グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  人間社会学部

人間社会学部


「社会」と「心」を探求し、現代社会で活躍する女性を育てます
人間社会学部長 菅沼 崇(人間心理学科 教授)

人間社会学部の特色

社会・心理・情報が一緒に学べる

これからの時代を生き抜く力を学ぶ「社会マネジメント学科」、さまざまな視点から心(こころ)を探求する「人間心理学科」の2学科を設置。両学科はコード・シェアリング(一部専門教育科目を共有するシステム)を通して、社会・心理・情報を一緒に学べます。

私たちの「くらし」をよくする方法を見つける

人間心理、法・制度、組織運営について学び、地域の人たちと協力して、くらしの中に生じるさまざまな問題の解決策を提案し、実行できる人をめざします。

みんなで活動を企画・運営

学生による自主的活動も大きな特色のひとつ。学生が企画・運営するイベント、全国各地での「地域連携」活動、商品開発などの「産学連携」活動といった活躍の場がたくさんあり、本学の「地域貢献度ランキング全国女子大学No.1」※獲得の原動力となっています。
※『日経グローカル』が年に一度発表する「地域貢献度ランキング」において

社会福祉士国家試験受験資格課程

これからの時代に求められるソーシャルワーカーを目指して、人間社会学部では社会福祉士国家試験の受験資格が得られる課程があります。
*編入学生は社会福祉士国家試験受験資格を取得することはできません。
■ 動画『ソーシャルワーカーをめざしませんか』
■ パンフレット

パンフレット1
(社会福祉士を目指す学科紹介)

パンフレット2
(社会福祉士課程の紹介)

ソーシャルワーカーと社会福祉士

ソーシャルワーカーとは、病気や障害、生活状況などさまざまな理由によって、日常生活が困難になった人の相談を受け、安定した生活ができるようにサポートする仕事で、地域・社会・行政へ、活躍のフィールドがどんどん広がっている職業です。社会福祉の分野のなかで、幅広く包括的に仕事ができる国家資格「社会福祉士」は、ソーシャルワーカーになるために最適な資格といえます。

どちらの学科でも受験資格取得可能!

人間社会学部では、社会マネジメント学科・人間心理学科どちらに入学しても、定められたカリキュラムに沿って学ぶことで、社会福祉士国家試験の受験資格を得ることが可能です。
*編入学生は社会福祉士国家試験受験資格を取得することはできません。

まなびの特徴

  • 社会福祉を理解するために必要不可欠な、心理学や法律学、政治学、行政学、社会学などを広く学べます。
  • 授業や授業以外の活動を通して、地域や企業、行政などと協力し、さまざまな人たちとコミュニケーションを図りながら、くらしや社会の問題の解決について提案し、実行できる力を実践的に身につけます。
  • しなやかな発想を持ち、人と人とが支え合う地域社会の実現に向けて、仕事や活動に取り組む人を育てます。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

人間社会学部の学科

明るくあたたかい安心な社会をつくるために、現代のくらしの問題を考え、解決策を提案し、それを実行できる力を身に付けます。


心理・人間文化・社会福祉の3つの領域から、それぞれ科目を選択。 多角的なアプローチにより、人間の心をまるごと学びます。全身を使って体験的に「心とは何か」を追究します。



学科横断プログラム

入試に関わるお問い合わせ

資料請求はこちら

電話:0120-816-332 / 042-749-5533


ページの先頭へ戻る