グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  学芸学部 >  日本語日本文学科

日本語日本文学科


ゆっくり学ぶ、しっかり生きる

「ゆっくり学ぶ、しっかり生きる」をモットーに、日本語で表現されたさまざまなものについて考えます。長い歴史が育んできた日本の文字文化・言語文化についてじっくり学ぶ学科です。


学びのキーワード

日本語

日本語

方言、敬語、若者言葉、日本語の教え方など、広く日本語について学びます。
中高教員

中高教員

国語科教諭(中学校・高等学校)と書道科教諭(高等学校)の免許状取得が可能です。
司書

司書

分類法や図書館サービスなどを学んで、司書、司書教諭、学校司書をめざします。
古典文学

古典文学

古事記や源氏物語といった日本古典文学に加えて中国古典文学も学べます。
近現代文学

近現代文学

夏目漱石や村上春樹などの近現代の文学について学び、研究します。
サブカルチャー

サブカルチャー

マンガやアニメを取り巻くサブカルチャーについて理解が深められます。
書道

書道

歴史や理論を学び、実習で書いていきます。
書道科教諭免許状の資格課程もあります。
伝統文化

伝統文化

伝統文化に関する授業では、能や競技かるたの実技に取り組むことができます。

日本語日本文学科の学び


学びのポイント
  1. 言語・文学・文化を古代から現代まで幅広くカバー
  2. 興味や関心に応じて学ぶことができる、ゆるやかな5つのモデルコース
  3. いつでも気軽に相談できる少人数クラス制

日本語日本文学科は、日本の言語や文学・文化に関する幅広い知識と深い教養を備えた人材を育成します。それは、広い視野をもち、論理的で柔軟な思考が展開できる人。また日本語の優れた運用能力・技能を身に付け、コミュニケーション力・表現力などを発揮し、社会のさまざまな分野で活躍することができる人。そして、日本の文化についての深い理解と教養を身に体し、社会に向けて発信できるとともに、次の世代にも伝えることができる人です。本学科では4年間を通して、興味あるテーマや学んだことを掘り下げる(読む・調べる・考える)力と、表現する(書く・描く・話す・うたう・創る)技能を高めます。そして、学びの集大成として卒業研究・卒業制作に取り組みます。

日本語日本文学科の学びイメージ

モデルコース(中軸科目群)
日本語日本文学科のカリキュラムはゆるやかなコースから構成されています。自分の興味や関心、目標に基づいてひとつのコースの科目群を軸として履修することも、広く複数のコースにわたって履修することもできます。

1)現代文化・文学コース

小説が好き、マンガやアニメが好き、映画や演劇に興味がある人に。
「現代文化論 1・2・3」「映像と文学」「サブカルチャー論」など、明治以降の文化や文学について学びます。

2)伝統文化・文学コース

古典が好き、歴史が好き、伝説や古い物語に興味がある、あるいは書道をやりたい人に。
「古典芸能」「伝統文化論」「伝統文化実習 I・II」「書道史 I・II」など、日本の古典文化・文学を掘り下げます。

3)出版編集・図書館コース

本が好きで、図書館の司書や出版関係に興味がある人に。
「出版文化論」「メディア文化論」「編集実務」など、実際の仕事に触れるとともに、仕事に役立つ専門知識などを学びます。

4)国語・書道教育コース

国語や書道が好きで、中学・高校の先生になりたい人に。
「日本文学史 I・II」「古文教材特講」「小説教材特講」「書道史 I・II」「書道実習 I~XII」など、教師となるための知識や技術を修得します。

5)日本語教育コース

日本語に興味があり、日本語教育に携わりたい人に。
「日本語教授法 I・II・III・IV」「日本語授業研究」「日本語コミュニケーション論」など、日本語を教えるための知識や方法を学びます。

