グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  学芸学部 >  英語文化コミュニケーション学科

英語文化コミュニケーション学科


ヤル気のある方が跳躍するためのスタート地点です。

「英語力」+「コミュニケーション能力」+「発想力」を併せもつ。これが本学科がめざす人材像です。
将来の進路に合わせた3つの領域で英語力を高め、グローバル社会で人と人をつなぐことができる女性を育成します。

英語文化コミュニケーション学科ブログ

英語文化コミュニケーション学科ブログ

英語文化コミュニケーション学科に関する詳しい情報は、こちらからもご覧いただけます。

英語文化コミュニケーション学科ブログ


学びのキーワード

観光ビジネス
社会、文化、経済、英語など、さまざまな面から観光ビジネスを学びます。
エアライン
ビジネスと英語を実践的に学び、航空業界での就職をめざします。
ホスピタリティ
顧客サービスについて学び、プレゼンテーションスキルも磨きます。
異文化
英語圏の文化や異文化におけるコミュニケーション方法などについて学びます。
海外留学
単位が認定される長期留学や短期の英語研修が可能です。
インターンシップ
短期、長期、海外など、さまざまなインターンシップが用意されています。
英語教師
英語の中学校教諭一種免許状および高等学校教諭一種免許状の取得が可能です。
英米の文学
イギリスとアメリカの文学について深く学ぶことができます。

英語文化コミュニケーション学科の学び


学びのポイント
  1. 全員の留学(語学研修)をめざします
  2. 4年間すべての学年でゼミナール(講座)に所属。親身できめの細かい少人数教育
  3. ネイティブスピーカーによる授業を開設。身に付く英語学習が1年次で324.5時間※
  4. 充実したインターンシップやキャリア・プログラムによる、就職を見据えた実践教育
  5. エアライン、ブライダル、銀行、教師、企業(総合職)などの幅広い就職先
 ※高校3年間の平均的英語授業時間の約75%に相当

異文化間の橋渡しを担うことのできる「グローバル人材」を育成します。自分とは異なる文化・行動様式を理解して受け入れようとする好奇心と柔軟性、グローバル化が進む社会において的確な判断と行動の基盤となる教養、そして豊かなコミュニケーション能力を育みます。
英語教育を基盤とし、幅広い教養と社会で通用する専門性を身に付ける「国際教養」「観光ビジネス」「グローバル実践」の3領域を設け、学生個々の興味や関心に合わせて履修ができる体制を整えています。また、社会に出るための準備としてインターンシップ、キャリア教育にも力を入れています。

英語文化コミュニケーション学科の学びイメージ

めざす職業・業種など
企業(総合職)、広告、コンテンツ、メディア、サービス、旅行、エアライン、ホテル、ブライダル、鉄道、飲食、美容・化粧品、アパレル、出版、翻訳、司書、英語教師、通訳、外資系企業、商社、金融、テーマパーク、公務員・団体職員、企業(事務職)、建設・建築、物流 など

コース紹介

国際教養領域

企業の総合職、広告、出版など幅広い視野と教養を生かした仕事に興味がある人に。また英語を教えることに興味がある人に。
「文化コミュニケーション」「英語文学」「言語教育」の3つの専門分野を設け、文化、芸術、教育を横断的に学び、かつ専門的な知識を身に付けます。

観光ビジネス領域

航空、旅行、ホテルなど観光の仕事に興味がある、旅行が大好きという人に。また企業でのビジネスに興味がある人に。
「観光学基礎」と「観光学専門」の専門分野を設け、「観光学」「ホスピタリティ」「観光事業」の3つの柱から歴史、理論、実践を体系的に学び、かつ実践的な知識を身に付けます。

グローバル実践領域

英語教育、外資系企業、商社、金融、通訳、テーマパークなどでの仕事をめざす人に。
国際教養、観光ビジネスの学びとともに、国内外を問わない学外での学びの機会やキャリア形成科目があります。講義と学外での語学研修、異文化体験、留学を通して実践的な英語運用能力を身に付けます。

