グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  学芸学部 >  生活デザイン学科

生活デザイン学科


4つのデザイン領域を横断して学ぶ

私たちの生活を豊かにする、さまざまな分野のデザイン。
生活デザイン学科では1年次より、4領域から学びたいデザイン分野を複数選んで学習することができます。
社会から求められる「総合的なデザイン力」を養う学科です。


4つのデザイン領域

建築領域

建築
建築を中心に、製図からプレゼンテーションまで総合的に空間デザインを学びます。

インテリア
リフォームや内装など、室内空間におけるさまざまな知識・技術を身に付けます。

ファッション領域

ファッション
衣装制作、アパレルビジネス、トレンド分析、デザイン史など、ファッションに関して幅広く学びます

テキスタイル
生活を彩る布のデザインについて、染めと織りの制作を通して学びます。

プロダクト領域

プロダクト1
日常生活をサポートする、家電製品や公共什器などについて学びます。

プロダクト2
日々を彩る生活雑貨や魅力的で使いやすい商品パッケージについて考えます。

ヴィジュアル領域

ヴィジュアル
広告やポスターなどさまざまな制作を通して、多様なヴィジュアル表現の技法を学びます。

デジタル
ゲームやWebサイト、DTPなどの制作を通してコンピュータを使ったデザインについて学びます。

生活デザイン学科の学び


学びのポイント
  1. 建築やファッション、プロダクト、ヴィジュアルから「学びたいデザイン分野を複数選べる」
  2. 定員45名に対して、8人(2021年度)の実務家教員による「実践的でFace to Faceの指導」
  3. 授業の8割が演習。作品をつくりながら「デザインを楽しく基礎から学ぶ」
  4. 授業の5割以上でパソコンを使用。デザインに必要な「デジタルスキルが自然に身に付く」
  5. 卒業までに、多様な職種で重宝される「総合的なデザイン力と実践力を養う」

生活デザイン学科の学び:時代に合った専門性を高めるために

生活デザイン学科では、1年次から4つのデザイン領域を自由に選んで学ぶことができます。

生活デザイン学科の8つの「工房」

4年間の学びの流れ

8つの分野を横断して学ぶことでデザインについて総合的に学び、デザインする実践力を身に付けます。
社会から求められるデザイン力を養うカリキュラムです。

学びの流れ

※1 2年に1回の実施です ※2 夏季集中実習です

2021年度カリキュラム (注意)一部の科目が変更になることがあります。

カリキュラム

科目ナンバリング

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

カリキュラムツリー

*下記は、2020年度入学生まで適用のカリキュラムツリーに関する説明です。
 生活デザイン学科では、2021年度入学生よりカリキュラムの改定を予定しているため、内容は変更になる予定です。
生活デザインのカリキュラムは、「デザイン表現の基礎を学ぶ」科目群から始まります。その上で、「専門を知ることからはじめ、専門領域を軸に各自の生活デザインを深める」科目群が、学年を追うごとに順次専門性を高めながら配当されています。これらの科目は大きく「空間デザイン領域」「視覚デザイン領域」「生産デザイン領域」に分類されますが、相互に深く関わっていて、領域を超えてさまざまな関わりを見出しながら学ぶことによって、個々の学生固有の「生活デザイン」の軸がつくられます。これらの科目は、「デザインを幅広く学び、表現するための表現リテラシーを学ぶ」科目群、「社会との関わりを通して、人のためのものづくりであることを学び、デザイン力・コーディネート力・コミュニケーション力を養う」科目群にサポートされています。
このカリキュラムを通して学生が学んだ個々の「生活デザイン」は、「デザインのトータルなプロセスを経験して、デザインの専門知識と技術を総合デザインとして実践する」科目である2段階のデザインプロジェクトに結実します。特に7、8セメスターで履修する「デザインプロジェクトⅡ」は、卒業制作として、各自の学びの集大成となります。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

授業紹介

デザインプロジェクトI / 栁邉 匡史 専任講師

デザインプロジェクトI

各分野の学生が力を合わせて課題を制作

8つの分野を横断する総合デザインプロジェクトです。2年次までに学んだデザインの基礎と専門領域の知識を踏まえて課題に取り組みます。サーベイ(調査)やディスカッションを重ねて、デザインの専門領域にとらわれない生活デザインを具体的な形に結実させ、プレゼンテーションまで行います。一連のデザインプロセスを身に付けるだけでなく、専門とするデザイン分野を絞り込んでいきます。より深く学ぶために、意思や学びの道筋を再確認することも目的です。専門分野の異なる専任教員で指導します。

ゼミナール紹介

デザインプロジェクトII・III「テキスタイルデザインの卒業制作」
牛尾ゼミ(テキスタイル) / 牛尾 卓巳 准教授

デザインプロジェクトII・III「テキスタイルデザインの卒業制作」 牛尾ゼミ(テキスタイル)

デザイン領域の枠を越えた、幅広い学びの集大成です

生活デザイン学科では、各領域をクロスオーバーしたカリキュラムでデザインに必要な知識とスキルを学びます。牛尾ゼミでも、織りや染めの技法を基本に、柔軟なアイデアで作品を生み出していきます。オリジナルテキスタイルによる衣服や、住空間を彩るインテリアテキスタイルなど、4年間で学んだ成果を卒業制作で発揮してもらいます。自由に発想することで個々の才能を伸ばす、そのような環境づくりと指導をめざしています。

在学生メッセージ

行動を促し、生活を豊かにするデザインを追究しています

桃井さん

生活デザイン学科 4年 桃井さん
建築やインテリアに興味がありましたが、幅広くデザインを学ぶうちにグラフィックやプロダクト、デジタルの分野も好きになりました。生活デザイン学科では自ら課題を見つけ、興味あるデザインで解決していきます。そこにあるのは「自由な発想力」です。私は行動を促し、生活を豊かにするデザインを追究しています。

