学芸学部 メディア情報学科

卒業生の活躍

卒業生インタビュー

確かな知識と信頼でインターネットバンキングを担当

岸さん:株式会社 三井住友銀行 大森支店 勤務
短期大学部 メディア情報学科(現 学芸学部 メディア情報学科) 2009年3月卒業※

2017_og_01.jpg 私が銀行の仕事に興味をもったのは、学生時代のインターンシップがきっかけでした。銀行は預金、融資、為替を三大業務としており、大森支店は日本銀行の代理店機能も持ち合わせています。そんな銀行に欠かせないのが個人情報の保護です。ゼミナールで個人情報の判例について研究した私は、個人情報保護の重要性を認識していたこともあり、銀行の業務に学生時代の知識が生きるのではないかと思い、銀行を志望しました。
入行以来、相模原支店で窓口業務を中心に仕事をしてまいりましたが、異動を機に、法人のお客さまのインターネットバンキングを担当しています。銀行員として日々学ぶことは多く、緊張の毎日ですが、知識を身に付けるにつれてこなせる業務も増えていきます。できることが増えることはとても楽しく、自分の成長を実感しております。日々、丁寧な応対を心がけ、お客さまとの信頼関係を深めてまいります。

※メディア情報学科は2008年度より学芸学部に開設されています


クリエーティブな現場で大切なのは作品を少しでも良くしたいという思い

小松さん:株式会社 ウィークス 制作部
メディア情報学科 2015年3月卒業

2017_og_02.jpg 映像制作会社でテレビCMなどを制作しています。私が中心になって手がけてきた子ども向けビデオ教材が最終シーズンを迎えて、いまは「やりきれた!」という達成感でいっぱいです。毎シーズン、出演者やカメラマン、照明など40名を超えるスタッフと約3か月間かけてつくりました。監督が「作品を演出」する人ならば、私たちスタッフは「現場を演出」する人です。気持ち良く仕事ができれば、一人ひとりに「もっと良い作品にしたい」という思いが生まれ、現場はよりクリエーティブになっていきます。
メディア情報学科では、CM、デジタルサイネージの映像、ポスターなどを制作しました。規模は違っても基本的な流れは一緒ですから現場で役立っています。忙しい毎日ではサガジョでの自由な時間が懐かしいですね。大切な4年間です。思いっきり制作して楽しみ、多くの人と出会ってください!

主な進路先(過去3年間・順不同)

旭広告社/学凛社/東計電算/東急保険コンサルティング/エイチ・アイ・エス/旭情報サービス/放電精密加工研究所/ハイテクシステム/住友不動産販売/島忠/東横イン/伊藤ハムフードソリューション/カネ美食品/横浜冷凍/マークジェイコブスジャパン/CDG/アライズ/エフティグループ/オークラニッコーホテルマネジメント/サイプレス・ソリューションズ/ウィークス/ノジマ/ホテル南風荘/ユナイテッドアローズ/ランドコンピュータ/MXモバイリング/朝日建設 ほか