大学院 栄養科学研究科

安達 修一 Adachi Shuichi

栄養科学研究科・管理栄養学科 教授

2sjttj00000066as.jpg

■担当科目

公衆衛生学I・II、食品衛生学実験

■授業

すべての人にとって健康は大切なものです。健康を支えている家族、町や県などの地域、学校や職場、そして社会の仕組み。個人の知識や行動も重要です。管理栄養士として健康の維持、増進に関わっていくための基礎を学びます。

■専門分野及び関連分野

環境保健学

■学位

種類:医学博士 授与大学:埼玉医科大学

■職歴

埼玉医科大学医学部助手、講師、助教授
カロリンスカ研究所栄養・毒性センター客員研究員
を経て平成13年4月より現職

■所属学会

日本食品衛生学会、日本衛生学会(評議員)、日本産業衛生学会(代議員・関東地方会幹事)、大気環境学会(評議員)、日本エアロゾル学会、日本微量元素学会、日本癌学会、日本公衆衛生学会、日本毒性病理学会、日本リスク研究学会、日本小児保健学会

■研究テーマ

環境発がんとその予防因子、リスクアナリシス、動物発がん実験

■研究業績
【論文】
区分 単著/共著 著書・論文名等 発行所・掲載誌・巻・頁 発行等年
論文 共著 Improvement of Serum Zinc Levels in Young Japanese Women by Provision of Food Information.
(DOI 10.1007/s12011-014-0211-5)
Biol Trace Elem Res, 164:169-177, 2015. 2015
論文 共著 食後高血糖予防のための種々の食事介入の効果;若年健康女性への介入による自己測定血糖値の特徴 日本健康医学会雑誌,23(4),279−288, 2015. 2015
論文 単著 粒子状物質と肺がん 呼吸器内科,25(6),509-513,2014. 2014
論文 共著 Development of a Gaseous Nitrous Acid Generation System for Animal Exposure Experiments.
(doi:10.4172/2161-0495.1000165)
J Clin Toxicol 2013,3:4 2013
論文 共著 Effects of Atmospheric Particles and Several Model Particles of Particulate Matter Components on Human Monocyte-Derived Macrophage Oxidative Responses.
(doi:10.4172/2161-0495.1000121)
J Clin Toxicol,2012.3.25,121-125 2012
論文 共著 Histological effect of nitrous acid with secondary products of nitrogen dioxide and nitric oxide exposure on pulmonary tissue in mice.
(doi:10.4172/2161-0494.1000103)
J Clin Toxicol 2011.10.25,103-106 2011
論文 共著 Exposure to polycyclic aromatic hydrocarbons arsenic and environmental tobacco smoke nutrient intake and oxidative stress in Japanese preschool children.
(doi:10.1016/j.scitotenv.2011.04.028)
Sci Total Environ,2011.6.1,2881-2887 2011
論文 共著 ラット尾静脈血を用いた包括的内因性抗酸化活性測定 相模女子大学紀要,2011,3,37-70 2011
論文 共著 Effects of nitrous acid exposure on pulmonary tissues in guinea pigs.
(DOI:10.3109/08958378.2010.496476)
Inhalation Toxicology,2010,9,930-936 2010
論文 共著 母子の尿中1-Hydroxypyreneから見た小児の化学物質曝露と食事との関連
(doi.org/10.3358/shokueishi.51.128)
食品衛生学雑誌,51(3),128-132,2010 2010
論文 共著 日本人小児の多環芳香族炭化水素類曝露評価
(doi.org/10.1265/jjh.64.817)
日本衛生学会誌64,817-823,2009 2009
論文 共著 Questionnaire survey on risk awareness as a basis for implementing risk communication on the health effects of asbestos. 日本リスク研究学会誌,22,2009. 2009
論文 共著 ディーゼル排気粒子中の強変異原3-ニトロベンズアントロンの発がん性とタバコ副流煙との複合曝露の影響 相模女子大学紀要,71B,1-5,2008. 2008
論文 単著 環境アスベストの健康リスク評価-現状と課題- 化学と工業 58,940-947,2007. 2007
論文 共著 A comparison of the production of reactive oxygen species by suspended particulate matter and diesel exhaust particles with macrophages.
(DOI:10.3109/08958378.2010.496476)
Inhalation Toxicology,19,157-160,2007. 2007
論文 共著 DNA adduct formation and oxidative stress from the carcinogenic urban air pollutant 3-nitrobenzanthrone and its isomer 2-nitrobenzanthrone, in vitro and in vivo.
(doi:10.1093/mutage/gel067)
Mutagenesis,22,135-145,2007. 2007
【学会発表】
内容 学会名等 開催等年
モルモット曝露実験における特異的気道抵抗と亜硝酸の関係 日本薬学会第136年会、横浜 2016,3
Nitrous acid induces pulmonary emphysema-like alterations in Guinea pigs. 第89回日本薬理学会年会、横浜 2016,3
