学芸学部 子ども教育学科

教員・在学生メッセージ

教員メッセージ

教員や保育士など子どもにかかわる仕事に就きたい人に

浅見 佳子 専任講師

2018_message_01.jpg 卒業生の多くは、小学校、幼稚園、保育所、施設、認定こども園などに就職し、教育や保育に携わっています。子どもが自ら育とうとする力を支え、その保護者をも支えていく責任ある職務です。専門的な知識や技術を身に付けるとともに、それらの基礎となる理念について深く学び、教育者・保育者としてのあり方やキャリア形成を考えられるように学科独自の講座が組まれています。

在学生メッセージ

幼稚部でインターンシップを経験
いつも子どもが近くにいる環境で学んでいます

子ども教育学科 3年 髙橋さん

2018_message_02.jpg 私が相模女子大学を選んだのは、キャンパス内に認定こども園や小学校があるからです。毎日、子どもたちの様子を伺えるだけなく、教育実習に出る前に幼稚部や小学部でインターンシップを経験して、早くから現場を知ることができます。昨年は幼稚部に3回赴いて、3・4・5歳それぞれのクラスで先生や保育士のお手伝いをしました。
また、障がい児余暇支援のボランティアグループ「どれみんみん♪」に所属して、学内に開設されている「子育て支援センター」で活動しています。最初は軽い気持ちでの参加でしたが、いまではやりがいをもって学園祭で模擬店を運営するなど、積極的に活動しています。学科には小学校や乳児院への就職など、いろいろな目標をもった仲間がいて刺激を受けています。高校での食育の授業をきっかけに子どもの成長にかかわりたいと思う私は、幼稚園教諭免許状と保育士資格の取得をめざしています。