大学院 栄養科学研究科

カリキュラム

※画像をクリックすると拡大します

guraduate_curriculum.jpg

主な科目紹介

【基礎科目】

栄養科学総論

教員がオムニバス形式で教壇に立ち、本研究科の教育・研究体系を構成する栄養生理、病態栄養、保健栄養、食品栄養の各領域に加え、栄養科学研究科の取り組みについて概観します。

【基本科目】

マクロ栄養科学

ヒトを個体、すなわちマクロな生命体として捉え、その生命体に備わった機能や疾病の発症、病態、治療、予防などにまつわる臨床栄養・公衆栄養の知識、および環境と生命体の健康・栄養とのかかわりを把握します。

ミクロ栄養科学

細胞・分子というミクロレベルでのヒトの生命体の機能について、疾病、栄養、遺伝子の相互作用、免疫・血液学の最新知見、食欲を司る脳と食のかかわりなどを修得。さらに食品成分と疾病の予防・治療、バイオ食品など環境因子との関連についても教授します。

共通領域

マクロ栄養科学とミクロ栄養科学の学習・研究で身に付けた幅広い知識を基礎として、実験・実習・演習を行う選択必修科目。ここでは細胞生物学、脳・神経科学などの分析や研究のための実験・実習の手法を修得することにより、大学院修了後の生命科学研究に必要な手法を磨いていきます。

【総合科目】

総合栄養科学特論

メタボリック症候群の将来、スローフードと食文化の変遷、地域や社会における食育の現状と課題など、本研究科の研究に関連したテーマに取り組む研究者が、最新の研究成果を披露します。学外の研究者による講義・講演も織りまぜながらオムニバス形式で授業を進めます。

生命栄養科学特論

栄養学を人間の生命体に直接かかわる学問と位置付け、生命科学の知識を中心とした栄養教育を行い、人間性と職業倫理、専門知識を体得した研究者および教育者を養成します。「栄養生理領域」など4つの視点から教員のオムニバス形式により授業を展開します。

特別研究

博士前期課程では、修士論文または課題研究として、博士後期課程では博士論文として、研究の集大成となる授業です。実験研究の立案、実験手技、実験結果の整理と討論、論文作成の立案、調査方法、結果のまとめと討論、論文作成までの全行程について丁寧に指導します。