グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  学芸学部 >  メディア情報学科

メディア情報学科


好きを、学びに。

マンガ、アニメやゲームなどを「創る」「研究する」ことを通して、情報化する社会のなかで、どのような立場にあっても、
多様なメディアと主体的にかかわり、自己と他者に対して誠実に生きていける女性を育みます。

メディア情報学科オリジナルサイト

メディア情報学科に関する詳しい情報は、こちらからもご覧いただけます。

メディア情報学科オリジナルサイト


学びのキーワード

Webデザイン

Webデザイン

プログラミングとデザインを学び、利用者に情報が伝わりやすいWebサイトを制作します。
授業の例

Webデザイン基礎
Webページの基本設計を学び、演習を通してHTMLとCSSを用いたWebサイト制作の基礎を身に付けます。
Webデザイン応用
JavaScriptの基礎を学び、動的なWebページの制作を通して応用的なWebデザインの手法を身に付けます。
Webデザイン実践
Webデザインの集大成として、オリジナルWebサイトを企画・制作し、実践的なワークフローを身に付けます。
アーカイブ・展示

アーカイブ・展示

ゲームやアニメなどのメディアアートに関してアーカイブ(保存)や展示の手法を学びます。
授業の例

空間プレゼンテーション論 *学芸員資格課程
情報伝達メディアとしての「展示」の役割は? 博物館、美術館での企画立案および展示の理論と効果的な空間演出技法を学びます。
アーカイブ論 *学芸員資格課程
博物館の資料の種類や特徴、調査、研究、活用を知り、アーカイブの重要性を考えます。とくにアニメ、マンガなどの目録や活動の記録を対象に探ります。
動画

動画

動画サイト、テレビ番組のコンテンツ、CMの映像制作などについて学べます。
授業の例

動画編集基礎
パソコンを用いた動画編集の基本概念を理解し、さまざまなコンテンツ制作に応用できる編集技術を修得します。
ビジュアルエフェクト演習
コンテンツ制作における、映像を加工し特殊効果を加えるビジュアルエフェクト作業の基本を学びます。
広告制作演習
広告表現として、コンピュータによる画像処理の基本や、撮影・編集など表現方法にかかわるスキルを修得します。
ゲーム

ゲーム

ゲームの歴史やメディアとの関係、実際のコンテンツ制作などについて学べます。
授業の例

ゲームメディア論
コンピュータやインターネットの発達といった、メディア環境の変化とゲームの歴史との関係を考えます。
ゲームメディア演習
グループワークで実際にゲームの企画を考えることで、ゲームの魅力や構造について分析します。
ゲーム制作演習
ゲーム開発用のソフトウェアで実際にゲームを制作。ソフトの使い方やゲームが動くしくみを学びます。
アニメーション

アニメーション

アニメ制作の基礎と、アニメの歴史や研究方法を学ぶことができます。
授業の例

アニメーション史
「アニメ」と呼ばれ区別される日本のアニメーションの特徴とは?歴史をたどりながら考えていきます。
アニメーション論
実際にさまざまなアニメーション作品に触れながら、その「おもしろさ」がどこにあるのか分析する方法を学びます。
アニメーション技法
セルアニメやCGアニメ以外のさまざまなアニメーションの制作手法を学び、実際に制作してみます。
マンガ

マンガ

普段何気なく読んでいるマンガについて、研究することができます。
授業の例

マンガ史
「マンガについてわからなくなってみる」をテーマに、さまざまな資料に触れながらマンガの歴史を学びます。
マンガ論
実際にいろいろなマンガ作品と批評文を読みながら、マンガ表現のしくみを理解し、分析する方法を学びます。
マンガ制作Ⅱ
プロのマンガ家を講師に招いて、マンガ制作ソフトを用いたデジタル環境でのマンガ制作を学びます。
メディアとコミュニケーション

メディアとコミュニケーション

テレビからSNSまで、身の回りのメディアや情報、コミュニケーションを研究します。
授業の例

サブカルチャーとメディア
サブカルチャー/ポピュラーカルチャーにかかわるテクストや現象を、メディアという視点から分析します。
コミュニケーション論
メディア・コミュニケーションについて、理論、歴史、現在という3つの視点から解きほぐし考察します。
情報環境論
情報コミュニケーションと私たちの日常生活との関係について、身近な事例を用いて考察を深めます。
資格・教員免許状

