向から捉え、探究する目を養う」ことを目的とし、栄養科学の基礎領域から専門領域へ発展的に移行できるように科目を配当している。具体的には、大学院入学直後の1セメスターに「栄養科学総論」を配当し、すべての専門分野の教員が参加するオムニバス科目として、大学院での研究のあり方や研究倫理についての基本的な講義を行い、研究生活の基本的な知識を修得させる。その後、栄養生理領域、病態栄養領域、保健栄養領域、食品栄養領域、および共通領域の科目を1~2セメスター中心に配当し、マクロ的・ミクロ的な視点から各分野の幅広い知見を学びつつ、各指導教員のもとで、専門領域の研究に従事する。2~4セメスターには「総合栄養科学特論」および「生命栄養科学特論」を配当し、学内外の講師による専門的な講義を行って議論を深め、発展的な知識を修得させる。並行して学位論文の作成を進め、最終的に論文審査および公聴会での発表を通して、学位取得と同時に「生命科学の視点から人々のQOLの向上を目指し、健康の保持・増進及び疾病の予防・治療に貢献する、栄養科学の専門家・研究者」として自立できるように構成している。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

教員メッセージ

栄養科学の明日を拓く人材を育成します

嶋田 昌子

栄養科学研究科長 嶋田 昌子
相模女子大学は、最も歴史ある管理栄養士・栄養士養成校のひとつであり、毎年約300名の卒業生を社会へ送り出しています。大学院栄養科学研究科は、管理栄養士・栄養士に求められる、より高度な専門知識と技術、秀でた研究能力を備えた人材を育成するために2007年度に修士課程が設置認可され、2010年度からは博士後期課程の募集を開始しました。

専攻する分野は、栄養生理、病態栄養、保健栄養、食品栄養の4領域になります。各領域では、それぞれの専門研究分野で活躍する教員が熱意をもって教育、研究指導にあたり、医療、保健・衛生、福祉、教育、研究・開発などの分野でリーダーとなり得る人材を育成することをめざしています。新卒者だけでなく社会人にも広く門戸を開き、学びやすい講義時間を設定するとともに、長期履修学生制度により就学と経済的な負担を軽減して仕事と両立しやすい環境に整備しました。

博士前期課程では、2年間の専門教育と特別研究の論文審査により修士(栄養科学)の学位を、また、教員免許は栄養教諭専修免許を取得できます。博士後期課程では、3年間の特別研究を経て、より高度な研究成果を求める論文審査により博士(栄養科学)の学位が与えられます。相模女子大学の栄養科学教育への長年の取り組みが、大学院栄養科学研究科の高等教育に結実しています。

在学院生メッセージ

エアロビック競技選手のためのコンディショニングについて研究しています

中野渡さん

栄養科学研究科 栄養科学専攻 博士前期課程2年 中野渡さん
スポーツインストラクターとして働きながらエアロビック競技に取り組んでいる私は、以前から、エアロビック選手のコンディションをサポートする方法が十分に確立されていないと感じていました。この課題の解決をめざし「エアロビック競技選手に向けた適切なコンディショニング方法の提案」をテーマに研究を行っています。これまで、質問紙調査により日本のトップ選手のコンディショニングの実態を明らかにしてきました。今後も更に詳細な調査を行ない、適切なコンディショニング方法を提案します。大学院では、調査、分析、研究成果の示し方までを身に付けます。将来的には、ここで得た力と栄養士資格を生かし、選手や指導者に対して、簡便で取り入れやすい、コンディショニング方法の普及と啓発を進めていきたいと考えています。

教職課程(栄養教諭専修)

教育目標

本学の大学院は、生命科学の研究領域を中心的な学問分野とした特色ある教育を行い、高度な生命科学の知識とともに、実践的な専門能力を身に付けた栄養教諭(専修)を養成することを目的としています。

本研究科で取得可能な免許状種類

栄養科学研究科 栄養科学専攻 博士前期課程 栄養教諭専修免許状(栄養教諭一種免許状を取得していることを条件とします)

修了生インタビュー

塩原さん

本学の大学院では、社会へつながる学びを専門的に深める力を得られます!

塩原さん:相模女子大学 管理栄養学科 助手
栄養科学研究科 栄養科学専攻 博士前期課程 2018年3月修了


私の大学院での研究テーマは「小学生の日常の食事における食事パタンと栄養素等摂取量との関連」でした。近年、望ましい食事パタンである「主食・主菜・副菜がそろった食事」を食べている小学生が減ってきています。代わりに丼もののみや、副菜がないといった食事などさまざまです。こうした食事の実態を食事調査から明らかにし、栄養素等摂取量との関連や課題を明らかにしました。今後、修士論文で見つけた課題を解決できるような食育を研究していきたいと思っています。また、栄養教諭専修免許も大学院で取得できました。本学の助手として、学生たちには、大学で学んだ専門知識から新たな知見を広げ、将来、管理栄養士として現場の課題に合わせて活動できる力を身に付けてもらえるようサポートしていきます。

入試に関わるお問い合わせ

資料請求はこちら

電話:0120-816-332
携帯電話から:042-749-5533



ページの先頭へ戻る