2022年度カリキュラム (注意)一部の科目が変更になることがあります。

2022年度カリキュラム

科目ナンバリング

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

カリキュラムツリー

*下記は、2014年度入学生より適用のカリキュラムツリーに関する説明です。
1年次には、大学での学びの基礎を固めるために、基礎教育講座・文章表現を置いている。また日本語学、古典文学、近現代文学の入門として、日本語学概論、講読科目を置き、文学系の基礎知識を身に付けるための文学史(古典系と近現代系)や中国古典講読を選択科目として配置している。2年生から4年生での卒業研究・卒業制作へ向かっていくための土台作りを行う。
2年次には、発展的な科目を用意し、文学や語学だけではなく、古典芸能や伝統文化、出版文化、現代文化、サブカルチャー、文化と文学の理論、あるいは教員を目指す学生用の教材特講や、創作実習、伝統文化実習などがある。教員希望者や出版系に興味を持つ学生などの多様なニーズに応えながら、自ら考えるための知識や情報を手に入れることができるようにしている。
3年次では、より専門的な研究科目(古典、近現代文学、日本語、伝統文化、メディア、現代文化などにかんする)があり、1、2年次で学んだことをもとに、より深く学ぶことができる。これら科目では専門演習と連携し、自分で分析するための方法を身に付ける。ここで学ぶ専門的な知識が、4年次での卒業研究・卒業制作を支えることになる。
4年次では、大学の4年間の学びの集大成となる卒業研究・卒業制作を行う。書道や日本語教育関係科目は、1年次から4年次に向かって、段階的に発展するように科目が設定されている。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

授業紹介

書道実習 Ⅹ(漢字かな交じり2)/ 下田 章平 准教授

書道実習Ⅹ (漢字かな交じり2)

漢字かな交じりの書について、その制作方法を身に付ける

この授業では個性的な漢字かな交じりの書の表現を学びます。羊毛長鋒2本を用いて全身を使って制作します。手本もなく一からつくり上げることには困難が伴いますが、思いを表現できたときには達成感を味わうことができるでしょう。成果は学内の展覧会で発表します。

国語科教育法(中・高)II / 高木 信 教授

国語科教育法(中・高)II

模擬授業を通じて、教員になるスキルを高めます

学生が教師となり、評論・小説を扱う模擬授業を行います。授業内容について学生同士でディスカッションを重ねることで、中学・高校で授業を行える力を身に付けていきます。さらに教育実習に向けて、学習指導要領に即した授業を行える力を養います。

在学生メッセージ

さまざまな知識が身に付いていくことを実感しながら、日々楽しく学んでいます

藤井さん

日本語日本文学科 2年 藤井さん
書道科の教員免許状取得をめざしていて、書道に関する知識や技術を学ぶことはもちろん、古典や文学史など、広く日本文学について教養を深めています。言葉の解釈の違いを知る「日本語学概論 I」は、日本語の奥深さや多様性が感じられるとてもおもしろい授業です。さまざまな知識が身に付いていくことを実感しながら、日々楽しく学んでいます。
ここが伸びました!
先生方はとても心優しく、細かく添削や指導をしてくださいます。熱心なアドバイスやご指導を受けるたびに新しい自分を発見できるので、「もっと多くのことを知りたい、学びたい」という気持ちが強くなりました。

多くの社会人とかかわり、就職にもつながりました

学生団体 さがまち学生Club 正課外活動

北之園さん

日本語日本文学科 4年(取材当時) 北之園さん
さがまち学生Clubは、相模原市と町田市に在住・在学する学生が集まり、まちを盛り上げる団体です。学内でメンバーの募集を知り4年間参加しました。すべてが学生主体で、毎週会議を開いて企画を立て、年1回発行の情報誌や虐待防止リーフレットの制作、SDGsに関するワークショップなどを経験しました。多くの社会人とかかわり、就職にもつながりました。
この活動で伸びました!
取材やイベントを通じて、本当にたくさんの人とつながれたことで、会話をする力が上がりました。何でも積極的にチャレンジするようになり、「周囲を助けられる人になりたい」という思いが生まれました。

