グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 

関根 康子


Sekine Yasuko

所属・職位:食物栄養学科 専任講師
担当科目:食物基礎演習、食品学実験
専門分野及び関連分野:食品学分野

学位 種類:学士(家政学)
所属学会 日本食品科学工学会、日本栄養・食糧学会、日本栄養改善学会、日本透析医学会 他

ページ内目次


授業

「食物基礎演習」と「食物基礎科学」は、入学後の最初の学期に開講されている科目です。この二つの科目では、栄養士資格取得につながる種々の専門教科を学ぶ上での基礎知識となる「五大栄養素」を中心に学習します。
短大に進学し、未知の専門分野の学習に踏み込む「不安」な気持ちを、「興味」や「好奇心」に転換させることを目指して、全員参加型の授業を展開します。

研究テーマ

食品に含まれる生理活性物質の性質と作用機作に関する研究

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌・巻・頁 発行等年
論文 共著 亜硝酸塩無添加ハム製品中の有機酸の定量 「相模女子大学紀要」vol.68B 2005
論文 共著 ウメ果実中のアミグダリン加水分解酵素emulsinの性質について(Ⅱ) 「相模女子大学紀要」vol.62 1999
論文 共著 カドミウム添加の蒸留水と河川水で飼育されたヒメダカの毒性発現の差異とその機序の検討 「民族衛生」vol.63 No.3 1997

受験生へのメッセージ

大学や短期大学というところは、社会に出たときに必須である「自ら考え、自ら調べ、自ら行動できる力」を仕上げる場です。
与えられるのを待っているだけではなく、意欲をもって能動的に学習に取り組めば、必ず「目からウロコが落ちる」ような知的体験が味わえます。
学生の皆さんの潜在能力は無限です! 可能性も無限です!
私達教職員は、皆さんの「学習したい欲求」を全力でサポートします!!



ページの先頭へ戻る