グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  学芸学部 >  日本語日本文学科

日本語日本文学科


ゆっくり学ぶ、しっかり生きる

「ゆっくり学ぶ、しっかり生きる」をモットーに、日本語で表現されたさまざまなものについて考えます。
長い歴史が育む日本の文字文化・言語文化についてじっくり学ぶ学科です。


学びのキーワード

日本語
方言、敬語、若者言葉、日本語の教え方など、広く日本語について学びます。
中高教員
国語科教諭(中学校・高等学校)と書道科教諭(高等学校)の免許取得が可能です。
司書
分類法や図書館サービスなどを学んで、司書、司書教諭、学校司書をめざします。
古典文学
古事記や源氏物語といった日本古典文学に加えて中国古典文学も学べます。
近現代文学
夏目漱石や村上春樹などの近現代の文学について学び、研究します。
サブカルチャー
マンガやアニメを取り巻くサブカルチャーについて理解を深められます。
書道
歴史や理論を学び、実習で書いていきます。書道科教諭免許の資格課程もあります。
伝統文化
伝統文化に関する授業では、能や競技かるたの実技に取り組むことができます。

日本語日本文学科の学び


学びのポイント
  1. 言語・文学・文化を古代から現代まで幅広くカバー
  2. 興味や関心に応じて学ぶことができるゆるやかな5つのモデルコース
  3. いつでも気軽に相談できる少人数クラス制

日本語日本文学科は、日本の言語や文学・文化に関する幅広い知識と深い教養を備えた人材を育成します。それは、広い視野をもち、論理的で柔軟な思考が展開できる人。また日本語の優れた運用能力・技能を身に付け、コミュニケーション力・表現力などを発揮し、社会のさまざまな分野で活躍することができる人。そして、日本の文化についての深い理解と教養を身に体し、社会に向けて発信できるとともに、次の世代にも伝えることができる人です。本学科では4年間を通して、興味あるテーマや学んだことを掘り下げる(読む・調べる・考える)力と、表現する(書く・描く・話す・うたう・創る)技能を高めます。そして、学びの集大成として卒業研究・卒業制作に取り組みます。

日本語日本文学科の学びイメージ

めざす職業・業種など
文学的教養や日本語力を生かした出版編集関係、書店・出版流通関係をはじめとする多様な業種・職種。また、中高教諭(国語・書道)・司書教諭などの学校・教育関係職、司書などの図書館関係職、日本語教師などの日本語教育関係職。

コース紹介

日本語日本文学科のカリキュラムはゆるやかなコースから構成されています。自分の興味や関心、目標に基づいてひとつのコースの科目群を軸として履修することも、広く複数のコースにわたって履修することもできます。

1)現代文化・文学コース

小説が好き、マンガやアニメが好き、映画や演劇に興味がある人に。
「現代文化論1・2・3」「映像と文学」「サブカルチャー論」など、明治以降の文化や文学について学びます。

2)伝統文化・文学コース

古典が好き、歴史が好き、伝説や古い物語に興味がある、あるいは書道をやりたい人に。
「古典芸能」「伝統文化論」「伝統文化実習I・II」「書道史I・II」など、日本の古典文化・文学を掘り下げます。

3)出版編集・図書館コース

本が好きで、図書館の司書や出版関係に興味がある人に。
「出版文化論」「メディア文化論」「編集実務」など、実際の仕事に触れるとともに、仕事に役立つ専門知識などを学びます。

4)国語・書道教育コース

国語や書道が好きで、中学・高校の先生になりたい人に。
「日本文学史Ⅰ・Ⅱ」「古文教材特講」「小説教材特講」「書道史Ⅰ・Ⅱ」「書道実習Ⅰ~Ⅻ」など、教師となるための知識や技術を修得します。

5)日本語教育コース

日本語に興味があり、日本語教育に携わりたい人に。
「日本語教授法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」「日本語授業研究」「日本語コミュニケーション論」など、日本語を教えるための知識や方法を学びます。

取得免許・資格

中学校教諭一種免許状(国語)※1
高等学校教諭一種免許状(国語・書道)※1
情報処理士
社会福祉主事(任用資格)
※1 教職課程を履修するにあたり、教員免許取得にふさわしい一定の基礎学力が求められます
※2 教職課程の履修が必要です

授業で取得をバックアップする資格(在学中に取得可能)

日本語教育能力検定試験
ビジネス実務マナー検定

授業紹介

書道実習Ⅹ(漢字かな交じり2)/ 下田 章平 専任講師

書道実習Ⅹ

漢字かな交じりの書の制作方法を身に付けます

この授業の最終目標は、個性の表れた漢字かな交じりの作品を制作することです。具体的には、書道実習Ⅸ(漢字かな交じり1)での基礎を踏まえたうえで、古典の漢字作品である、褚遂良(ちょすいりょう)の「枯樹賦(こじゅのふ)」と顔真卿(がんしんけい)の「争坐位文稿(そうざいぶんこう)」の様式や書式をもとに、流麗・重厚という対照的な二つの作品を制作します。手本もなく一からつくり上げることには困難を伴いますが、自分の思いを表現できたときには達成感が味わえます。