苦手だった建築デザインが大好きに。社会とのかかわりも私を成長させました

渡邉さん

生活デザイン学科 4年(取材当時)渡邉さん
1年次から空間やプロダクト、ファッションなどさまざまなデザインの基礎を学びました。なかでも建築の学びは苦労の連続。悔しくて夢中で取り組むうちにおもしろくなりました。先生の紹介で建築事務所のインターンシップを経験したり、マンション再生のプロジェクトに参加するなど、学外での活動を通して価値観も変わりました。4月から念願の設計デザイナーです。

私の4年間

1年次
絵を描くことが好きで入学。この学科で幅広くデザインの基礎を学ぶうちに、フィーリングだけでデザインはできないことを実感しました。
2年次
ファッションと建築を中心に学びました。とても忙しかったですが、納得がいくまでつくりあげることの重要性を学びました。
3年次
建築デザインの分野に進むことを決心。インターンシップやプロジェクトに参加して、行動力や出会いの大切さを知りました。
4年次
前半は就職活動に、後半は卒業制作に専念しました。卒業制作は、地上を広場にする「地下温泉施設」の設計です。
卒業後
建設会社で設計デザイナーとして勤務します。いつか自分が中心になって、店舗デザインを手がけることが目標です。

卒業生からのメッセージ

新作の第1号となる「サンプル」。ワクワクしながら手がけています

長田さん

長田さん:株式会社カナコーン
生活デザイン学科 2018年3月卒業


女性向けのアパレルメーカーで、ブランド「canaco_」と「KAAM」を担当しています。展示会やPRに向けてサンプルを製作するのが主な仕事で、複雑なデザインでは1着を縫うのに1日半かかるときもあります。その後、モデルを使って撮影し、Webにアップします。大学で当初インテリアを専攻していた私は、学科のファッションショーで服がとても好きであることを自覚し、3年次から服飾の学びに集中しました。ここは誰もが親切に教えてくれる職場です。アットホームな環境のもと、のびのびと成長できていることを実感しています。

すべてに全力で取り組んだ4年間。身に付いた行動力が生きています

髙橋さん

髙橋さん:楽天モバイル株式会社 基地局設置統括部
生活デザイン学科 2019年3月卒業


楽天はいま、自社回線の通信エリア(サービスエリア)の拡大に向けて、全国にアンテナを建てています。楽天グループをあげた注力ビジネスのため、多くの同期が楽天モバイルに配属されました。私が大学で学んだCADは設計に欠かせないソフト。「CADは髙橋さんに」と言われて意欲が高まっています。また、社会人は広い視野をもち自ら動かなくてはなりません。いろいろなデザイン分野を学び、興味あることすべてに取り組んだ私は「行動力が自慢の発想女子」。楽天モバイルの普及に向けて頑張っています!

教員メッセージ

あなたの生き方は、あなたしかデザインできない!

桑原 茂 教授

桑原 茂 教授
本学科では、建築・プロダクト・ファッション・ヴィジュアルの4領域を中心にデザインを広く学び、社会に必要とされる「何か」を提案できる力を培います。さまざまな職業で生かせるデザインスキルを修得できますが、「デザイナーになる」「未だ存在しない職業の先駆者になる」などチャレンジ精神を大事にして、「あなたならでは」の活躍領域を開拓してください。

取得可能な免許・資格など

一級建築士受験資格※1
二級建築士受験資格※1
インテリアプランナー(登録資格)※2
情報処理士
社会福祉主事(任用資格)
※1 指定科目の履修状況に応じて受験資格が得られます
※2(公財)建築技術教育普及センターが行う試験に合格し、登録を受ける必要があります

授業で取得をバックアップする資格(在学中に取得可能)

インテリアコーディネーター
福祉住環境コーディネーター検定試験®
色彩検定®
ファッションビジネス能力検定
パターンメーキング技術検定
ファッション販売能力検定
カラーコーディネーター検定試験®
商業施設士※3
キッチンスペシャリスト
Illustrator®クリエイター能力認定試験
Photoshop®クリエイター能力認定試験
CGクリエイター検定
CGエンジニア検定
マルチメディア検定
ITパスポート試験

など
※3 指定科目の履修と講習会に参加して合格することにより商業施設士(補)の資格が得られます。
商業施設士(補)を取得することで商業施設士の学科試験と実務経験が免除されます(商業施設士(補)資格・認定校に認定されています) 

めざす職業・業種など

建築設計業、製造業、販売業、サービス業、広告・宣伝業、情報通信などでの企画・開発・デザインをはじめとするクリエーティブ関連(一級建築士/二級建築士/インテリアプランナー/インテリアコーディネーター/ファッションアドバイザー/ファッションオペレーター/スタイリスト/テキスタイルデザイナー/プロダクトデザイナー〈家電・生活什器・キッチン用品・生活雑貨〉/Webデザイナー/DTPオペレーター/CGデザイナー/ゲームクリエーター/イラストレーター/グラフィックデザイナー など)

主な就職先

  • 大和ハウスリフォーム
  • 湘南ミサワホーム
  • 大東建託
  • プリントボーイ
  • タカラスタンダード
  • TTC
  • ケント照明
  • ダイドー
  • ブルーブルーエジャパン
  • BANKANわものや
  • 玉屋
  • 銀座マギー
  • アイア
  • ストライプインターナショナル
  • 東日本住宅
  • 楽天
  • デスケル
  • デザインコーポレーション
  • トランスコスモス
  • 町田市役所 ほか
(過去3年間・順不同)

入試に関わるお問い合わせ

資料請求はこちら

電話:0120-816-332
携帯電話から:042-749-5533



ページの先頭へ戻る