グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  学芸学部 >  メディア情報学科

メディア情報学科


メディアの変化に対応できる、メディアに関する知識と技術を身につけた女性を育む。

将来のメディアの状況を見据えながら、アニメ、ゲーム、動画などを文化や社会の面から研究する一方で、デジタルの技術を活用し、コンテンツの制作を基礎から学ぶ文化系の学科です。

メディア情報学科オリジナルサイト

メディア情報学科に関する詳しい情報は、こちらからもご覧いただけます。

メディア情報学科オリジナルサイト


学びのキーワード

マンガ
普段なにげなく読んでいるマンガについて、研究することができます。
ゲーム
ゲームの歴史やメディアとの関係、実際のコンテンツ制作などについて学べます。
アニメーション
動きのあるビジュアルのプログラミングを勉強することができます。
Webデザイン
プログラミングとデザインを学び、ホームページやアプリを制作します。
動画
動画サイト、テレビ番組のコンテンツ、CMの映像制作などについて学べます。
広告・イベント
実際にイベントを企画・運営して、企画力やプロデュース力を身に付けます。
アーカイブ・展示
ゲームやアニメなどのメディアアートに関してアーカイブや展示の手法を学びます。
資格・教員免許
情報処理や知的財産に関する資格や高等学校教諭一種免許状(情報)を取得できます。

メディア情報学科の学び


学びのポイント
大学でメディアを学ぶということ=メディアを総合的に学ぶ。
アニメ、ゲーム、動画などを制作する専門的な知識や、技術を学ぶだけなら、専門学校に入るという選択もあります。しかし、ネット社会になり、さらにデジタルテクノロジーが進化するなかで、メディアに関する基礎知識と基礎技術は、人間形成のうえでも重要な要素になっています。そのような時代、大学のメディア情報学科は、制作技術を身に付けるだけではなく、メディアが人にもたらす価値や、社会に及ぼす影響、あるいは、ビジネスとしての側面なども含め、メディアを総合的に学ぶ場です。そうすることで、はじめてアニメやゲームなどのメディアの本質に向き合うことができ、より広い視野からの作品制作にもつながると考えています。

新カリキュラムが始まります

新カリキュラムは、メディアの激しい変化に対応できる力を育む未来型のカリキュラムです。
■新カリキュラム3つの特長
未来に向け、エンターテインメント系メディア科目の充実

アニメやゲームなどのエンターテインメント系メディアを中心に、未来に向けて、メディアの変化に対応した科目を大幅に増やしました。

今後も期待されるメデイアアート分野の科目の増設。

今後、さらに注目されるメディアアート分野の学びの場を広げ、メディアコンテンツのアーカイブや、展示などに関連する新科目を増設し、ミュージアムプランナーなどをめざす学生をサポートします。

時代の変化に対応した学びの環境づくり=
研究系科目と、制作系科目の充実と体系化を進める。

メディアの研究を希望する学生、メディアの制作を希望する学生にとって、より学びやすい学習環境に整備するため、研究系科目、制作系科目に整理しました。さらに、無理なく段階的に学べるように体系化を進めました。研究志向の学生に適した履修プラン、制作志向の学生に適した履修プラン例も用意しました。

■メディアアートとは
デジタルの技術を使ってつくられるメディアコンテンツや、その分野のことをそう呼んでいます。メディア情報学科では、既に動画をはじめ、ゲーム、アニメ、電子絵本、ホームページなどのメディアアート分野を中心に研究、制作を学ぶ科目を幅広く用意し、新カリキュラムではさらに充実させました。
■ミュージアムプランナーとは
映像、アニメ、ゲームなどメディアアート分野の作品も次々に生まれ、それが数多く蓄積されています。いま、それにマンガなどが加わり、メディアコンテンツ専門の新しいミュージアムが各地に誕生しています。そこでは新しい分野のメディアの資産の保存を考える人材が必要となってきています。保存だけではありません。マンガやメディアアートのミュージアムの展示のテーマを考える人材も求められています。そのような人たちをメディア情報学科では、ミュージアムプランナーと呼んでいます。新カリキュラムでは将来、ミュージアムプランナーとして活躍できるための学芸員※の資格取得に必要な科目を用意しています。
※ 2019年度申請予定
*新カリキュラムで科目を研究系、制作系に分けますが、学生を研究系コース、制作系コースに分けるわけではありません。学生はどちらかの系統の科目を中心に学びながら、もう一方の系統の科目も履修することができます。これは、研究系志向の学生が制作系科目を学び、制作系志向の学生が研究系科目を学ぶなど、相互の学びを体験することで、それぞれの学びがより幅の広い、なおかつ、深みのある学びにつながると考えるからです。
めざす職業・業種など
SE、プログラマー、Webデザイナー・プロデューサー、雑誌などの編集者、DTPオペレーター、映像制作・編集、ゲーム企画・開発、広告代理店、企業・自治体のプレス・広報職、高校教諭(情報)、大学院進学

