グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  管理栄養学科 >  大荒田 素子

大荒田 素子


Ooarada Motoko

所属・職位:管理栄養学科 准教授
専門分野及び関連分野:食品学

最終学歴 東北大学大学院
学位 種類:農学博士
授与大学:東北大学
職歴 千葉大学真菌医学研究センター 助教
徳島大学大学院医歯薬学研究部非常勤講師(兼任)
所属学会 日本栄養・食糧学会、日本農芸化学会、日本油化学会など

ページ内目次


授業

解りやすい授業を心がけます。

研究テーマ

乱れた食生活と生体恒常機能との関係

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌・巻・頁 発行等年
学術論文 共著 Reactive oxygen species up-regulate expression of muscle atrophy-associated ubiquitin ligase Cbl-b in rat L6 skeletal muscle cells. Am J Physiol Cell Physiol 11頁 2018
学術論文 共著 Capric acid up-regulates UCP3 expression without PDK4 induction in mouse C2C12 myotubes. J Nutr Sci Vitaminol.62:32-9. 2016
学術論文 共著 Refeeding with glucose rather than fructose elicits greater hepatic inflammatory gene expression in mice. Nutrition. 31(5):757-65. 2015
学術論文 共著 Cbl-b is a critical regulator of macrophage activation associated with obesity-induced insulin resistance in mice. Diabetes. 62(6):1957-69. 2013
学術論文 共著 Refeeding with a standard diet after a 48-h fastelicits an inflammatory response in the mouse liver. J Nutr Biochem. 24(7):1314-23. 2013
学術論文 共著 Refeeding with a high-protein diet after a 48 h fast causes acute hepatocellular injury in mice. Br J Nutr. 107(10):1435-44. 2012
学術論文 共著 Effects of a high-protein diet on host resistance to Paracoccidioides brasiliensis in mice. Biosci Biotechnol Biochem. 74(3):620-6. 2010
学術論文 共著 Effect of dietary oils on host resistance to fungal infection in psychologically stressed mice. Biosci Biotechnol Biochem. 73(9):1994-8. 2009
学術論文 共著 Beneficial effects of a low-protein diet on host resistance to Paracoccidioides brasiliensis in mice. Nutrition. 25(9):954-63. 2009
学術論文 共著 Effects of dietary fish oil on lipid peroxidation and serum triacylglycerol levels in psychologically stressed mice. Nutrition. 24(1):67-75. 2008

研究資金の申請・獲得


受験生へのメッセージ

4年間こつこつ勉強して管理栄養士国家試験に合格することは、素晴らしい青春だと思います。



ページの先頭へ戻る