資格・教員免許状

情報処理や知的財産に関する資格、学芸員、司書、高等学校教諭一種免許状(情報)を取得できます。
授業の例

情報科教育法Ⅰ *教職課程
情報という教科の成り立ちや役割について理解を深め、情報の教員に必要な知識や技能を身に付けます。
情報科教育法Ⅱ *教職課程
高等学校の情報の授業を計画したり教材や教具を開発したりしながら、実際に授業をする技術を学びます。
図書館情報技術論Ⅰ・Ⅱ *司書課程
図書館の基礎的な情報技術を身に付け、最新の情報技術や図書館のアクセシビリティについて理解を深めます。

メディア情報学科の学び

メディア情報学科はコース制ではなく、制作する知識とスキルを身に付ける制作系科目と、知識を深め分析していく研究系科目の両方を学ぶことができます。それは、相互の学びを体験することにより、幅広く、深みのあるものになるからです。学芸員課程、教職課程、司書課程に関しても、制作・研究の学習と並行して資格取得が行えるようになっています。これらの過程を経て、ゼミナールおよび卒業研究で自身の専門分野について深く学び、考えていきます。

2023年度 カリキュラム (注意)一部の科目が変更になることがあります。

〇…研究系科目 ◉…制作系科目

2023年度カリキュラム

科目ナンバリング

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

カリキュラムツリー

*下記は、2020年度入学生より適用のカリキュラムツリーに関する説明です。
メディア情報学科では、メディアの研究を志向する学生にも、制作を志向する学生にも、より充実した教育を行うために、科目群を基本的に人文・社会・情報の三分野に編成し、さらにそれを総合して実践的に課題解決の演習を行う総合科目を設け、基礎・基幹・展開・総合・完成の五段階を立てて、科目の体系化を図っています。
合わせて、研究・制作の別を科目ごとに明示し、双方の領域を横断的に履修することを促しています。研究系科目と制作系科目を連携させることにより、どちらを志向する学生にとっても、視野を深めることができるという相乗効果を持ちます。
学生は、3年次でゼミナールを選択し、卒業制作もしくは卒業研究で4年間の学修の集大成を行います。また、メディア情報学科では、高等学校教諭一種免許状(情報)の取得に対応する科目群、学芸員資格の取得に対応する科目群を置いています。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

在学生メッセージ

将来はパンフレットやWebサイトのデザインを手がけることが目標です。

直井さん

メディア情報学科 3年 直井さん
この学科では、メディアに関する幅広い分野を基本から実践まで学ぶことができます。私も、紙媒体制作のスキルを修得する「エディトリアルデザイン実践」、学芸員の資格取得に必要な「アーカイブ管理論」、情報をネットワーク上で適切に扱うための「ネットワークセキュリティ論」などを履修。将来はパンフレットやWebサイトのデザインを手がけることが目標です。
My成長ストーリー
履修者全員で附属図書館の広報誌を制作するなど、グループワークを通じて多様な意見に触れることは発見の連続です。知識も視野も広がり、「わかりやすく情報を伝えるためのデザイン」について考えるようになりました。

毎日デザインやパソコンについて学んでいて、「これが大学なんだ!」と大満足です。

岩政さん

メディア情報学科 3年 岩政さん
大好きな美術や情報の授業は、高校では副教科でした。でも、いまは毎日デザインやパソコンについて学んでいて、「これが大学なんだ!」と大満足です。周りは同じ興味や目標をもった仲間ですから、自然と趣味の話で盛り上がります。委員会やサークルの活動に加えて、アルバイトも学内でしているので、一日中大学で楽しく過ごしています!
My成長ストーリー
実践的な授業を通じて多様なスキルと広い視野が身に付きました。学芸員をめざして入学しましたが、広告の仕事に興味が湧くなど、夢は広がっています。
*オンライン授業は、自宅はもちろん大学の指定された教室のほか、ラウンジなどでも受けることができます

先生がとても丁寧に教えてくださり、どんどん理解を深めていきました。

私をステップアップさせた学び 3DCG基礎
※友廣さんが学んだ当時の科目名は「コンピュータグラフィックスⅠ」
正課の授業

友廣さん

メディア情報学科 4年 友廣さん
パソコンがほとんど使えなかった私は、「社会に出るためにはITスキルが必要!」と思いメディア情報学科を選びました。2年次春学期に履修したこの授業でも、Shade 3Dという編集ソフトがまったくわからず不安と焦りばかり。でも先生がとても丁寧に教えてくださり、どんどん理解を深めていきました。最後はアニメーションを動かせるようになり、秋学期には続きの科目を履修。いまはゼミナールで研究までしています!
My成長ストーリー
高校では情報の授業が苦手でしたが、学科の先生方のサポートでとてもおもしろく感じるようになりました。苦手な分野を克服したことは大きな自信になり、情報の教諭をめざして教職課程も履修しています。

