グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  子ども教育学科 >  池田 仁人

池田 仁人


Ikeda Yoshito

所属・職位:子ども教育学科 教授
担当科目:生活科指導法、保育内容(生活)
専門分野及び関連分野:理科教育学、生活科教育学、幼児期の自然科学

最終学歴 兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科修了
学位 種類:博士(学校教育学)
授与大学:兵庫教育大学
所属学会 日本理科教育学会、日本生活科総合的学習教育学会、日本保育学会 他
趣味・特技 山歩き、車に乗ること、音楽を聴くこと


授業

幼児や小学校低学年の子どもたちは、遊びなど、実際の活動をとおして自然や社会について学んでいきます。学生の皆さんには、そのことを体験と理論の両面から理解していって頂きたいと思います。子どもを見取る力、保育・教育実践力を身につけていきましょう。

研究テーマ

  • 幼児、小学年低学年児童の科学的萌芽のあらわれについて
  • 生活科における科学的思考の発達について
  • 科学的好奇心・探究心を育てる理科授業

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌・巻・頁 発行等年
論文 共著 新人保育者に期待される素養について 「子ども教育研究」第6号 2014.3
著書 共著 生活科教育の基礎と実際 文化書房博文社 2013.6
論文 共著 小学校3年生の植物観察における認知型グループ編制の影響 日本理科教育学会誌『理科教育学研究』第53巻,2号 2012.11
論文 共著 理科授業の評価と改善に関する実践的研究「基本的な科学のプロセススキル」を視点とした随時授業評価 日本教科教育学会誌『日本教科教育学会誌』第33巻,2号 2010.1
論文 単著 自信を深め活動を広げる生活科の実践的研究-1年生の学び合いの可能性を探る 日本生活科・総合的学習教育学会誌『せいかつか&そうごう』第14号 2007.3
論文 共著 低学年児童の『気付き』の表現に関する研究-生活科におけるオノマトペの機能- 日本理科教育学会誌『理科教育学研究』第45巻,3号 2005.3

社会活動等

  • 相模女子大学教員免許更新講習講師
  • 相模原市幼稚園協会主催教員免許更新講習講師
  • 相模原市立青葉小学校学校評議員
  • (株)学校図書「生活科」教科書執筆

受験生へのメッセージ

子どもたちは生活している環境の中でいろいろなことに気付きます。そして様々な方法で表現します。そうした気付き・発見を見逃したくない方、将来、なんとしても「先生」になりたい方、ぜひ、本学子ども教育学科へ来てください。



ページの先頭へ戻る