取得免許・資格

中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)※1
情報処理士
社会福祉主事(任用資格)
※1 教職課程を履修するにあたり、教員免許取得にふさわしい一定の基礎学力が求められます
※2 教職課程の履修が必要です

授業で取得をバックアップする資格(在学中に取得可能)

TOEFL®
TOEIC®
全国通訳案内士試験
JTA公認翻訳専門職資格試験
実用英語技能検定
観光英語検定
サービス接遇検定試験
旅行地理検定試験
世界遺産検定
ビジネス実務マナー検定

授業紹介

Comprehensive English Ⅰ・Ⅱ / 中村 ジェニス 准教授

「英語」を通して「世界」を知り、「日本」を発信します

雑誌『 NATIONAL GEOGRAPHIC』 を教材に、外国の文化をはじめ歴史や環境問題などを英語で学習します。また、メディア情報学科とコラボレーションして、英語による観光紹介のホームページも作成しています。このプロジェクトでは、神奈川県の観光名所で自らフィールドワークを行い、集めた情報を英語でまとめていきます。完成した英語の観光レポートは、メディア情報学科が作成するWebサイトから発信されます。多くの人の役に立ちながら学習成果を生かせるのも、この授業の魅力です!

2020年度カリキュラム (注意)一部の科目が変更になることがあります。

カリキュラム

科目ナンバリング

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

カリキュラムツリー

本学科では、1年次に英語コミュニケーションに関わる基礎必修科目を履修し、2年次以降の「観光キャリア」、「英語教育」、「欧米文化・文学」、「翻訳」、「実践英語・留学」という5つの専門コースに備えます。そして、2年次からはそれぞれのコースが指定・推奨するコースコアの科目、そしてコースを横断して選択できるインターコースの科目群に分かれます。
本学科の特色は、2年次で選択したコースを軸に、卒業後の自分を見据えて履修モデルを独自にデザインできることです。そのため、コースコア科目、インターコース科目ともにほとんどの科目を2年次から履修できるようにしています。
このような柔軟性に長けた科目配置によって、専門分野の学修に加え、関連分野についても広く教養を身に着けることができるカリキュラムとなっています。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ゼミナール紹介

専門ゼミナールⅠ・Ⅱ「非言語(映像)コミュニケーション」 堤ゼミ/ 堤 龍一郎 准教授

堤ゼミ

卒業生も参加! 人も未来もつながっていきます

多様化する現代社会では、求められるコミュニケーション能力も多様化しています。私のゼミナールでは、さまざまなコミュニケーションツールを使い分け、非言語の専門知識を深めながら、変容する世の中でも成長し続けられる自律した人材を育てています。ゼミナールは「出版・広告系のベンチャー企業」として運営されていて、卒業生たちも参加しています。実践的に学びながら人も未来もつながっていきます。

教員メッセージ

英語と観光ビジネスの学習で、国際的に活躍できる人材へ

依田 真美 准教授

依田 真美 准教授
英語に加え、豊かなコミュニケーション力、ビジネスに必要な発想力を学ぶ本学科生は、多くのコンテストで優秀な成績を収めています。4年間で自分のストーリーをつくり上げ、学科独自の就活シミュレーションなどで就職準備を進めます。希望者の就職率は2年連続100%で、卒業生は、航空、ホテル、金融、サービス業、教育など多方面で活躍しています。

在学生メッセージ

海外留学、ボランティア、資格取得を経験。自ら行動する人へ

中出口さん

英語文化コミュニケーション学科 3年 中出口さん
この学科では、文化や文学、ビジネス、観光など、英語に関するあらゆることが学べ、英語が誕生した理由についても知ることができます。私は英語音声学の授業が好きです。ネイティブスピーカーの先生から発音記号について学び、英米の発音の違いを理解することで、自分自身の発音にじっくりと向き合えます。この授業によって、よりネイティブに近い状態で話せるようになりました。また、夏に参加した韓国の英語村では、1週間、韓国人と一緒に生活したことで、文化の違いを知ることができました。私は入学当時、ひとりでは行動ができなかったのですが、TOEIC®や英検を受験したり、ボランティアに参加するうちに、自ら行動するようになっていきました。ボランティアを通じて知り合った人たちとの輪はいまも広がっていて、次々と新しいことにチャレンジしています。経験や知識をもっと増やして人間性を高め、将来への可能性を広げていきます。

