グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  本学の特徴

本学の特徴


相模女子大学は、明治33(1900)年に創設された日本女学校を母体とし、120年の歴史を誇ります。四季の変化を感じられる広大なキャンパスで、のびのびと学習できるよう、様々な施設・設備を備えています。また、少人数教育を実践し、教員と学生の距離が近く、勉強はもちろん、生活面でもサポートしていきます。

少人数教育

ゼミナール

相模女子大学・相模女子大学短期大学部では、少人数教育を実践しています。在学生からも「相模は先生と学生の距離が近い」という声がよく聞かれます。これは、女子大学である本学ならではの大きな特徴だと考えています。クラス担任制の導入やゼミナール、卒業研究といった科目に象徴される、少人数が基本の授業が多くあります。研究室・実習室などは、学生が自由に出入りでき、授業時間以外でもさまざまな場面で教員との接点があります。大学・短期大学は、学生が主体的に学ぶところ。この環境を生かして、自分の力を高めることができます。

キャンパス

緑あふれるキャンパス

「新宿駅」から35分、「相模大野駅」より徒歩10分でアクセスできる好立地ながら、春は桜、初夏のまぶしい新緑、秋には金色に染まる銀杏並木…。173,000平方メートルの広大な敷地面積を誇るキャンパスは、今もさがみ野の自然を残し、四季折々の風景を私たちに見せてくれます。緑あふれるキャンパスには、附属図書館をはじめとする最新の設備・施設が点在。一歩正門をくぐれば、豊かな自然環境が学習をこころ愉しいものとするだけでなく、忘れられない学生生活を約束してくれるものとなるでしょう。

パソコンの使い方をしっかりマスター

情報処理機器のガイダンス

これからの高度情報化社会では、パソコンを操作する技術は必要不可欠です。このような社会で活躍する人材を育成するため、本学では情報処理教育に力を入れています。学内にあるコンピュータ1,260台*(学生用850台、教員用410台)はすべてネットワークで結ばれています。コンピュータ技術の修得のため、学科専攻を問わず、入学時に情報処理機器のガイダンスをおこないます。また、入学と同時に全学生にメールアドレスを配付。情報処理機器を学生が常に利用できるようにし、Eメールの送受信やインターネットによる情報収集など、授業以外でも大いに活用されています。

*平成30(2018)年度4月現在

学科専攻を問わず、語学力アップ

マニトバ州立大学

21世紀の日本の社会は、情報化と同時に国際化が重要なキーワードとなっています。そこで求められるのが、こうした社会に対応できる豊かな語学力。そのため、本学ではカナダ・マニトバ州立大学と姉妹校提携を結び、語学力の向上と異文化理解を目的に、語学研修セミナーなどのプログラムを実施しています。学科専攻を問わず、これからの国際化社会に対応できる語学力の修得をめざし、多くの学生が参加しています。
関連リンク

創立1900年。女子教育に120年を超える歴史

日本女学校校舎

相模女子大学は、明治33(1900)年に創設された日本女学校を母体としています。日本における女子の高等教育が始まったのがこの年。いわば、相模女子大学の歴史は、日本の女子高等教育の歴史といっても過言ではありません。時代が変わっても、「清楚でやさしい女性らしさ、知性に裏づけられた勇気と強さを併せ持つ自立した女性の育成」を目標としています。

相模女子大学の特色ある取り組み

features_01.jpg

女性ならではの着眼点と繊細な感性、柔軟な発想で、社会と地域の明日に貢献する人を育むことこそ、本学が果たすべき社会的な使命だと考えます。


features_2.jpg

社会貢献活動・国際教育をサポートする連携教育推進課。資格取得の支援や卒業後の学修をサポートする生涯学習支援課。そして夢を見つける学生を支える就職支援課。これら3つの課からなる「夢をかなえるセンター」が誕生しました。


university006.jpg

学部学科の枠組みを越えた新しい教育システムとして、2016年度より「学科横断プログラム」をスタートしました。


university007.jpg

キャンパス内に幼稚部から大学院までそろう相模女子大学の特色を活かし、各部の枠組みを飛び越えた有機的な学園内連携を深めています。


features_03.jpg

食を通した豊かで楽しく輝かしい未来作りをめざして、「人と食をつなぐ未来プロジェクト」を立ち上げました。


features_04.jpg

子育て支援センターでは、発達が気になるお子さんとその保護者の方への子育て支援、子育ての悩みをお持ちの方への援助、そして地域の子育て相互支援活動を行っています。



ページの先頭へ戻る