学芸学部 子ども教育学科

ゼミナール紹介

卒業研究II
「子どもの美術・造形教育」 稲田ゼミ
稲田 大祐 教授

「子どもと美術の関係」について研究します

2019_seminar.jpg美術の意味を根本から考え、子どもにとって意義のあることがどのようにできるかを探ります。研究の第一歩は、美術に関する興味ある研究テーマに出会い、問いをもてるかどうかです。そして、長くその問いを求め、答えを知りたいと思う気持ちが大切です。最終的に、研究のなかで見つけた自身の考えを他の人へ伝えるために、粘り強く調べた論文とともに作品を制作。最終成果は「ものづくり」です。