取得免許・資格

高等学校教諭一種免許状(情報)※1
学芸員※2
上級情報処理士
情報処理士
ビジネス実務士
ウェブデザイン実務士
社会福祉主事(任用資格)
※1 教職課程を履修するにあたり、教員免許取得にふさわしい一定の基礎学力が求められます
※2 2019年度申請予定

授業で取得をバックアップする資格(在学中に取得可能)

ITパスポート試験
インターネット検定
(.com Master:協力校)
CGクリエイター検定
CGエンジニア検定
DTP検定
マルチメディア検定(認定教育校)
ビジネス著作権検定®
知的財産管理技能検定
Webデザイナー検定
色彩検定®
個人情報保護実務検定
ビジネス実務マナー検定

授業紹介

マンガ論(2020年度 新カリキュラム展開科目)/ 岩下 朋世 准教授

マンガ論(2020年度 新カリキュラム展開科目)

生活を取り巻く文化としてマンガについて考えます

普段当たり前に触れているからといって、ちゃんと知っているとは限らないものはたくさんあります。マンガも、私たちがわかっているようで、わかっていない文化のひとつです。この授業では、最近の人気作品から古いものまでさまざまなマンガに触れながら、その歴史や表現のしくみについて学びます。こんなマンガもあったの? これもマンガなの? いろいろな事例に接することで、時代や社会、日常のなかで、マンガをはじめとするポピュラー文化の果たす役割が見えてくるはずです。

2020年度カリキュラム (注意)一部の科目が変更になることがあります。

カリキュラム

科目ナンバリング

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

カリキュラムツリー

メディアを学ぶためには、理系、文系、芸術系の総合的な理解が必要です。そのために、メディア情報学科では基礎科目から基幹科目、展開科目、完成科目という積み上げ型のカリキュラムとなっています。カリキュラムを支える三本の柱[企画][制作・表現][プロデュース・伝達・発信]を縦の軸とし、1年次から4年次までバランス良く学べるようになっています。
第1セメスターは[基礎科目]を通して三本の柱についてまんべんなく学びます。第2セメスター以降は、各自の興味や将来的な進路に応じて徐々に重点を絞り込み、完成科目である4年次の卒業研究では、3年次のゼミナールをふまえて専門性を重視した卒業論文や卒業制作に取り組みます。
また、[総合]では、複数の学生でプロジェクトチームを組み、学外の機関等と連携して問題解決や制作に当たるアクティブラーニング方式の授業を行っています。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ゼミナール紹介

卒業研究Ⅱ「ソーシャルメディア」加藤ゼミ / 加藤 由樹 教授

卒業研究Ⅱ「ソーシャルメディア」加藤ゼミ

ソーシャルメディアにおける行動と心理が研究テーマです

スマートフォンを使ったコミュニケーションなど、ソーシャルメディアの利用における心理面・行動面に関する研究を行うゼミナールです。各自が興味のあるテーマに基づいて、文献を調べたりアンケートを考えたりします。毎回、ゼミ生は研究を発表する側と聞く側とに分かれますが、両者の発言量はほぼ同じです。誰もが気軽に意見や質問を交わせる環境も、このゼミナールの特長です。

教員メッセージ

自分の可能性を見極め、幅広い分野・職種へ就職

今井 さやか 准教授

今井 さやか 准教授
メディアにかかわるさまざまな分野を基礎から応用まで学ぶことができる本学科では、各分野の専門教員が丁寧にわかりやすく授業を行っています。希望する進路が定まっていなくても、身に付けた知識やスキルをもとに可能性を見つめ、自分に合った分野・職種を見つけることができます。全教員がみなさんの将来を考え、サポートしていきます。