国内外を旅行したことで、地域の魅力を伝える仕事が目標に

岡積さん

英語文化コミュニケーション学科 4年(取材当時) 岡積さん
入学後に観光に興味をもち、4年間で海外6か国、国内30道府県を旅行しました。ゼミナールでははじめて富山県に行き、数々の魅力を発見。これらの経験から知らない土地を訪れる素晴らしさを多くの人に伝えようと、旅行業界への就職が目標になりました。この学科で自分の意思で行動する喜びや、人と異なることに挑戦する楽しさを学びました。

卒業生の活躍

卒業生からのメッセージ

旅行を通じて、地域の魅力を多くの人に伝えます

中山さん:株式会社 近畿日本ツーリスト関東
英語文化コミュニケーション学科 2019年3月卒業


旅が大好きで、京都、沖縄、中国、米国などを訪れ、2年次からはホテルなどでインターンシップを重ねました。そして「旅行業界に就職して、旅を通して幸せを提供しよう」と決心。就職活動で一番の強みとなったのはゼミナールでの取り組みでした。富山県に計21日間滞在して地域活性化について考えた経験を面接などで伝えました。第一志望だった株式会社近畿日本ツーリスト関東から内定をいただいたときは本当に嬉しかったです。実はそれまでは不安で、就職支援課で悩みを聞いてもらっていました。いつか、教育旅行を通じて地域創生に携わることが目標です。

きっかけは大学でのボランティア
貿易業務のプロをめざしています


佐藤さん:株式会社 三井住友銀行 東京グローバルサービス部
英語文化コミュニケーション学科 2017年3月卒業


私は大学で4年間、海外の子どもたちに車椅子を贈るボランティア活動に参加しました。輸出のための書類を英語で作成したことで貿易の仕事に興味をもち、三井住友銀行に就職しました。いま、外国為替業務の部署で海外送金を担当しています。日々の仕事を通じて、語学力だけでなく、チームで働くためのコミュニケーション力や、率先して物事に取り組む行動力も大学で身に付いたことを実感しています。これからも輸出入に関する知識を増やし、貿易業務のプロをめざします。

「この人と一緒で良かった」 そう思っていただけることが目標です

神谷さん:全日本空輸 株式会社/客室センター 客室乗務員
英語文化コミュニケーション学科 2017年3月卒業


国際線に異動して1年が経ち、ビジネスクラスも担当するようになりました。先日、大学時代に留学していたカナダの小さな町に帰られるお客様がご搭乗され、お話が盛り上がり「ANAを選んで良かった」と言われました。客室乗務員の所作ひとつで、お客様は喜びも失望もされます。つねに安全で快適な空の旅をご提供できるように、普段から立ち居振る舞いには気を付けています。おもてなしの思いとお客様のご要望がぴったり合ったとき、とても大きなやりがいを感じています。

主な進路先(過去3年間・順不同)

  • 日本航空
  • 全日本空輸
  • はとバス
  • 小田急リゾーツ
  • 森ビルホスピタリティコーポレーション
  • 加賀屋
  • リゾートトラスト
  • ジェイアール東海ツアーズ
  • 近畿日本ツーリスト関東
  • 日本郵便
  • ALSOK神奈川
  • ANAスカイビルサービス
  • スタジオアリス
  • 三井住友銀行
  • みずほフィナンシャルグループ
  • クレディセゾン
  • 野村證券
  • 湘南信用金庫
  • 明治安田生命保険相互会社
  • 両口屋是清
  • 住友金属鉱山
  • 大和ハウス工業
  • ミサワホーム
  • 日本エネルギー総合システム
  • カナミヤ食品 ほか

入試に関わるお問い合わせ

資料請求はこちら

電話:0120-816-332
携帯電話から:042-749-5533



ページの先頭へ戻る