学芸学部 子ども教育学科

卒業研究

Pick Up Seminar!

子ども教育ゼミナールⅡ
「体育科教育学・身体教育学」
宗野 文俊 専任講師

2017_seminar_01.jpg 子どもにとっての運動は、身体的な発達を促し人間形成においても大変重要な役割を担っています。運動やスポーツが得意な子だけでなく、苦手だったり、うまくできなかったりする子どもたちも楽しく意欲的に取り組むには、どのようなことをどのようにすればいいのか? そのことを追究するために、ゼミ生は関心のあるテーマをさまざまな観点から調査・分析しています。教員・学生が分け隔てなく議論をすることで考える力を養います。

主な卒業研究テーマ

  • 動物飼育経験による性格傾向に関する研究 ~人と動物との関わり~
  • 「わかる」を楽しむ読みの授業
  • 体験学習の意義 ~体験学習から学ぶ科学する心~
  • 動画を用いて行う図画工作教材の提案
  • 愛着障害の子どもとの関係構築 ~特別な他者が存在する意義~
  • 保育現場における背景音楽 ~クラシック音楽活用の検証と提案~
  • 子どもの人格形成と保育者の援助 ~家庭と保育の連続性の視点から~
  • 児童文学における悪役の存在
  • 児童養護施設退所児に対する社会的援助の課題
  • 小学校における幾何教育カリキュラムの改善
  • 2歳児の食への意欲と保育者の援助に関する研究
  • 読書教育を通した学級運営について
  • 昔と現代の子どもの遊び ~伝承遊びについて~
  • 乳幼児向け教育番組の魅力と保育への活用