グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 

総合型選抜


※2022年度入試情報です(2021.5.10更新)

本学への入学を強く希望し、教育内容を十分理解した方に対して、志望動機や基礎学力、活動歴、学習意欲等を、面接・課題によって総合的に判断、評価し、選抜を行う制度です。

出願資格

  1. 本学への入学を強く希望する方
  2. 自分自身をアピールできる方
  3. 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者、2022年3月卒業見込みの者、高等学校卒業程度認定試験の合格者

以上の条件を満たせば、評定平均値などの基準はありません。
ただし、総合型選抜で同一学科を2回受験することはできません。

募集学科

大学

学芸学部
  • 日本語日本文学科
  • 英語文化コミュニケーション学科
  • 子ども教育学科
  • メディア情報学科
  • 生活デザイン学科
人間社会学部
  • 社会マネジメント学科
  • 人間心理学科
栄養科学部
  • 健康栄養学科
  • 管理栄養学科

短期大学部

  • 食物栄養学科

日程

面接日 アピールシート提出期間 ※4 実施学部
9月11日(土) 9月1日(水)~9月6日(月)必着 学芸学部、人間社会学部、短期大学部
9月25日(土) 9月1日(水)~9月7日(火)必着
※2 9/12(日)に一次選考(適性試験)
栄養科学部のみ※2
10月16日(土) 9月14日(火)~10月12日(火)必着 学芸学部、人間社会学部、短期大学部
11月20日(土) 10月25日(月)~11月16日(火)必着 学芸学部、人間社会学部、短期大学部
12月18日(土) 11月17日(水)~12月14日(火)必着 学芸学部、人間社会学部、短期大学部
2月8日(火) 1月11日(火)~2月2日(水)必着 学芸学部、人間社会学部、短期大学部
3月4日(金) 2月3日(木)~2月28日(月)必着 学芸学部、人間社会学部、短期大学部

注意事項

※1
  • 日本語日本文学科は面接時に「3分間プレゼンテーション」があります。
  • 英語文化コミュニケーション学科は面接時に「英語を学んで叶えたい私の夢」について1分間の発表があります。また、英検、TOEIC®、GTEC等の受験状況、今後の受験予定を尋ねます。ただし、必ず受験していなくてはいけないということではありません。
  • 子ども教育学科は面接時に「7分間プレゼンテーション」があります。
  • メディア情報学科は面接時に「メディアに関して関心ある事柄の発表(2分間程度)」があります。
  • 生活デザイン学科は面接時に「自己アピール」できる何らかの作品を持参し、作品についてのプレゼンテーション(3分間程度)があります。
  • 社会マネジメント学科は面接当日に資料(タイムリーな新聞記事など)を配付し、その資料の音読と内容について質疑応答を行います。
  • 人間心理学科は面接当日に配付する学科の学びと関連した小論文(A4サイズ2枚程度)について質問します。

※2 栄養科学部の総合型選抜では、一次選考でエントリーシートと課題の提出および適性試験があります。
※3 食物栄養学科は面接日に適性試験および面接があります。
※4 アピールシートの提出は、簡易書留郵便もしくは入試課窓口で受け付けます(必着ですのでご注意ください)。
アピールシート郵送先
〒252-0383
神奈川県相模原市南区文京2-1-1
相模女子大学 入試課
入試課窓口受付
平日9時00分~17時00分、土曜日9時00分~12時30分
<11月3日(水・祝)は10時00分~15時00分>

2022年度 総合型選抜の流れ

2020年度AO入試の流れイメージ

学芸学部・人間社会学部・短期大学部の流れ

STEP1:SAGAMIを知る オープンキャンパスなどのイベントへの参加・進学相談
受験生のみなさんは、進学説明会、オープンキャンパス、入試説明会等をとおして、本学への理解を深めてください。STEP1では、あらゆる機会を利用して、本学のこと、総合型選抜のことについて正しく理解することをお勧めします。
■オープンキャンパス

オープンキャンパスは、大学の雰囲気を知る絶好の機会。5~9月のオープンキャンパスでは、「総合型選抜対策セミナー」を実施。総合型選抜についてくわしく説明します。
■進学相談

