グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  栄養科学部 >  健康栄養学科

健康栄養学科


栄養士をはじめとした充実の資格取得で健康と食のスペシャリストを育成

「人の健康に食分野から幅広くアプローチ」をテーマに、食育・調理関連科目を幅広く開講。
栄養士資格に加え教職免許状など複数の資格を有し、さまざまな分野で活躍できる人材を育成します。


学びのキーワード

教職免許状

教職免許状

中学・高校の家庭科の授業を通して生徒が健康になれるようにサポートします。
栄養士

栄養士

子どもから高齢者まで、対象者に合わせた食生活をサポートします。
フードスペシャリスト

フードスペシャリスト

消費者と企業の間で食にかかわる情報提供をします。
食育

食育

正課外活動として小学生や幼稚園児への食育実践ができます。
スポーツ栄養

スポーツ栄養

アスリートのベストコンディションを支えるための栄養学が学べます。
健康

健康

健康とは? という基本から、食生活と健康のつながり、健康増進のための法律まで幅広く学びます。
食品開発

食品開発

食物の生産から加工・流通・提供までを学ぶことで、食品開発の仕事をめざします。
調理

調理

献立作成から調理まで幅広く学びます。製菓やフードコーディネートの授業もあります。

健康栄養学科の学び


学びのポイント
  1. 健康と食をキーワードに、幅広く学ぶカリキュラム
  2. 家庭科教職免許状など栄養士+αの資格取得が可能
  3. 多彩に活躍できる食のスペシャリストをめざす

健康栄養学科では、幅広い視点から食にアプローチし、栄養士としての優れた知識と技術を備えた複数の資格を有する人材を育成します。食・栄養・健康における論理的な思考や、栄養士に必要なコミュニケーション能力を修得するほか、生活の質の向上に向けて積極的に社会貢献する力、新しい知識や技術の修得に努める力も育てます。
4年間を通じて、必修科目として栄養士資格の取得に必要な科目を重点的に学習します。食に深く関連する領域も併せて学んでいきます。栄養士資格はもちろん、教職免許状やフードスペシャリストなど、複数の免許・資格の取得が可能なため、「特定分野における強み」を備えた栄養士としての活躍が期待できます。

食物栄養学科の学びのイメージ

※栄養士以外の資格も取得したい方は、科目を登録する前に、教員や学修・生活支援課に相談してください。
資格によっては1年次から選択しなければならない場合もあります。

食品と身体の関係を知り、食品の機能を理解したい

栄養学・生化学・解剖学・生理学を理解することにより、食品の成分が体の中でどう変化するのか、その機能性は何かを学びます。

家庭科の先生になりたい

栄養学や調理学の豊富な知識をベースに、食に強いのはもちろんのこと、衣食住や家庭経営、保育など、家政学全般にも強い家庭科の先生をめざします。

食材について知り、上手な調理法を身に付けたい

食品学で食材の特徴を知り、調理学・調理学実習で技術を修得し、どのように食材を扱い、調理するのかを学びます。

調理を科学的に理解したい

調理による食材の変化について科学的な視点で分析し、技術を学ぶための理解を深めます。さらに「鮮度が良い」「おいしい」などの評価法を学びます。

盛り付けやセッティングの美しさにこだわりたい

料理の美しさやテーブルセッティングの技術とセンスを磨き、フードスペシャリストの資格取得をめざします。

食べる人に合わせた食事を提供したい

喫食者の年齢や生活状況の違いに応じた栄養量を算出し、嗜好にも配慮した食事を提供することで、毎日の豊かな食生活をめざします。

栄養だけでなく、運動からも健康にアプローチしたい

スポーツ栄養関連科目を履修し、運動やスポーツによる体の変化を理解して栄養指導のできる栄養士をめざして学習します。

Close Up ! こんな活動・体験が待っています!

女子サッカー選手へのメニュー提供

メニュー提案の様子

スポーツ栄養学関連科目では「ノジマステラ神奈川相模原」の夕食メニューを提案しています。実際にトップチームの選手やジュニア選手が、練習の目的と選手の体格に合わせた食事を喫食しています。これからも選手のコンディショニングに役立つメニューを提案していきます。
15年間続く食育のボランティア

キッズクッキング

「キッズクッキング」は小学生や幼稚園児に料理を通して食育指導をする活動で、8クラス年4回、合計32回開催しています。食材選びから盛り付け方まで試作を繰り返し、見てわかりやすいレシピやその日のポイントとなる食教育の媒体づくりなど、検討を重ねながら進めています。

2021年度カリキュラム (注意)一部の科目が変更になることがあります。

カリキュラム

科目ナンバリング

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

カリキュラムツリー

*下記は、2015年度入学生より適用のカリキュラムツリーに関する説明です。
本学科では、1~2年次に「基礎導入科目」や「基礎科目」を配置し、基礎の充実をはかっています。2~3年次には、専門分野への学修が円滑につなげられるように「基礎と実践を繋ぐ科目」、2~4年次にはインターンシップを含むキャリア形成プラクティスや食育プラクティスなどの実践的な科目や卒業研究を配置し、食と健康について幅広い知識と技術の修得を目指しています。さらに、栄養士資格科目に加え、家庭科教諭、フードスペシャリスト、食品衛生監視員等の資格取得が可能な科目を開講し、将来、食のスペシャリストとして多彩に活躍できる人材の育成を目指したカリキュラム構成としています。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

