グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  管理栄養学科 >  吉野 陽子

吉野 陽子


Yoshino Yoko

所属・職位:栄養科学研究科・管理栄養学科 教授
担当科目: 応用栄養学、応用栄養学実習
専門分野及び関連分野:口腔科学、応用栄養学

最終学歴 早稲田大学大学院人間科学研究科 博士後期課程単位取得退学
学位 種類:博士(歯学)
授与大学:鶴見大学
職歴 東京都老人総合研究所(現 東京都健康長寿医療センター研究所)生理老化学系栄養学部門(1990年4月~1991年6月)
女子栄養大学栄養学部実践栄養学科 非常勤講師(2009年4月~2011年3月)
鎌倉女子大学家政学部管理栄養学科 専任講師(1997年4月~2013年3月)
鶴見大学歯学部口腔機能診療科 非常勤講師(2010年4月~現在)など
所属学会 日本栄養・食糧学会、日本歯科薬物療法学会、日本口腔科学会、日本口腔外科学会
趣味・特技 水泳、書道

授業

ライフステージの栄養学実習:各ライフステージにおける特有な問題点や嗜好性および適正な栄養基準量に合わせた食事計画ができる能力を習得することを目的としています。また、自らの身体状況をアセスメントし、食生活上の問題点の明確化と適切な栄養ケアプログラムの作成および評価などを通して実践的スキルを養います。

研究テーマ

慢性ストレスによる唾液分泌低下や唾液タンパク分泌異常の機序解明とそのドライマウス診療への応用、乳幼児や高齢者などの口腔機能の向上を目的とした「唾液分泌・咀嚼と食との関連性」について研究を進めている。

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌・巻・頁 発行等年
その他
(シンポジウム)
単独 高齢社会を支える障害者医療のあり方を考える -終末期までの介護と医療- 「高齢者、障害者歯科医療における栄養の役割」 障害者歯科医学会 2020年
学会発表 共同 フェニレフリン長期投与マウスにおける小胞体ストレスの関与 歯科薬物療法学会 2020年
学会発表 共同 唾液EGFと栄養素摂取量および腸内細菌叢との関係 歯科薬物療法学会 2019年
学術論文 共著 フェニレフリン長期投与マウスにおける唾液EGF分泌の抑制 歯科薬物療法 p.8. 2018年
学術論文 共著 口腔乾燥症患者の舌痛への対処 歯薬療法vol 37(1).pp.9-13. 2018年
学術論文 共著 The Candida species that are important for the development of atrophic glossitis in xerostomia patients BMC Oral Health 17(1).p.153,pp.1-8. 2018年
学術論文 共著 The Relationship between Habitual Dietary Intake and Gut Microbiota in Young Japanese woman J Nutri Sci Vitaminol 63,396- 2018年
学術論文 共著 塩化亜鉛配合の液体歯磨ハイザックNリンスの口臭抑制効果~口臭外来におけるパイロットスタディー~ 歯薬療法vol(3).pp.109-113. 2017年
学術論文 共著 音波舌ブラシSonicare TongCare+の口臭抑制効果 日口臭誌vol 36(3).pp.108-112. 2017年
学術論文 共著 Inhibition of pilocarpine-induced saliva secretion by adrenergic agonists in ICR mice Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology, vol.39, pp.1038-1043. 2012年
学術論文 共著 Salivary 8-OHdG induction by physical exercise training under food restriction The Open Dentistry Journal, vol.5 pp.48-51. 2011年
学術論文 共著 Availability of saliva for the assessment of alterations in the autonomic nervous system caused by physical exercise training Archives of oral biology, vol.54 pp.977-985. 2009年
学術論文 共著 Relationships among Masticatory Ability, Handgrip Strength, and Dietary Habits in Subjects Ranging in Age from Children to Elderlies J.Masticat. & Health Soc, vol.15 (1) pp.2-10. 2005年
学術論文 共著 軽レジスタンス運動が咀嚼機能に及ぼす影響 Health Science, 20巻2号 pp.147-154. 2004年

その他

  • 現在“Involevement of endoplasmic reticulum stress in alterations of mouse salivary protein secretion induced by chronic administration of an a1-adrenergic agonist”というタイトルで英文誌に投稿し、リバイズ論文を作成している。
  • 現在、これまで行ってきた鶴見大学歯学部との共同研究結果を英文誌に投稿する準備を進めており、5月中には完成させる予定である。その後、本学で実施した唾液EGFと腸内細菌叢との関係についても論文投稿する予定である。

社会活動等

学会活動

  • 歯科薬物療法学会理事

その他

  • 鶴見大学歯学部口腔機能診療科 非常勤講師

受験生へのメッセージ

これまで、咀嚼と食との関連性や唾液分泌低下や唾液タンパク異常のメカニズムの解明について研究を進めてきました。口腔機能(咀嚼、嚥下、唾液分泌)と全身の健康は密接に関連しており、乳幼児への食育や高齢者における健康長寿の視点からも注目されています。口腔機能と食との関連性について興味のある人は是非一緒に研究を進めましょう。



ページの先頭へ戻る