受験生のみなさんの進路全般から、本学の学科のこと、また総合型選抜の概要、自己アピール内容などについてみなさんにアドバイスをします。
STEP2:自分自身を見つめ直す アピールシートの作成と提出
本学のこと、総合型選抜の趣旨を理解した上で、自分自身をアピールする内容をまとめた「アピールシート」を作成する必要があります。STEP2では、今までの、そしてこれからの自分自身を見つめ直し、それをもとに総合型選抜に臨んでください。
■アピールシートの作成

高等学校もしくは中等教育学校在学時またはここ2~3年力を入れて取り組んだこと、本学への志望動機、入学後の目標、将来への抱負、自己アピール等をできるだけ具体的に記入してください。
※アピールシートは「受験ガイド」巻末にあります。(受験ガイドは5月中旬完成予定)
■アピールシートの提出

上表「日程」の「アピールシート提出期間」内に提出してください。
※1 アピールシートの提出は、簡易書留郵便もしくは入試課窓口で受け付けます(必着ですのでご注意ください)。
STEP3:SAGAMIが受験生を知る面接
提出されたアピールシートをもとに面接を行います。面接日はアピールシートの受付日によって決まります。面接日時は本人宛に通知します。提出されたアピールシートと面接等を通して受験生の個性と勉学の意欲を理解し、本学学生として受け入れるにふさわしいか判断します。
  • 日本語日本文学科は面接時に「3分間プレゼンテーション」があります。
  • 英語文化コミュニケーション学科は面接時に「英語を学んで叶えたい私の夢」について1分間の発表があります。また、英検、TOEIC®、GTEC等の受験状況、今後の受験予定を尋ねます。ただし、必ず受験していなくてはいけないということではありません。
  • 子ども教育学科は面接時に「7分間プレゼンテーション」があります。
  • メディア情報学科は面接時に「メディアに関して関心ある事柄」について発表(2分間程度)があります。
  • 生活デザイン学科については「自己アピール」できる何らかの作品を持参し、作品についてのプレゼンテーション(3分間程度)があります。
  • 社会マネジメント学科は面接当日に資料(タイムリーな新聞記事など)を配付し、その資料の音読と内容について質疑応答を行います。
  • 人間心理学科は面接当日、学科の学びと関連した小論文(A4サイズ2枚程度)を面接の前に配付し、読む時間を10分程度与えます。面接では、その内容について質問します。
  • 食物栄養学科は面接日に適性試験および面接を実施します。
■ 面接
受験生1名に対して、面接担当者3名で行います。アピールシートに基づく質問と口頭試問により適性を判断します。面接時間は1人15~20分程度です。選考結果は、面接後1週間程度で本人宛に通知します(現高等学校3年生もしくは現中等教育学校6年生で卒業見込者には在籍学校宛にも通知します)。本学学生として受け入れるにふさわしいと判断した場合には、「合格内定通知書」と出願書類が送付されます。
選考結果通知
検定料振込・願書提出
(WEB出願後、出願書類(願書等)を郵送)
面接を受けた月 出願締切(消印有効)
※3月8日のみ必着
合格発表日 手続締切
(振込有効)
9~10月 11月15日(月) 11月27日(土) 12月3日(金)
11月 12月7日(火) 12月18日(土) 12月24日(金)
12月 1月17日(月) 1月29日(土) 2月4日(金)
2月 2月26日(土) 3月6日(日) 3月11日(金)
3月 3月8日(火)必着 3月12日(土) 3月18日(金)
合格通知の受領
入学前ガイダンス
入学

栄養科学部の流れ

STEP1:SAGAMIを知る オープンキャンパスなどのイベントへの参加・進学相談
受験生のみなさんは、進学説明会、オープンキャンパス、入試説明会等をとおして、本学への理解を深めてください。STEP1では、あらゆる機会を利用して、本学のこと、総合型選抜のことについて正しく理解することをお勧めします。
■オープンキャンパス

オープンキャンパスは、大学の雰囲気を知る絶好の機会。5~9月のオープンキャンパスでは、「総合型選抜対策セミナー」を実施。総合型選抜についてくわしく説明します。
■進学相談

受験生のみなさんの進路全般から、本学の学科のこと、また総合型選抜の概要、自己アピール内容などについてみなさんにアドバイスをします。
■勉学意欲の確認

本学のスタッフとの事前面談で、志望動機等の確認を行います。オープンキャンパス、進学相談会等の機会を利用して面談してください。遠方の方は、電話での事前面談も受け付けます。
STEP2:事前面談
本学のスタッフが面談を行い、受験生の勉学意欲、総合型選抜への適性を判断します。適性があると判断した場合は、栄養科学部総合型選抜エントリーシートおよび課題に関する資料をお渡しします。
■エントリーシートと課題提出

