短期大学部 食物栄養学科

教員・在学生メッセージ

教員メッセージ

即戦力を身に付けた栄養士が社会で幅広く活躍しています

井上 典代 准教授

2019_inouesennsei.jpg本学科は、短期間で「食」に関する知識や技能を身に付けて、社会で活躍できる栄養士を育成します。卒業生は、保育園、給食受託会社(病院、高齢者福祉施設、社員食堂など)、食品会社、飲食系企業、スポ―ツ関連団体など、多彩な分野で栄養士として活躍しています。学生一人ひとりの夢をかなえるために、教員が全力でサポートしています。

在学生メッセージ

1年次から実習を通じて、さまざまな力を付けられます

食物栄養学科 2年 岩田さん

2019_message_01.jpg私は高校時代、生徒会や勉強などすべてに全力投球する一方で、食生活の乱れから体調を崩すことがありました。「栄養について学び、食事の管理ができるようになりたい」と思い、母の母校でもある相模女子大学に入学しました。食物栄養学科では1年次からいろいろな実習があります。給食管理実習の授業では、対象者の栄養目標量に合った献立を考えて試作し、発注などの事務作業を経て100食分の給食を調理しました。
限られた人手、設備費用、時間のもとで、安全でおいしい食事をつくることは大変でした。でも実習を通じて、臨機応変に対応する力や課題を見つけて改善する力が身に付きました。2年間という時間のなかでの学びはとても充実しています。つねに「いま何ができるか」を考えて行動できるようになります。いまはヘルスケア業界で栄養士として働くことが目標です。将来的には管理栄養士の資格にも挑戦したいと思っています。


「いま」しかできないことを大切に、積極的に行動!

食物栄養学科2年(取材当時) 林下さん

2019_message_02.jpg 長期休暇中にMOS資格を取得したり、海外でボランティアに参加するなど、2年間の大学生活を有効に活用しました。いましかできない数々のことに取り組んだ結果、自分で決めて積極的に行動するようになりました。そして「食」という世界共通の学びを海外で生かしたくなりました。卒業後は国際文化系の学科に編入して学びを深めます。