グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  子ども教育学科 >  渡邊 佐恵子

渡邊 佐恵子


Watanabe Saeko

所属・職位:子ども教育学科 講師
担当科目 :音楽Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、“楽”習活動研究(芸術系)
専門分野及び関連分野:音楽学、音楽教育学

最終学歴 お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科比較社会文化学専攻音楽表現学コース博士前期課程修了
同大学院博士後期課程在籍中
学位 種類:修士(人文科学)
授与大学:お茶の水女子大学大学院
職歴
  • 桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室(お茶の水教室)ソルフェージュ科非常勤講師
  • 文京区立お茶の水女子大学こども園保育補佐員
  • お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科 リサーチ・アシスタント など
所属学会 お茶の水音楽研究会、相模女子大学子ども教育学会、東洋音楽学会、日本音楽教育学会、日本保育学会、日本保育者養成教育学会、保育教諭養成課程研究会


授業

「音楽Ⅰ~Ⅲ」では教員になるために必要なピアノの基礎を教えています。
「“楽”習活動研究」は音を自由に楽しめるような内容になっています。

研究テーマ

子どもたち同士のかかわりから見られる音楽的表現について、音楽の場が構築される過程に着目して研究しています。
また、明治期の手風琴(アコーディオン)や戦後の小学校の器楽教育における合奏用アコーディオンについても研究しています。

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
学術論文 単著 「小学校音楽科における教育用楽器としての合奏用アコーディオン-1958(昭和33)年『小学校学習指導要領』までの資料の検討を中心に-」 『子ども教育研究』
第12号:13-24.
2020
学術論文 単著 「保育の場での2歳児のかかわりから見られた音楽的表現について」 『お茶の水音楽論集』
第21号:67-83.
2019
学術論文 単著 「2歳児と3歳児の音楽的表現としての音声表現の模倣-相互のかかわりに着目して-」 『人間文化創成科学論叢』
第21巻:135-144.
2019
学術論文 単著 「2歳児と3歳児のかかわりから生まれる音楽の場-「歌い手」と「聴き手」による表現に着目して-」 『子ども教育研究』
第11号:11-21.
2019
学術論文 単著 「2歳児と3歳児の関わりのなかで見られた音楽表現-表現が伝わる過程での2歳児の行動に着目して-」 『子ども教育研究』
第10号:11-20.
2018
学術論文 単著 「手風琴の曲集の新聞広告について-箸尾竹軒著『手風琴獨案内』の広告分析を中心に-」 『お茶の水音楽論集』
第18号:213-227.
2016
学術論文 単著 「手風琴の曲集について-その記譜法を中心に-」 『お茶の水音楽論集』
第17号:13-30.
2015

社会活動等

学会活動

  • 東洋音楽学会会報編集委員会参事(2014年11月~2016年11月)

受験生へのメッセージ

子どもたちの多様な表現を理解して受けとめ、一緒に楽しめるよう、共に考え実践しながら学んでいきましょう。



ページの先頭へ戻る