事前面談でエントリーシートと課題を受け取った方で、STEP3を希望する方は、提出期限内にエントリーシートと課題を提出してください。
STEP3:一次選考(適性試験・書類選考)
9月12日(日)に適性試験を行います。その得点とすでに提出されたエントリーシートおよび課題にて総合評価を行い、二次選考に進む方を選考します。一次選考結果は、本人および在籍学校(現高等学校3年生もしくは現中等教育学校6年生のみ)宛に通知します。
STEP4:二次選考(発表・面接)
提出した課題についての発表・質疑応答および栄養科学部の各学科への適性を総合的に評価します。

面接日:9月25日(土)
■課題の発表と面接

この面接では、提出した課題を面接担当者に口頭で発表していただきます。また、口頭試問を行い、総合的に適性を判断します。面接時間は約30分の予定です。選考結果は、面接後1週間程度で本人宛に通知します(現高等学校3年生もしくは現中等教育学校6年生で卒業見込者には在籍校宛にも通知します)。本学学生として受け入れるにふさわしいと判断した場合には、「合格内定通知書」と出願書類が送付されます。
選考結果通知
検定料振込・願書提出
(WEB出願後、出願書類(願書等)を郵送)
面接日 出願締切
(消印有効)
合格発表日 手続締切
(振込有効)
9月25日(土) 11月15日(月) 11月27日(土) 12月3日(金)
合格通知の受領
入学前ガイダンス
入学

Q&A(よくある質問)

Q. 総合型選抜にチャレンジするつもりなのですが、オープンキャンパスに参加した方がよいのでしょうか。

A. 総合型選抜の最初のステップは、本学のことをよく理解することから始まります。オープンキャンパスは、学科説明、模擬授業、個別相談、学科の先輩と話そう!など、教員や在学生と直接会話することができます。本学や希望する学科について理解するには最適な機会ですので参加することをお勧めします。

Q. 総合型選抜では、検定料はいつ振り込むのですか?

A. 選考結果に基づいて「合格内定通知書」を受け取った後となります。アピールシート(エントリーシート)提出時には、検定料は必要ありません。また、アピールシート(エントリーシート)は市販の封筒に入れて提出してください。その際、調査書は必要ありません。

Q. 「合格内定」と「合格」はどのように違うのですか?

A. 面接後、大学が「この受験生にはぜひ本学に入学してほしい」と判定した受験生には「合格内定通知書」が送付されます。この段階では、まだ合格ではありません。内定と考えてください。この合格内定通知を受ければ、あとは指定された期間内に検定料を振込み、出願書類(志願票・調査書または高等学校卒業程度認定試験の合格証明書)を提出して、不備がなければ合格通知が届き、この段階で合格となります。なお、出願はWEB(インターネット)出願となります。詳しくは合格内定者に送付される総合型選抜の入学者選抜要項にてご確認ください。

Q. 高等学校時代、それほど顕著な活躍がないのですが、大丈夫ですか?

A. 本学の総合型選抜は、一芸選抜のようなものではありません。顕著な活躍がなくても、志望動機、将来の目標等をしっかりとアピールシート(エントリーシート)にまとめて合格する受験生は多くいます。

Q. 面接ではどのようなことを聞かれるのですか?(大学栄養科学部以外)

A. 事前に提出いただいているアピールシートをもとに面接を行います。想定される答えを事前に用意しておくとよいでしょう。また、基礎学力および入学後の適性を見るための口頭試問を行います。入学を希望する学科に関連する基礎知識はつねにまとめて頭に入れておくべきでしょう。
日本語日本文学科では面接の中で「自分らしさ」を表現するプレゼンテーションを制限時間3分間で自由に行っていただきます。その際必要なものを持参してもかまいません。
メディア情報学科は面接の中で「メディアに関して関心のある事柄」について発表をしていただきます(2分間程度)。
生活デザイン学科は「自己アピール」できる何らかの作品(作品の指定はありません)を持参し、作品についてのプレゼンテーション(3分間程度)を行っていただきます。

Q. 英語文化コミュニケーション学科で面接時に行う「英語を学んで叶えたい私の夢」は、英語での発表ですか?またその他準備は必要ですか?

A. 英語でなくても構いません。英語を学んで叶えたい夢を1分間で語ってください。
また、英検、TOEIC®、GTEC等の受験状況、今後の受験予定を尋ねます。ただし、必ず受験していなくてはいけないということではありません。

Q.子ども教育学科で面接時に行うプレゼンテーションとは、どのようなことをすればいいのですか?

