グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  管理栄養学科 >  望月 弘彦

望月 弘彦


Mochizuki hirohiko

所属・職位:管理栄養学科 准教授
担当科目:臨床医学Ⅰ・Ⅱ、臨床検査実習
専門分野及び関連分野:臨床栄養学、外科学、消化器病学、救急医学、病院感染制御学、
           摂食嚥下リハビリテーション、老年医学、在宅医療

最終学歴 1985年 横浜市立大学医学部 卒業
学位 種類:博士(医学)
授与大学:横浜市立大学
職歴 横浜市立大学医学部病院臨床研修医を経て横浜市立大学医学部第2外科学講座に入局、横浜市立大学病院や神奈川県内の病院で外科や救急医療に従事。2004年横須賀北部共済病院勤務中にNST(栄養サポートチーム)を立ち上げ、2008年クローバーホスピタルに転勤後もNSTを立ち上げた。ICD(インフェクション コントロール ドクター)の資格も取得し、感染対策委員長も兼務した。
所属学会 日本外科学会(認定登録医)、日本消化器外科学会(認定登録医)、日本消化器病学会(専門医)、日本消化器内視鏡学会(専門医)、日本救急医学会(専門医)、日本静脈経腸栄養学会(指導医)、日本病態栄養学会、日本摂食嚥下リハビリテーション学会(認定士)、日本環境感染学会、日本化学療法学会(ICD)日本在宅医療学会、PEGと在宅医療研究会、欧州静脈経腸栄養学会(LLL:Life long learning Diploma)、日本医師会(産業医)
趣味・特技 読書(冒険小説やファンタジーから実用書まで乱読)、iPadでの情報管理、
旅行、日曜大工


授業

今日の管理栄養士に求められているスキルは給食管理にとどまらず、より実践的で臨床に即したものとなっています。将来、NST(栄養サポートチーム)などのチーム医療において、栄養に関するエキスパートとして活動するための必要な基礎知識を身に着けるための授業を行います。

研究テーマ

外科代謝栄養、術後感染制御、摂食嚥下障害に対する栄養療法、終末期栄養療法、経管栄養法、栄養サポートチームの立ち上げと運用
具体的には下記の内容を取り上げていく
  • 栄養不良のスクリーニングや栄養療法の効果を確認するための臨床データの活用法の探求
  • 嚥下食の物性の調査や基準の統一、おいしい嚥下食の開発
  • 経管栄養剤や投与方法についての検討
  • チーム医療において管理栄養士が求められている内容

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌・巻・頁 発行等年
著書 共著 スーパー総合医 在宅医療のすべて
第6章在宅利用に必要な手技 在宅静脈栄養
中山書店、Page318-330 2014
論文 単著 地域連携における在宅静脈栄養管理の現状と課題 静脈経腸栄養 Vol.29 No.5 2014
論文 単著 胃ろう造設後患者の看取り時における人工的水分栄養補給についての一考察 在宅医療と内視鏡治療 Vol17、No1 Page55-59 2013
著書 共著 経管栄養の知識とトラブル対策;企画・構成 臨床看護、臨時増刊号vol.38、no.4、ヘルス出版社 2012
論文 単著 療養型病院から発信する地域一体型NSTを目指した取り組み 癌と化学療法 36-Supplement I Page17-19 2009
論文 共著 栄養障害症例の予後予測におけるALB/CRP比の検討 栄養評価と治療 Vol.24 No.6 Page536-538 2007
論文 共著 横須賀北部共済病院におけるNST(栄養サポートチーム)の立ち上げと2年間の活動実績 横浜医学 57、Page485-491 2006
論文 共著 Early Enteral Nutrition after Hepatectomy to Prevent Postoperative Infection Hepato-Gastroenterology 47(35)Page. 1407-1410 2000
論文 単著 肝切除後感染症の予防における術後早期経腸栄養の意義 横浜医学Vol.47, No.1 Page.39-45 1996
論文 共著 外科系救急領域におけるMRSA感染症の背景と対策 日本外科学会雑誌 Vol.93, No.9 Page.S.116-S.120 1988

社会活動等

  • 日本在宅医療学会 評議員
  • 日本静脈経腸栄養学会 代議員、学術評議員
  • 日本静脈経腸栄養学会首都圏支部会 世話人
  • 神奈川NST研究会 代表世話人
  • 日本静脈経腸栄養学会首都圏支部会TNT研修会 世話人・講師
  • 日本静脈経腸栄養学会LLL講師
  • 神奈川PDNセミナー 世話人・講師
  • 栄養ネットワーク湘南代表 世話人
  • 神奈川摂食嚥下リハビリテーション研究会 世話人
  • 日本リハビリテーション栄養研究会首都圏支部 顧問
  • 日本医師会認定産業医
  • 藤沢市医師会消化器病医会 幹事
  • 検診マンモグラフィー読影医

受験生へのメッセージ

「万病に効く薬はないが、栄養は万病に効く」-日本静脈経腸栄養学会初代理事長の小越章平先生(元高知医大外科教授)のことばです。栄養療法のプロである管理栄養士は、チーム医療に欠かせない存在です。大学ではそのための基礎知識を学ぶと同時に、様々な人生経験を積み、コミュニケーションスキルを身に着けることも大切です。いろんなジャンルの本を読むことや、国内外を問わず、いろいろな場所に出かける時間が作れるのは学生の特権といえるでしょう。楽しく、有意義なキャンパスライフを送ってください。



ページの先頭へ戻る