Nitrous Acid induces Pulmonary Emphysema-like Alterations in Guinea Pigs. The 13th International Conference on the Atmospheric Sciences and Application to Air Quality(ASAAQ),Kobe,Japan 2015
モルモット特異的気道抵抗に対する亜硝酸曝露の影響 第56回大気環境学会年会、東京 2015
Educational Symposium "Fiber Toxicology" 6th International Symposium on Nanotechnology Occupational and Environmental Health(NanOEH),Nagoya 2013
Mesothelioma induction and the property of fibrous materials. The Second Workshop on the Risk Management of Engineered Nanomaterials,Tsukuba 2013
新規吸入曝露装置を用いたラット4週間吸入曝露試験における性能確認試験 第60回日本実験動物学会総会、つくば 2013
Correlation between plasma N-fragment of expressed in renal carcinoma level and carcinogenicity of fibrous materials. 第71回日本癌学会学術総会、札幌 2012
Histological Lesions and Plasma N-ERC/mesothelin Changes in Rats after an Intraperitoneal Administration of Nanomaterials. IUMRS-International Conference on Electronic Materials(IUMRS-ICEM,2012),Yokohama 2012
Intraperitoneal or intratracheal which is reliable as a route of exposure to rats for the screening of mesothelioma inducibility of fibrous dusts? IMIG2012,Boston 2012
Early lesions in rats after an intraperitoneal administration of nanomaterials including multi-wall carbon nanotube. 第70回日本癌学会学術総会、名古屋 2011
モルモット肺組織に対する亜硝酸曝露の影響-透過型電子顕微鏡による量-反応関係の観察- 第52回大気環境学会年会、長崎 2011
黄砂に対するマクロファージの活性酸素反応 第52回大気環境学会年会、長崎 2011
若年女性における亜鉛不足の現状と改善手法の提案(1)食情報提供による血清亜鉛の改善 第84回日本産業衛生学会、名古屋 2011
若年女性における亜鉛不足の現状と改善手法の提案(2)短期介入の尿中8-OHdG濃度への影響 第84回日本産業衛生学会、名古屋 2011
Factors affecting the baseline of urinary level of 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine 第69回日本癌学会学術総会、大阪 2010
アスベストのリスクと向き合う 日本国際情報学会、東京 2010.11.27
モルモット亜硝酸曝露実験における肺組織影響-光学顕微鏡と電子顕微鏡による量-反応関係- 第51回大気環境学会 2010.9.9
Symposium Rat ERC/mesothelin and early lesions of tumorigenic and nontumorigenic fibrous materials including multi-wall carbon nanotube IMIG2010,Kyoto 2010.9.1
Analysis of early lesions in rats after intraperitoneal administration of nanofibers IMIG2010,Kyoto 2010.8.31
母子尿中8-OHdG量と食事内容との関連性の検討 第80回日本衛生学会総会、仙台 2010.5.11
シンポジウム「ナノマテリアルの腹腔内投与と中皮腫」 第99回日本病理学会総会、東京 2010.4.27
The asbestos management at schools in Japan 4th Annual Asbestos Symposium of Korean Asbestos Management Association,Seoul 2010
【講演】
講演名・内容 開催等年
世田谷シニアスクール「PM2.5の健康影響―呼吸と健康―」 2014
いなぎICカレッジ
プロフェッサー講座「見落とされている栄養不足~現代人に不足しがちな微量栄養素~」
2013
第2回「次世代の環境発がんを考える会」市民公開シンポジウム
「今、ふたたび環境発がん!」繊維状粉じんのラット腹腔内投与による発がん性評価
2011
【外部資金獲得】
内容 期間
食品健康影響評価技術研究委託費(内閣府食品安全委員会)
「食品由来のアクリルアミド摂取量の推定に関する研究」(分担)
2015~2016
戦略的国際科学技術協力推進事業(JST科学技術振興機構)
「工業用ナノ粒子の健康および環境における潜在的リスク管理に関する研究」(分担)
2012~2014
科学研究費補助金、基盤(A)(日本学術振興会)
「環境発がんリスク評価体系-中皮腫惹起能と早期予測指標に関する研究」(分担)
2010~2012
科学研究費補助金、基盤(B)(日本学術振興会)
「わが国で捕集される黄砂がラット呼吸器に及ぼす影響と付着成分との関連に関する研究」(代表)
2009~2012
■社会活動等
  • 環境省中央環境審議会微小粒子状物質環境基準専門委員会委員
  • 環境省健康リスク評価分科会委員
  • 環境省アスベストの飛散に関する基礎情報調査等検討分科会委員
  • 環境省被災地における石綿によるばく露に関する検討員
  • 環境省微小粒子状物質等毒性学文献レビューワーキンググループ委員
  • 東京都環境保健対策専門委員
  • 文京区さしがや保育園アスベスト問題健康対策等専門委員会委員(委員長)
  • 渋谷区ダイオキシン問題等審議会委員
■受験生へのメッセージ

「食」と「健康」について、いっしょに考えましょう。興味(好奇心)と熱意(ヤル気)で自分の将来も拓いていきましょう。

■e-mail

s-adachi(アットマーク)star.sagami-wu.ac.jp


関連リンク