A.子ども教育学科では、面接時に、「子どもの教育・保育に関する関心あるテーマ」について、もしくは、自分のこれまでの経験を踏まえた「子どもの教育・保育」についてのプレゼンテーション(7分程度)を行っていただきます。時間内であれば実際の実技(教育・保育に関係する演奏、読みきかせなど)を行うこともできます。詳細は、オープンキャンパスで相談することができます。

Q.面接時に行うプレゼンテーションで、パソコンや楽器等を使用することは可能ですか?

A.プレゼンテーションの際に必要なものや使用したいものについては、巻末のアピールシートに記入箇所があるのでそちらに明記してください。なお、パソコンやホワイトボードは本学で用意できますが、用意できないものもありますので、使用する機材については事前に入試課までご相談ください。

Q. 社会マネジメント学科および人間心理学科が面接当日に配付する資料についてどのようなことを聞かれるのですか?

A.社会マネジメント学科は面接当日、控室にて資料(タイムリーな新聞記事など)を配付します。お手持ちのスマートフォンなどを使用して資料について事前に調べることは可能ですので、面接時間まで音読の練習や資料について下調べをしてください。面接では配付した資料について質問をします。
人間心理学科は面接当日、学科の学びと関連した小論文(A4サイズ2枚程度)を面接の前に配付し、読む時間を10分程度与えます。面接では、その内容について質問します。

Q. 短期大学部食物栄養学科の適性試験って何ですか?

A. 短期大学部食物栄養学科では、面接日に適性試験および面接を実施します。適性試験は生物と家庭科全般の基礎学力を問う内容で、適性試験、面接の評価およびアピールシートを総合して選考を行います。適性試験の過去試験問題をこのページの下部に掲載しておりますので参考にしてください。

Q. 総合型選抜と推薦型選抜は、両方とも出願できますか?

A. 全く違う選抜制度ですので、可能です。

栄養科学部 総合型選抜Q&A

Q. 栄養科学部(健康栄養学科、管理栄養学科)の事前面談って何ですか?

A. 志望動機、適性等を見るための面談です。はっきりとした目的がなくエントリーすることは望ましくありません。本学のスタッフが事前にお話を伺い、問題ない場合は、課題とエントリーシートをお渡しします(6月より開始)。課題とエントリーシートを受け取ったら次のステップに進んでください。万が一、通過できない場合でも、日を改めて再度事前面談を受けることができます。

Q. 適性試験って何ですか?

A. 基礎学力を問う内容で、エントリーした方全員を対象に、9月12日(日)に実施します。前年度の問題はこのページの下部に掲載しております。なお、適性試験、エントリーシート、課題の評価を総合して一次選考を行います。

Q. どのくらいの人が二次選考に進むのですか?

A. 健康栄養学科、管理栄養学科とも、総合型選抜での募集人員の2倍前後です。

Q. 栄養科学部(健康栄養学科、管理栄養学科)の課題は、どのような内容ですか?

A. 各学科の教育内容に深くかかわる課題となります。提示されたテーマについて、自分で調べ、自らの意見を2,000字程度でまとめていただきます。

Q. 二次選考は具体的にどのようなことをするのですか?

A. 二次選考では、課題発表と面接を行います。時間は約30分。前半では、すでに提出した課題について発表をしていただきます。発表の形式は自由です。紙(A3程度)に要旨をまとめて、それをもとに発表することも可能です。後半では、発表した内容とエントリーシートについて、質疑を行います。同時に、入学後の適性を見るための簡単な口頭試問も行います。

適性試験について

※2021年度よりAO入試は「総合型選抜」へ名称が変更されました。

栄養科学部の過去適性試験問題

短期大学部食物栄養学科の2022年度適性試験出題範囲

短期大学部食物栄養学科の過去適性試験問題

※2022年度入学者選抜では出題範囲が「生物・家庭科」となります(「化学」がなくなりますのでご注意ください)。

高校コードについて

高校コードは大学入試センターのHPで公開しています。
こちらからご参照ください。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

入試に関わるお問い合わせ

資料請求

電話:0120-816-332
携帯電話から:042-749-5533


ページの先頭へ戻る