2020年度カリキュラム (注意)一部の科目が変更になることがあります。

2020年度カリキュラム

科目ナンバリング

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

カリキュラムツリー

1年次には、大学での学びの基礎を固めるために、基礎教育講座・文章表現を置いている。また日本語学、古典文学、近現代文学の入門として、日本語学概論、講読科目を置き、文学系の基礎知識を身に付けるための文学史(古典系と近現代系)や中国古典講読を選択科目として配置している。2年生から4年生での卒業研究・卒業制作へ向かっていくための土台作りを行う。
2年次には、発展的な科目を用意し、文学や語学だけではなく、古典芸能や伝統文化、出版文化、現代文化、サブカルチャー、文化と文学の理論、あるいは教員を目指す学生用の教材特講や、創作実習、伝統文化実習などがある。教員希望者や出版系に興味を持つ学生などの多様なニーズに応えながら、自ら考えるための知識や情報を手に入れることができるようにしている。
3年次では、より専門的な研究科目(古典、近現代文学、日本語、伝統文化、メディア、現代文化などにかんする)があり、1、2年次で学んだことをもとに、より深く学ぶことができる。これら科目では専門演習と連携し、自分で分析するための方法を身に付ける。ここで学ぶ専門的な知識が、4年次での卒業研究・卒業制作を支えることになる。
4年次では、大学の四年間の学びの集大成となる卒業研究・卒業制作を行う。書道や日本語教育関係科目は、1年次から4年次に向かって、段階的に発展するように科目が設定されている。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ゼミナール紹介

「日本語学・日本語教育学」 永谷ゼミ 専門演習Ⅰ・Ⅱ/ 永谷 直子 准教授

「日本語学・日本語教育学」 永谷ゼミ 専門演習Ⅰ・Ⅱ

ことばを通して、自分を、社会を見つめていきます

日本語学の研究は、「気になることば・言い回し・話し方」を見つけることからスタートします。小説、マンガ、シナリオの表現から、広告のキャッチコピー、LINEでの会話、さらに、外国人が話す日本語まで、日常生活にあふれていることばに目を向けます。「なぜこのような言い方をするのだろう」といった疑問を出発点とし、調査方法や分析方法を学びながら、ことばを、そして、それを発する自分自身を見つめる目を養っていきます。

教員メッセージ

豊かな力を身に付けて多様な職種で活躍する社会人に

山﨑 鎮親 教授

山﨑 鎮親 教授
読解力やリテラシーは、職業生活を根本で支えるものです。本学科では、読解力、表現力、リテラシー、多様な教養を身に付け、「読むこと」「書くこと」のスキルを伸ばしていきます。製造、流通、小売、サービスなどの一般企業から、各種公務員、学校教員をはじめとする教育職、司書資格を生かす職業まで、多様な業種・職種で活躍できる人材を育成します。

在学生メッセージ

幅広く日本語を学び、歴史や文化も伝える日本語教師をめざします

星野 さん

日本語日本文学科4年 星野 さん
外国人の友だちが多い私は、「日本にやってくる人たちをもてなしたい」という思いから日本語教師をめざすようになりました。相模女子大学を選んだのは、外国籍の子どもたちの学習支援ボランティア「CEMLA」があり、日本の文字や文化も学びながら実践的な活動ができるからです。この学科では、文学や書道からサブカルチャーまで幅広く日本語について学べる興味深い授業がたくさんあります。対照言語学の授業では、大好きな洋画作品をテーマに、英語と日本語の文法や表現の違いを考察しました。外国語と比べることで、普段気にしていなかった日本語のおもしろさを発見できました。先生方は熱意をもって教えてくださるので、興味がある分野についてとことん学べます。でも、自分から動かなければ何も変わらないので、興味をもって学ぶ姿勢が大切です。言葉だけでなく、日本の文化や歴史も伝えていけるような日本語教師をめざしています。

夢だった教員免許状を取得。日本語のおもしろさも発見しました

佐藤 さん

日本語日本文学科4年(取材当時) 佐藤 さん
4年間の成果は、夢だった中学校教諭一種免許状を取得したことです。授業では、映像やアニメーションで文学作品の深みを味わうなど、日本語や日本文学の新たなおもしろさに気づくことができました。忙しかったですが、ボランティアや部活動にも精力的に参加して多くの仲間と出会えました。たくさんの宝物ができた充実の4年間でした!

卒業生の活躍

卒業生からのメッセージ

司書や教員の資格を生かしながら子どもが本に触れる機会を創案

春原さん:上田市教育委員会 上田市立上田図書館 勤務
日本語日本文学科 2016年3月卒業


児童書担当として、子どもたちが本や図書館に親しめるように取り組んでいます。公民館と共同開催する講座では、絵本に登場するお料理をつくったり、普段は入れない書庫を探検したりするなど、体験を通して子どもたちは本と触れ合っています。講座に関連する本を紹介するとみんなが借りてくれるのでやりがいを感じます。子どもとの触れ合いや日々の図書館業務には、大学での教員免許状や司書資格を取得するための学びが大変役立っています。少しでも興味があれば、ぜひ免許状や資格の取得に挑戦してください。

主な進路先(過去3年間・順不同)

  • 秦野市農業協同組合
  • 明治安田生命保険相互会社
  • 図書館流通センター
  • パナソニックリビング
  • ダイドー
  • ジンズ
  • ジェー・アイ・ピー
  • 五條製紙
  • コロワイドMD
  • テスコム
  • 信英商事
  • バンセイ
  • ニチレイ・ロジスティクス関東
  • アデランス
  • コーセー
  • ジェイアール東日本商業開発
  • セノン
  • 日本郵便
  • 小田原福祉会
  • ニチイ学館
  • サン・ライフ
  • 鶴岡八幡宮
  • 相模中央学園
  • 神奈川県教育委員会
  • 東京都教育委員会
  • 東伊豆町役場 ほか

入試に関わるお問い合わせ

資料請求はこちら

電話:0120-816-332
携帯電話から:042-749-5533



ページの先頭へ戻る