学芸学部 子ども教育学科

学科紹介

子どもの「声」を「聴き」、「心」を「訊く」指導者を志し、
心のキャッチボールのできる「見守れる人」になる。

child_top.jpg

edu_top_02.jpg

News&Topics

RSS

一覧ページ

2016.06.21
【子ども教育学科】子どもの夏まつり2016開催のご案内[7/24・日]
2016.04.05
【教職センター】教職センター開室式が行われました
2015.12.10
【キャリア支援】教職センター準備室がオープンしました
2015.10.20
【キャリア支援】教職センター準備室がオープンします
2015.07.10
【子ども教育学科】佐藤弘道教育・文化顧問の授業を行いました

子ども教育学科の学び

  1. 小学校・幼稚園の教員免許、保育士資格の取得が可能
  2. 「見守れる人」を育てる学園と連携したフィールドワーク
  3. 社会での実践力とコミュニケーション能力の育成を意識したカリキュラム

子ども教育学科は、小学校・幼稚園・保育所を含む児童福祉諸施設での教育・保育をになえる人材を育成します。適正な理念に裏打ちされた、教育・保育の現場で通用する専門知識や技能を修得するとともに、社会の形成者・保護者となるために必要な知識や教養、そして教育・保育活動に必要なコミュニケーション能力も身に付けていきます。
講義で学んだ知識と実践で身に付けた技術は、幼児教育・保育の現場での経験と関連させながら、子どもへの理解を徐々に深めていきます。希望する進路や取得をめざす免許・資格に応じて幼児教育コース、または児童教育コースのいずれかを選びますが、両コースにまたがって科目を選択することも可能です。

top_manabi.jpg

子ども教育学科のキャラクター!

MINMINは、サガジョの校章のモチーフであるマーガレット(花言葉…希望に満ちあふれる清楚な乙女心)の妖精。好奇心が強く行動力旺盛、おしゃまでいたずらっ子の彼女は、しゅんとして落ち込むことがあっても、すぐに立ち直るのが取り柄です。詩人や絵描き、音楽家を夢みる元気いっぱいの女の子、そんなMINMINの生みの親は、元子ども教育学科教員で現在客員教授の有賀忍氏です。

Close Up! > こんな活動・体験が待っています!

障がいのある子に触れる余暇支援ボランティア

2016_closeup_01.jpg

毎年、100数十名の学生が、週末や長期休暇を利用して特別支援学校に赴き、障がいのある子どもとコミュニケーションをとっています。盲学校の運動会支援で新しい感動を体験したり、知的障がいをもつ子どもたちとボウリングや昼食会を堪能したりしています。

「さがみおおのハロウィンフェスティバル」

2016_closeup_02.jpg

27年続くこのイベントで、本学科生たちは、仮装した子どもたちと一緒にお菓子を配ったり、生活デザイン学科のフェイスペイントに加わって顔に絵を描いてあげたりしています。丸1日、仮装したまま子どもたちと過ごすボランティア活動です。

めざす職業・業種など 小学校教諭、幼稚園教諭、施設保育士、保育所保育士、子ども関連企業

ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

カリキュラムツリー


関連リンク

入試に関わるお問合せ0120-816-332 携帯電話から042-749-5533
資料請求