夢だったファッション・プレスの仕事。編集スキルを身に付けて叶えました。

柏木さん

メディア情報学科 4年(取材当時)柏木さん
「悔いのない大学生活を送る!」と心に決めて頑張った4年間でした。テレビ業界、イベント制作、舞台、美術など多方面に興味がありましたが、大学で自分の「好き」を突き詰めたことで、目標は「ファッション情報の発信」に定まりました。雑誌や動画の編集スキルを修得し、アパレルメーカーにプレス(広報担当)として採用されました!
私の4年間
高校時代
部活動をはじめ、目の前のことに精一杯取り組む毎日。一方で自信がもてず、自分の長所・短所もよくわかっていませんでした。
1年次
興味のある授業を履修。イベントのアルバイトを経験して、自分には向いていないと判断。ファッションに興味が湧き始めました。
2年次
ファッション雑誌をつくりたくて、デザインの概論やAdobe Illustratorの使い方など、デザインや編集に関する科目を多く取りました。
3年次
出版社でライターのインターンを開始。この頃、「出版業界かファッション業界への就職をめざそう!」と決心しました。
4年次
内定をいただいた第一志望の会社でアルバイトをしながら、商品の魅力や表現の仕方を研究。大好きな韓国語の勉強も続けました。
卒業後
アパレルメーカーのプレスという夢を実現することができました。いつまでも輝きながら、成長を続ける人をめざします!

卒業生からのメッセージ

学生時代に経験した達成感 いまも毎日、仕事で味わっています。

梅木さん

梅木さん:株式会社アイネット SS本部
メディア情報学科 2020年3月卒業


大学でプログラミングを学び、そのおもしろさに夢中になりました。考えたプログラムでロボットやWebサイトが動き、大きな達成感を味わったからです。この楽しさを仕事にしようとSEになり、現在、企業に出向して社内業務のデジタル化に従事しています。RPAというソフトをはじめて使用しましたが、プログラミングの基本的な考え方を修得していたので不安はありませんでした。嬉しいのは、社員の方から「便利になったよ」「安定して稼働しているよ」と声をかけていただいたとき。得ているのは学生時代と同じ喜びです。

取得可能な免許・資格など

高等学校教諭一種免許状(情報)※1
学芸員※2
上級情報処理士
情報処理士
ビジネス実務士
ウェブデザイン実務士
社会福祉主事(任用資格)
※1 教職課程を履修するにあたり、教員免許状取得にふさわしい一定の基礎学力が求められます
※2 学芸員は、博物館・美術館などの施設において、資料の収集・保管・展示・調査研究などに従事する専門的職員で、「博物館法」に定められた国家資格です。動物園や水族館にも学芸員が勤務しています

授業で取得をバックアップする資格(在学中に取得可能)

ITパスポート試験
インターネット検定
(.com Master:協力校)
CGクリエイター検定
CGエンジニア検定
DTP検定
マルチメディア検定(認定教育校)
ビジネス著作権検定®
知的財産管理技能検定
Webデザイナー検定
色彩検定®
個人情報保護実務検定
ビジネス実務マナー検定
セキュリティマネジメント試験

就職情報

就職決定率(2022年4月1日現在)

就職決定率 100%

めざす職業・業種など

ITコーディネーター、Webデザイナー・プロデューサー、雑誌などの編集者・DTPデザイナー、映像制作・編集、ゲーム企画・開発、広告代理店・グラフィックデザイナー、企業・自治体のプレス・広報職、SE・プログラマー、モバイル通信エンジニア、学芸員、高校教諭(情報)、司書、大学院進学

近年の主な就職先

  • アイネット
  • 旭情報サービス
  • 東計電算
  • 関越ソフトウェア
  • 富士通東邦ネットワークテクノロジー
  • 富士電機ITソリューション
  • TISシステムサービス
  • SOMPOシステムズ
  • 日立システムズパワーサービス
  • USEN‐NEXT HOLDINGS
  • 厨子王
  • 博報堂プロダクツ
  • くまざわ書店グループ
  • ホンダカーズ横浜
  • 神奈川ダイハツ販売
  • 大成設備
  • IMSグループ
  • 静岡中央銀行
  • トンボ
  • コーナン商事 ほか
(順不同)

入試に関わるお問い合わせ

資料請求はこちら

フリーダイヤル:0120-816-332
携帯電話から:042-749-5533



ページの先頭へ戻る