短期大学部 食物栄養学科

人材育成プログラム

教育課程を経て育成する人材像

短期大学部は、幅広い教養を基礎に深く専門分野を教授研究し、職業又は実際生活に必要な能力を時代のニーズに対応しつつ育成することにより、より高いレベルの教育機会を提供することを目的としています。
食物栄養学科は、広く自然科学分野の知識を基礎にしつつ、社会活動における「食」に関する実践的、専門的な能力を養い、食を通じて健康の維持・増進に積極的に関わることのできる栄養士を育成することを教育目標としています。
—この目標を達成すると、
(1)確かな基礎学力知識の下に、さらに高度で専門的な栄養知識を英知に変える力
(2)栄養知識をヒトに伝えるためのコミュニケーション能力とプレゼンテーション能力
(3)体験型グループ学習の蓄積により培われる協調性と責任感
(4)豊かな感性とヒューマニティ精神等の能力や技能を身に着けた人材
 が育成されます。

能力別カリキュラムとキャリアサポートスケジュール

リンクからそれぞれの詳細がご覧いただけます。

  1年次 2年次
能力別
カリキュラム
1. コミュニケーション能力
2. プレゼンテーション能力
3. 企画力・計画力
4. 創造力・発想力
5. 論理的思考能力
6. 実行力
7. 分析力・判断力
8. 適応能力
9. 責任感
10. 理解力・吸収力
11. 基礎学力
12. 文章表現力
13. 栄養教育・指導に関わる技術
14. 衛生管理に関わる技術
15. 調理加工に関わる技術
16. 給食管理に関わる技術
17. 理化学実験に関わる技術
18. 微生物学実験に関わる技術
19. 情報処理に関わる技術
キャリアサポート 就職支援プログラム