グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  入学・入試案内 >  入試情報

入試情報


大学・短大 入試制度一覧
相模女子大学・相模女子大学短期大学部では、受験生の皆さまのことを考え様々なスタイルの入試制度を用意しています。
自分にぴったりな方法で挑戦してください。

高等学校もしくは中等教育学校時代の成績(調査書)と試験当日の選考試験の結果で合否が決定します。
この試験制度は年内にその結果が出るというもの大きな魅力です。


従来の学力偏重の選抜ではなく、本学への入学を強く希望し、教育内容を十分に理解した方に対して、志望動機や勉学以外の活動歴、学習意欲などを面接・課題によって総合的に判断、評価し、選抜を行う制度です。調査書は選考の資料としません。


1~3月に本学キャンパスで実施する学力試験の結果で合否を判定する入学試験です。他大学との併願が可能なので、希望する複数の大学、学科を受験できます。
A日程・D日程では大学学芸学部と人間社会学部および短期大学部の特定学科について、複数の学科に出願することができます。


1月に全国で実施される大学入試センター試験の結果を用いて合否を判定する入試です。
本学独自の試験がありませんので、同一日程で複数の学科に出願し判定を受けることが可能になります。


激変する社会環境の中で、それに対応する新しい知識と技術を修得し、広い社会的視野と、主体的に問題に取り組む意欲と適切に自己表現できる人材の育成を目的とするものです。


大学全学部全学科で、3年次編入学試験を実施しています。
学科によって日程・選考方法が異なりますのでご注意ください。


本学の同窓生の子女などを対象として実施する入試制度です。
また、同窓生特別推薦入試で入学された方は入学金が半額になる制度です。


公募制推薦、同窓生特別推薦入試および一般入試A日程において地区会場にて試験を実施します。会場近県の受験生にとっては、本学のキャンパスまで試験を受けにくる必要がないというメリットがあります。
【実施会場:仙台・新潟・長野・静岡・那覇】
※一般選抜A日程は甲府実施


入試による奨学生制度(国の教育ローン)

本学では、入試の結果によって、入学後の負担を軽減する特別奨学生制度があります。

入試による奨学生制度(国の教育ローン)

その他の入試関連情報


ページの先頭へ戻る