短期大学部 食物栄養学科

教員・在学生メッセージ

教員メッセージ

卒業生の多くは栄養士職で活躍
就職率の高さが本学科の強みです

深作 貴子 専任講師

fukasakusennsei.jpg食に関する専門知識・技術を短期に集中して修得する本学科では、栄養士の資格を生かした就職先が最も多く、高い就職率を維持しています。さらに専門性を高めるために4年制大学に進学する学生も多くいます。本学科の課外活動には、就職準備講座をはじめ産学連携活動やインターンシップなど就職につながる活動が充実していますので、ぜひ自分らしい将来像を見つけるヒントにしてください。

在学生メッセージ

献立の考案、調理実習、栄養素の実験
栄養士をめざして多面的に学んでいます

食物栄養学科 2年 渡邉さん

2018_message_02.jpg 「多くの人が食を通して健康にくらせたら良いのに」と思い、栄養士資格の取れる大学として選んだサガジョは、偶然にも母の母校でした。「私も尊敬する母のようになれるかも」と思ったら嬉しくなりました。昨年、授業でおせち料理をつくりましたが、クチナシの実で栗きんとんを鮮やかな黄色に着色するのは意外にも大変でした。ライフステージに合わせた献立を考える授業では、高齢期を担当して、低栄養、嚥下、生活習慣病など複雑な条件でメニューを考えました。食物栄養学科では、献立を考えたり、和・洋・中の調理法を学んだり、タンパク質の実験をしたりと、料理に関するさまざまなことが学べます。卒業後は、地元の山梨県か神奈川県のどちらで栄養士になるか悩んでいるところです。先生方はいつも助けてくださるので、進路や勉強のことなどいろいろ相談しています。