教職課程を2教科履修。とても充実した日々でした

鎌田さん

日本語日本文学科 4年(取材当時) 鎌田さん
書道の先生になりたかった私は、4年間で書道科と国語科の教員免許状を取得しました。2教科の教職課程を履修するのはとても大変で、「大学生になったら遊ぶ! バイトもする!」と思っていたので、あまりの忙しさにビックリ。でも課題をこなすうちに、「どんなに辛くて苦手なことも乗り越えられる」という自信が付きました。学業とアルバイトも両立することができ、充実した学生生活でした。
私の4年間
高校時代
高等学校の書道科教員が夢でした。教育実習に来た日本語日本文学科の先輩と出会ったことで、相模女子大学に進学しようと思いました。
1年次
学科の雰囲気や1年間の流れをつかみました。2年次から始まる教職課程に必要な「教育学」という授業も取りました。
2年次
実技を伴う専門的な書道の授業が始まり、毎日課題に取り組みました。苦手な国語関係の科目は友だちに助けられました。
3年次
和歌80首をかなで書くという書道作品を1年間かけて制作。教育実習を通じて児童や教員と触れ合うこともできました。
4年次
卒業論文に明け暮れる毎日でした。テーマは平安時代の『とりかえばや物語』。ビジネスマナーの授業を取るなど就職にも備えました。
卒業後
教員免許状は2つとも取得しましたが、広く世の中を知るために一般企業に就職します。これから社会人として、さまざまな経験を積んでいきたいと思います。

卒業生からのメッセージ

全国有数の蔵書数を誇る図書館で、利用者に読書の喜びを伝えています

田中さん

田中さん:横浜市職員 司書 横浜市中央図書館 勤務
日本語日本文学科 2014年3月卒業


司書として社会科学部門の運営に加えて、本に貼付するバーコードの手配などを行う装備も担当しています。横浜市中央図書館の蔵書数は170万冊以上。すべてのバーコードが正しく読み取れてスムーズな貸し出しができるように、検品には細心の注意を払っています。自粛が続いた2020年、私は読書によって気持ちを切り替えることができました。改めて物語の力を実感するとともに、「より多くの人に本を届けたい」という思いを強めました。感染対策をとった新しい形ですが、図書館が再開できて本当に嬉しかったです。

取得可能な免許・資格など

中学校教諭一種免許状(国語)※1
高等学校教諭一種免許状(国語・書道)※1
情報処理士
社会福祉主事(任用資格)
※1 教職課程を履修するにあたり、教職免許状取得にふさわしい一定の基礎学力が求められます
※2 教職課程の履修が必要です

授業で取得をバックアップする資格(在学中に取得可能)

日本語教育能力検定試験
ビジネス実務マナー検定

就職情報

就職決定率(2021年3月31日現在)


めざす職業・業種など

文学的教養や日本語力を生かした出版編集関係、書店・出版流通関係をはじめとする多様な業種・職種。また、中高教諭(国語・書道)・司書教諭などの学校・教育関係職、司書などの図書館関係職、日本語教師などの日本語教育関係職

主な就職先

  • 神奈川県教育委員会(教員)
  • 東京都教育委員会(教員)
  • 大和市教育委員会(司書)
  • 図書館流通センター(司書)
  • ユザワヤ商事
  • TISソリューションリンク
  • 伊豆急行
  • 湘南農業協同組合(JA湘南)
  • 秦野市農業協同組合(JA秦野)
  • 神奈川県警察本部
  • コーセー
  • 日立システムズエンジニアリングサービス
  • 鶴岡八幡宮
  • しんきん情報システムセンター
  • ニチレイ・ロジスティクス関東
  • パナソニックリビング株式会社首都圏・関東社
  • ルピシア
  • ドトールコーヒー
  • 日本調剤
  • アイングループ ほか
(過去3年間・順不同)

入試に関わるお問い合わせ

資料請求はこちら

フリーダイヤル:0120-816-332
携帯電話から:042-749-5533



ページの先頭へ戻る