グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  管理栄養学科 >  黒岡 尚徳

黒岡 尚徳


Kurooka Hisanori

所属・職位:栄養科学研究科・管理栄養学科 教授
担当科目:生化学Ⅰ・Ⅱ、生化学実験
専門分野及び関連分野:生化学、分子生物学、分子栄養学

最終学歴 京都大学大学院医学研究科博士課程修了
学位 種類:博士(医学)
授与大学:京都大学
職歴 京都大学大学院医学研究科助手
米国ダナ・ファーバー癌研究所ポストドクトラルフェロー
福井大学医学部講師、准教授
所属学会 日本生化学会、日本分子生物学会


授業

「生化学はちょっと苦手だな...」という人は少なくありませんが、がんばって勉強すれば、他の科目もよりいっそう理解が深まるはずです。「食」や「栄養」を科学的・理論的に理解することができるように、わかりやすい授業を心がけます。

研究テーマ

食品成分による細胞分化及び遺伝子発現制御機構の研究

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌・巻・頁 発行等年
学術論文 共著 Gene expression profile data of the developing small intestine of Id2-deficient mice Data in Brief 24:103717 2019
学術論文 共著 Id2 determines intestinal identity through repression of the foregut transcription factor, Irx5 Molecular and Cellular Biology 38(9):e00250-17 2018
学術論文 共著 The metalloid arsenite induces nuclear export of Id3 possibly via binding to the N-terminal cysteine residues. Biochem Biophys Res Commun 433(4):579-585 2013
学術論文 共著 BMP signaling is responsible for serum-induced Id2 expression. Biochem Biophys Res Commun 420(2):281-287 2012
学術論文 共著 Identification of BMP-responsive elements in the mouse Id2 gene. Biochem Biophys Res Commun 399(3):416-421 2010
学術論文 共著 Glutathione S-transferase M1 inhibits dexamethasone-induced apoptosis in association with the suppression of Bim through dual mechanisms in a lymphoblastic leukemia cell line. Cancer Science 101(3):767-773 2010
学術論文 共著 Identification of the nuclear export signal in the helix-loop-helix inhibitor Id1. FEBS Letters 580(7):1812-1816 2006
学術論文 共著 p600, a unique protein required for membrane morphogenesis and cell survival. Proc Natl Acad Sci USA 102(42):15093-15098 2005
学術論文 共著 Synergistic effect of hypoxia and TNF-alpha on production of PAI-1 in human proximal renal tubular cells. Kidney International 68(2):569-583 2005
学術論文 共著 Regulation of Id2 expression by CCAAT/enhancer binding protein beta. Nucleic Acids Research 33(6):1924-1934 2005
学術論文 共著 Nucleo-cytoplasmic shuttling of Id2, a negative regulator of basic helix-loop-helix transcription factors. Journal of Biological Chemistry 280(6):4313-4320 2005
学術論文 共著 Regulation of marginal zone B cell development by MINT, a suppressor of Notch/RBP-J signaling pathway. Immunity 18(2):301-312 2003

社会的評価

  • 学術論文「Id2 determines intestinal identity through repression of the foregut transcription factor, Irx5」が、その号における「編集者が選ぶ重要かつ興味深い論文」として紹介された。

研究資金の申請・獲得

社会貢献

その他

  • 9月15日(日曜日)、16日(月曜日)の日程で、北海道標津町食生態地域HACCPツアー研修
    (本学と標津町の包括連携協定に関する調印セレモニーを含む)に参加し、標津町の方々と交流を深めた。

  • 教員免許状更新講習(子供の成長と栄養)
    8月23日(木曜日)講義「栄養とは何か? 〜食べることの意味を考える〜 」
    「子供の成長に必要な栄養素、不足しがちな栄養素」


受験生へのメッセージ

医療が発達して長寿社会になった日本では、健康維持・増進のために、これからますます「食」や「栄養」が重要になっていくと予想されます。それらについて、様々な角度から、私たちと一緒に勉強してみませんか。大学生活の4年間で学んだことは、きっと皆さんの将来に役立つはずです。



ページの先頭へ戻る