学芸学部 メディア情報学科

教員・在学生メッセージ

教員メッセージ

卒業後に就きたい職種を入学してから見つけられます

加藤 由樹 准教授

2018_message_01.jpg 本学科にはメディアにかかわる幅広い分野の科目が基礎から応用まで系統的に用意されていて、各分野の専門家が丁寧にわかりやすく授業を行っています。将来希望する職種が定まっていなくても、さまざまな授業を受けていくなかで、おのずと自分に合った分野・職種が決まってくるはずです。教員が一丸となって、一人ひとりの秘めた可能性を引き出すお手伝いをしていきます。

在学生メッセージ

エネルギーは「やりたい」気持ち
試行錯誤しながら作品を生み出しています

メディア情報学科 4年 重田さん

2018_message_02.jpg ゲーム制作、動画編集、写真撮影など、メディア情報学科には、私にとって興味ある学びがたくさんあります。中でも「サウンドデザイン演習」は、CMに曲やナレーションを付ける授業で、中学校で演劇部、高校で市民劇団に所属していた私のナレーションが高く評価されて自信につながりました。
卒業制作は「English Vomic」というテーマで、コミックに声をあてた10分間の動画を制作。ペンタブレットでオリジナルコミックを描き、動画編集ソフトでBGMと効果音を付けて、最後にアフレコをしました。絵を120枚以上描いたり、英語でセリフを言ったりするのは大変でしたが、大きな充実感を得ることができました。私は引っ込み思案で何事にも緊張してしまう学生でしたが、この学科でやってみたかったことすべてに取り組んだおかげで、その殻を破ることができました。そして「やりたい」と思ってつくったものは自分のエネルギーになることを知りました。