学芸学部 日本語日本文学科

授業紹介

書論・鑑賞Ⅰ

狩野 雄 教授

2018_class_01.jpg書の材となる中国の作品を読解する力と、作品の有するイメージを捉える力を養います。杜甫の『飲中八仙歌』など唐代の詩歌を中心とする韻文作品と、王羲之の『蘭亭序』などの散文作品を味読し、最後は筆をもって書いていきます。書について書かれた文章も読みます。

国語科教育法(中・高)I

高木 信 教授

2018_class_02.jpg学生が教師となり、評論・小説を扱う模擬授業を行います。授業内容について学生同士でディスカッションを重ねることで、中学・高校で授業を行える力を身に付けていきます。また、教育実習に出たときに研究授業ができるように、『学習指導要領』に即した授業を行える力を付けます。

カリキュラム

※画像をクリックすると拡大します

2018_japanese_curriculum.jpg