グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  学芸学部 >  子ども教育学科 >  3つのポリシー

3つのポリシー



入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

  1. 教育専門職・保育専門職に就くことを明確に希望する者。
  2. 子ども理解・子育て支援・特別支援に対する強い興味関心や問題意識をもつ者。
  3. 教育実践・保育実践現場の経験を活かし、さらなる資質能力の向上を目指す者。
  4. 子どもの教育という視点から現代社会を広く深く考察したい者。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. 教育・保育における本質となる理念・理論および基礎的な技能を身につける科目を配置する。
  2. 教育・保育等の現場において、知識にもとづく指導および適切な判断と対応が行えるよう、実践的な技術や方法を習得させる科目を置く。
  3. 教育・保育等にかかわる多様な体験的学びを通して、企画力やコミュニケーション能力を培うとともに、自立した判断力と行動力を養う。
  4. 教育・保育等の現場での実習や実体験を通して、相手や課題・問題に応じた対応力・解決能力を高め、反省的実践能力を育てる。
  5. 教員・保育士になる者として、常に今日的な課題に目を向け考察するとともに、自己の教育・保育に対する理念を探求する態度を持ち続け、その責務を果たす力を養う。

学位授与 方針(ディプロマ・ポリシー)

子ども教育学科の目的は、理念にもとづいた思考力と実践的な教育力を身につけた、教育・保育の専門家の育成にある。この目的に鑑み、次の能力や知識・技能を身につけ、卒業に必要な単位数を修得するなどの要件を満たす者に学位を授与する。
  1. 教育者・保育者として求められる専門的知識および思考力・判断力。
  2. 教育・保育の現場におけるさまざまな課題に対応できる、実践的な技能。
  3. 次代の社会の形成者として必要な、幅広い知識や教養。
  4. 教育・保育活動に必要な、他者と協働する力やコミュニケーション能力。

ページの先頭へ戻る