学芸学部 英語文化コミュニケーション学科

学科紹介

2018_englishtop.jpg

english_banner.jpg

英語文化コミュニケーション学科の学び

  1. 全員の留学(語学研修)をめざします
  2. 4年間すべての学年でゼミナール(講座)に所属。親身できめの細かい少人数教育
  3. ネイティブスピーカー教員による授業を設置。身に付く英語学習が1年次で324.5時間※
  4. 充実したインターンシップやキャリア・プログラムによる、就職を見据えた実践教育
  5. エアライン、ブライダル、銀行、教師、企業(総合職)など幅広い就職先

※高校3年間の平均的英語授業時間の約75%に相当

異文化間の橋渡しを担うことのできる「グローバル人材」を育成します。自分とは異なる文化・行動様式を理解して受け入れようとする好奇心と柔軟性、グローバル化が進む社会において的確な判断と行動の基盤となる教養、そして豊かなコミュニケーション能力を育みます。
英語教育を基盤とし、幅広い教養と社会で通用する専門性を身に付ける「国際教養」「観光ビジネス」「グローバル実践」の3領域を設け、学生個々の興味や関心に合わせて履修ができる体制を整えています。また、社会に出るための準備としてインターンシップ、キャリア教育にも力を入れています。

2018_top_manabi.jpg

Close Up! > こんな活動・体験が待っています!

English Villageで1週間英語漬けの研修

2018_closeup_01.jpg 韓国の「大邱慶北英語村」での1週間の英語研修に学生18名が参加しました。現地ではフレンドリーなネイティブスピーカー講師とともに、特設された航空会社やホテルのチェックイン施設を使って実践的な英語力をアップ。授業は韓国人学生とともに行われました。


相模女子大学×ていねいを探す旅

2018_closeup_02.jpg 高速道路サービスエリアを運営する企業と連携して観光情報冊子『N Drive』の制作を行い、相模原市の魅力を発信しました。海老名サービスエリアでは掲載された商品も販売。冊子はプロ顔負けの出来栄えで、ラジオ番組にゼミ生が出演したり毎日新聞に掲載されるなどしました。

めざす職業・業種

企業(総合職)、広告、コンテンツ、メディア、サービス、旅行、エアライン、ホテル、ブライダル、鉄道、飲食、美容・化粧品、アパレル、出版、翻訳、司書、英語教師、通訳、外資系企業、商社、金融、テーマパーク、公務員・団体職員、企業(事務職)、建設・建築、物流 など

ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

カリキュラムツリー

科目ナンバリング


関連リンク

入試に関わるお問合わせ0120-816-332 携帯電話から042-749-5533
資料請求