グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  学校法人相模女子大学 >  広報活動 >  メディア掲載情報

メディア掲載情報


メディアで知る相模女子大学

本学幼稚部から大学院までのメディア掲載情報(新聞・雑誌掲載、メディア出演に関する情報)ページです。様々なメディアに取り上げられた本学学生・生徒、教員の活躍からイベントの開催概要など、一覧にまとめて掲載しています。

最新の掲載情報(2021年6月)

掲載日/放映日 媒体名 内容 備考
6月17日 信濃毎日新聞 長野県安曇野市議会が、外国人と共生する理念などを定める「外国人基本法」制定を求め、国会と政府に意見書を提出する見通しとなった記事の中で、外国人の人権問題の専門家として奥貫妃文准教授(社会マネジメント学科)のコメントが掲載されました。 教員・個人
信濃毎日新聞(web)
6月15日 広報さがみはら 特集「東京2020オリンピック 聖火リレーが相模原にやってくる」の中で、市内を走るランナーのうち相模原市にゆかりのある人物の1人として小泉京美教授(英語文化コミュニケーション学科)のコメントが掲載されました。 教員・個人
6月14日 DQ JAPAN
((株)サイバーフェリックス運用サイト)
デジタル教育事業やDQ(※)の研究開発をする株式会社サイバーフェリックスが、GIGAスクール構想において1人1台端末の活用や持ち帰り運用に課題を抱える教職員向けに、DQ活用ウェビナーを開催した記事の中で、川原田康文校長(小学部)がウェビナーに登壇し、児童のICT自律活用を支えるデジタルシティズンシップ教育の事例について、既に1人1台端末の活用が進んでいる本学小学部での取り組みを交えて紹介した旨と、川原田校長のコメントが掲載されました。
(※)DQ(デジタルインテリジェンス):デジタルライフの課題に向き合い、ニーズに対応するために必要な技術・精神的・社会的スキルの総称
小学部
6月13日 BSフジ ドキュメンタリー番組「ガリレオX」の第244回「アイドルの正体 さようならすべての先入観」放送回において、塚田修一専任講師(メディア情報学科)のコメントが放送されました。 教員・個人
6月12日 東京新聞 東京オリンピック聖火リレーにおいて、神奈川県内の公道での実施が中止となった記事の中で、6/29に聖火ランナーとして相模原市内を走る予定だった小泉京美教授(英語文化コミュニケーション学科)のコメントが掲載されました。 大学・短大
6月20日 EdTechZine SB C&S株式会社が実施するSTEAM教育のオンライン専用講座「STELABO Online」に、「Pepper」を使用したコースを新たに開講した記事の中で、「Pepper」プログラミング教育の第一人者であり、WRS(World Robot Summit)ジュニア競技委員である川原田康文校長(小学部)がカリキュラム作成の監修に携わった旨が掲載されました。 小学部
6月14日 ICT教育ニュース
6月11日 PR TIMES
6月8日 読売新聞
オンライン
本学中学部で新入生歓迎会が開催され、1~3年生の生徒が縦割りグループに別れ、宝探しや宅配便リレーなどのゲームを楽しんだほか、クラスごとのダンス発表を行った旨が掲載されました。 中学部・
高等部
6月6日 たつの新聞 荒川由貴教諭(小学部)による作品展「荒川由貴展~華麗なる勝負師の物語」が6/5より辰野美術館(長野県伊那郡辰野町)にて開催される旨と、作品の紹介、ならびに荒川教諭と棋士の佐藤天彦九段によるトークショーが開催される旨が掲載されました。 小学部
6月4日 Nagano Nippo Web
6月 ぞっこん!相模原
(J:COM)
「みんなで応援しよう!相模原市のオリンピック」と題し、東京オリンピック聖火リレーにおける市内の聖火ルートなどを紹介する番組の中で、走者の一人として小泉京美教授(英語文化コミュニケーション学科)のコメントが放送されました。 教員・個人

ページの先頭へ戻る