About

制服紹介

中学部

毎日を彩るセーラー服

中学部の制服は、伝統的なセーラー服。夏服、冬服、合服(春・秋用)の3種類があります。校章は、マーガレットの紋様。その花ことばである「希望に満ち溢れる清楚な乙女心」を胸に飾ります。

高等部

毎日を彩るブレザースタイル

高等部の制服は、伝統的なブレザースタイル。スカートは、正装用である紺色のスカートと夏用のチェック柄、通年用のチェック柄の3種類です。正装用に用いられている布地は、さまざまな紺色の糸を紡いで織られており、品のある装いとなっています。また、紺色のカーディガンやベスト(紺と白)があり、季節に合わせたコーディネートが可能です。

制服は毎日着るものなので、とても大事なんですよ。

その日の気温や気分によって、上下を自由に組み合わせられるのがとてもいいと思っています。行事の日は、正装服を着ます。上下紺で品があるので、着ると少しキリッと背筋が伸びる感じがしますね。おしゃれをしたい気分の日は、チェックのバリエーションスカートとカーディガンを組み合わせます。軽やかで楽しい気分になります。制服は毎日着るものなので、とても大事なんですよ。

高等部 本間さん

明るく爽やかな雰囲気で、とても気に入っています。

わたしのおすすめは夏服です。グレーと白のチェックスカートに白のベストを組み合わせます。明るく爽やかな雰囲気で、とても気に入っています。この上下を着ると、夏が来たなぁとワクワクします。細かい部分ですが、丸襟のワイシャツも好きです。紺のリボンとも合っていて。先日、友だちの妹がわたしの格好を見て、「かわいい」と言ってくれて、ちょっと嬉しかったですね。

高等部 芳川さん

カバン

伝統的な制カバンと生徒の要望をもとに生徒会が導入を手掛けたリュックがあります。好みのカバンを選んで使用することができます。