グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  本学の特徴 >  学科横断プログラム(副専攻制度)

学科横断プログラム(副専攻制度)


キャリア実現のための「学科横断プログラム」
相模女子大学では、各学部・学科の学習に加えて、学科を横断した3つの「プログラム」を選択することができます。
学科での学びをベースに、学科を横断して学ぶことで、就職に向けた幅広い知識と実践力が身につきます。*短期大学部を除く。

なりたい自分を見つける!3つのプログラム

学科横断プログラムのポイント

学部学科の枠組みを越えた新しい教育システムとして、2016年度より「学科横断プログラム」をスタートしました。本学の特色である「発想教育」と「社会貢献活動」を活かした、キャリア形成のための体系的なプログラムです。入学後にじっくりと自分の進路を考え、それを実現するために各業界での経験が豊富な教員が支援を行います。指定科目群を履修し、さらに各種の指定プロジェクトに参加することで、就職を想定した実践的な学習ができます。

学びのイメージ

学科横断プログラムは、2年次に登録します。所属する学科での学びに加え、学科横断プログラムに参加することで、幅広い知識と実践力を身に付け、目標とする職業に向けてキャリアの実現を目指します。

修了者の声

「観光とホスピタリティ・ビジネスプログラム」を専攻
ホテル業界への就職をめざして多様な学びと経験を重ねました

観光の学びを深めたい。ビジネスの知識も修得したい。社会で役立つ実践力を身に付けたい。この3つが学科横断プログラムを活用しようと思った理由です。ビジネス・プレゼンテーション演習では、ホテル業界などについてグループで研究。プレゼンテーションを重ねるたびに情報発信力が高まり、他学科の学生の発表も大きな刺激になりました。指定プロジェクトでは地域活性化のためのワークショップに参加しました。何度も富山県に通い、幅広い年齢層の方々と触れ合ったことでコミュニケーション力が大きく向上したことを実感しています。これらの多彩な経験をアピールして、外資系リゾートホテルへの就職を叶えました!

英語文化コミュニケーション学科4年 Wさん(取材当時)

参考

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。



ページの先頭へ戻る