学芸学部 メディア情報学科

教員・在学生メッセージ

教員メッセージ

SE、事務職、総合職、販売職など幅広い職種への就職が特徴です

松本 俊輔 教授

2017_message_01.jpg 本学科では、情報技術や映像制作からマーケティングや法律、文化・教養、語学まで、幅広くメディア関連の勉強ができます。就職を希望する業界や職種は、必ずしも入学時に決まっている必要はなく、入学後にいろいろ試して無理なく決めることができます。文系女子でも安心して勉強でき、就職も(前向きに取り組む限り)きちんとできるようになっています。

在学生メッセージ

メディア文化の研究が転機
演劇や映画をテーマに夢中で学びました

メディア情報学科 4年 五十嵐さん

2017_message_02.jpg 編集やDTPなど、大好きな「本」について学びたくてメディア情報学科を選びました。入学当初は不安でしたが、1年次に受講した「さがみ発想講座」で、私が制作した仕掛け絵本が展示作品に選ばれたことで自信がもてました。転機となったのは3年次の「メディア文化論演習」です。原作とそのメディア化について分析して、それまで趣味として鑑賞していた演劇や映画が研究の対象になることに衝撃を受け、「もっと学びたい!」と思うようになりました。自分が夢中になれる分野を見つけられたこと。その分野に精通している先生に出会えたことは私の財産です。
この学科では、コンピュータやソフトの使い方を学び、ポスターや動画を制作できるようになれるほか、雑誌編集やプログラミング、広告などの業界で働いている方々からもお話を聞く機会があります。たくさん学び、趣味やアルバイトも存分にして、充実した学生生活を送ってください。