在学生メッセージ

与えられたチャンスを100%生かし、可能性を広げています

梅木さん

メディア情報学科 4年 梅木さん
中学生のときにHTMLやCSSに触れて、Webサイトを組み立てる楽しみを知りました。いま、Webサイトの仕組みや考え方、言語、法律、トレンドなどについて幅広く学んでいます。ゼミナールではロボットのPepperのプログラミング・プロジェクトに参加。世界大会のWorld Robot Summitに出場する併設の中学部チームのメンターも務めていて、目標に向かって努力をすれば先生方は応援し、チャンスを与えてくださることを実感しています。このプロジェクトの指揮を執るのは併設小学部の副校長です。学園を通した縦のつながりも相模女子大学ならでは。私はWebサイトをつくるために勉強していますが、メディア情報学科では幅広い分野を学べます。将来やりたいことが決まっていなくても、デザイン、広告制作、写真・動画の撮影、映画制作、小説、ドラマなどを学ぶなかで、自分に合ったもの、やりたいことが必ず見つかります。

楽しい仲間と切磋琢磨し、積極性を身に付けました

古谷さん

メディア情報学科 4年(取材当時) 古谷さん
パソコンを学ぶに当たり、工学系男子と一緒に「がっつり」ではなく、「女性ならでは」の良さを生かしたくてこの学科を選びました。全国から集まった仲間は刺激的で新鮮。大切な友だちができました。みんなの作品を見ると「もっと頑張らないと!」と前向きになり、「やってみようかな」と感じたものすべてを実行する積極性も身に付きました。

卒業生の活躍

卒業生インタビュー

桑さん

夢だったテレビ番組の制作に携わります

桑さん:株式会社ライズプランニング 勤務
メディア情報学科 2019年3月卒業


母子家庭で育った私は、テレビ番組のおかげで、ひとりでの留守番も楽しい思い出として残っています。「自分も番組を制作したい」という思いで就職活動を進めるなか、業界に対する疑問や不安がありました。テレビ局などに制作スタッフを派遣する株式会社ライズプランニングは、Webサイトで仕事を丁寧に解説していて、安心感を与えようという姿勢に魅かれました。就職支援課に毎日通い、キャリアカウンセラーの方からいただいたアドバイスは数え切れません。4月からテレビ制作の現場です。メディア情報学科での動画やラジオ番組の制作経験も生かして頑張ります。

松原さん

アニメやゲームの世界を
トレーディングカードゲームで表現します


松原さん:株式会社 ブシロード 勤務
メディア情報学科 2018年3月卒業


おもにトレーディングカードゲームの制作に携わっています。もともと、アニメやゲームが好きだったこと、TRPGなどのアナログなゲームに魅力を感じていたことがいまの仕事につながっています。とはいえ、自分の趣味とは違う傾向のコンテンツや作品に触れる機会が多く、そのコンテンツの何がどんな層に受け入れられているのかなど、いまは学ぶことの方が多いです。いつか、より多くの人に楽しんでもらえるコンテンツづくりに携われたらいいなと思っています。

山崎さん

魅力が伝わるウェブサイトで、自社のシステムをアピールします

山崎さん:株式会社 東計電算 金融システム営業部 勤務
メディア情報学科 2017年3月卒業


東計電算は、システムの設計・開発・運用をして いる会社です。私は、金融システムを紹介するためのウエブサイトを制作していて、企業や展示会ごとにゼロから設計しています。「システムを導入すれば、これだけ便利になるんだ」と思っていただけるように、わかりやすくて美しいデザインを心がけます。大学で学んだHTMLやCSS、JavaScriptはもちろんのこと、色彩をはじめとするデザインの基礎も役立っています。大学では、興味を掘り下げて視野を広げてください。

主な進路先(過去3年間・順不同)

  • 旭情報サービス
  • システムサポート
  • 東計電算
  • 日本ビジネスエンジニアリング
  • 関越ソフトウェア
  • 富士通東邦ネットワークテクノロジー
  • オムニバス・ジャパン
  • ハイマックス
  • 富士電機ITソリューション
  • エース電研
  • ゴディバジャパン
  • 石川紙器製作所
  • 桂新堂
  • 日本生命保険相互会社
  • 朝日建設
  • 神田通信機
  • 大成設備
  • 東京ガスライフバル澤井
  • 住友不動産販売
  • くまざわ書店グループ
  • メガネスーパー
  • ビックカメラ
  • 島忠
  • 日産プリンス神奈川販売
  • 東横イン
  • 全日警
ほか

入試に関わるお問い合わせ

資料請求はこちら

電話:0120-816-332
携帯電話から:042-749-5533



ページの先頭へ戻る