学芸学部 日本語日本文学科

卒業研究

Pick Up Seminar!

専門演習II 「日本神話の研究」
山田 純 准教授

神話を読み解き、価値観や世界観に触れていきます

2016_seminar_yamada.jpg テーマは日本の神話です。神話が語られていた頃の人々の価値観や世界観を理解したうえで、神話を読み解いていきます。ゆかりのある神社を訪ねるフィールドワークも行っていて、伊勢神宮や出雲大社を調査するゼミ旅行にも出かけます。ゼミナールの雰囲気は静穏であたたか。優しさに満ちあふれた空気が流れていますが、水面下では「誰にも負けない」という思いがあるようです。みなさん必死に勉強するので、「頑張りすぎないこと!」と私は言っています。

主な卒業研究テーマ

  • 『源氏物語』の朱雀院について
  • 東野圭吾『秘密』研究 ―平介が失ったものとは―
  • 日本語の形容詞の研究 ―「やばい」の使用例からの考察―
  • アニメにおけるキャラクターのイメージカラーについての考察
  • 谷崎潤一郎『卍』論 ―同性間の愛について―
  • 和泉式部日記研究
  • 『浦島太郎』考 ―龍宮城は何処にあるのか―
  • 日本語と英語の受身表現 ―『めくらやなぎと眠る女』を中心に―
  • ホームページ開設による学校図書館の活性化
  • 『仮名手本忠臣蔵』研究
  • 後漢・張遷碑について
  • 『古事記』における波限の役割 ―豊玉毘売の出産の話より―
  • 『ONE PIECE』空島編」における<鐘>の意義
  • 太宰治『パンドラの匣』研究