授業紹介

スポーツ栄養学実習 / 柳沢 香絵 教授

スポーツ栄養学実習

スポーツ現場の栄養サポートを想定した実習

スポーツ現場の栄養サポートで多く見られる事例を取りあげて、基本的な考え方や必要なスキルを学びます。スポーツ選手一人ひとりに合わせた水分補給の決め方や、チームの食事を任された場合の情報収集から献立作成までの流れなどをケースとして扱います。栄養サポートの方法はひとつではありません。競技力向上を目的に、選手の置かれた状況に合わせたベストな方法を柔軟に考えられる栄養士になることをめざします。

ゼミナール紹介

ゼミナールI・II「食品科学」坂野ゼミ / 坂野 麻里子 准教授

ゼミナールI・II「食品科学」坂野ゼミ

食生活を充実させるためにも、
加工食品のトピックスを探りましょう


加工食品の必要性は急速に増大していて、加工食品がないと現代の食生活は成り立たないといっても過言ではありません。加工食品をいかにうまく利用していくかが、食生活を充実させ、健康を保持していくための鍵になります。本ゼミナールでは、加工食品についての正しい知識を修得し、国内外の新しい情報を収集します。食品素材の特性や加工方法の原理などを科学的な目で捉えてみましょう!

在学生メッセージ

栄養士養成課程で学んでいる幅広い知識や技術を、選手村での業務に役立てたい

大本さん

健康栄養学科 3年 大本さん
私はスポーツ栄養学への興味からこの学科を選びました。教職課程(中・高の家庭)科目も履修していて、とても充実した毎日です。東京2020オリンピックでは、選手村食堂の食事提供スタッフに参加する予定です。栄養士養成課程で学んでいる幅広い知識や技術を、選手村での業務に役立てたいです。

プロジェクトに参加して宇宙食を開発。チームでつくり上げる楽しさを実感

中川さん

健康栄養学科 4年(取材当時)中川さん
私は2年次で食品開発に興味をもつと、積極的に行動するようになりました。正課外活動で宇宙食開発のプロジェクトに参加して、宇宙で味わえる「おでん」を開発。現在、商品はJAXAの審査を受けています。ほかにも、学科横断プログラムで実践的に学び、ゼミナールでがん細胞を使った研究も行いました。何事にも意欲的に取り組んだ4年間でした。

私の4年間

1年次
栄養に関する知識はゼロでしたので覚えることばかり。とくに解剖生理学や生化学は必死に勉強しました。
2年次
食品開発に興味をもち、「学科横断プログラム」を選択。マーケティングや流通など、栄養学以外の知識も深まりました。
3年次
宇宙食の開発、ゼミナール、病院での校外実習、就職活動など忙しい毎日。栄養士になる自覚が強まりました。
4年次
研究室で研究に専念。良い結果が出ないときがあった分、考える力が身に付きました。大きなやりがいを感じました。
卒業後
委託給食会社に就職して、病院や福祉施設で栄養士として働きます。管理栄養士と調理師の資格取得に向けた勉強も続けます。

卒業生からのメッセージ

教職課程の学びを生かして、
楽しく分かりやすく、園児に食育

鈴木さん

鈴木さん:社会福祉法人あおぞら あおぞら保育園 管理栄養士
健康栄養学科 2014年3月卒業


家庭科教職免許状、栄養教諭免許状、栄養士、フードスペシャリストなど、大学で複数の免許・資格を取得しました。働くフィールドを保育園に決めたのは、ボランティア活動で小学生が給食を「これ何となく嫌い」と言うのを聞き、「幼いうちに食育が必要」と感じたからです。就職1年後には管理栄養士資格も取得。0~5歳児の献立を考え、調理や食育を行う毎日です。皮むきや和物(あえもの)づくりなどを通して食材に触れることで、子どもたちは食べることへの興味を高めています。保育者のひとりとして、食を通じて園児を育てています。

教員メッセージ

食関連分野を幅広く学ぶことで、進路の選択肢が広がります

本間 祐子 専任講師

本間 祐子 専任講師
栄養士免許をはじめ、複数の免許・資格の取得が可能な本学科では、食関連分野を幅広く学ぶことができます。さらに、他学部・他学科と連携する「学科横断プログラム」に参加することで、注目度の高い商品開発にかかわる知識を得ることもできます。食関連分野の多様な知識を得ることで進路の選択肢は増え、希望職種への就職につながっていきます。

取得可能な免許・資格など

栄養士
管理栄養士国家試験受験資格(卒業後実務経験1年以上経過後)
中学校・高等学校教諭一種免許状(家庭)※
フードスペシャリスト受験資格
専門フードスペシャリスト受験資格
食品衛生監視員(任用資格)
食品衛生管理者(任用資格)
情報処理士
社会福祉主事(任用資格)
※教職課程を履修するにあたり、教員免許取得にふさわしい一定の基礎学力が求められます

授業で取得をバックアップする資格(在学中に取得可能)

ビジネス実務マナー検定

めざす職業・業種など

栄養士、中高教諭(家庭)、商品開発、フードスペシャリスト、食品衛生監視員、食品衛生管理者、大学院進学、起業(カフェ・レストラン)、フードコーディネーター など

主な就職先

  • 神奈川県教育委員会
  • 相模原市教育委員会
  • 大和市教育委員会
  • 丸大食品
  • 日本食研ホールディングス
  • エフピコ
  • ANAケータリングサービス
  • 豊島屋
  • サンデリカ
  • 厚生館福祉会
  • 鈴保福祉会
  • エームサービスジャパン
  • グリーンハウス
  • 西洋フード・コンパスグループ
  • さがみ農業協同組合
  • とぴあ浜松農業協同組合
  • ファンケル
  • 日本赤十字社
  • 資生堂プロフェッショナル
  • エイチ・アイ・エス ほか
(過去3年間・順不同)

入試に関わるお問い合わせ

資料請求はこちら

電話:0120-816-332
携帯電話から:042-749-5533



ページの先頭へ戻る