奨学金 奨学金制度について

日本学生支援機構奨学金

(※日本学生支援機構は2004年4月に設立され、日本育英会の権利、義務を承継しています)

日本学生支援機構では、人物・学業ともに優秀かつ健康であるが経済的に困難である学生に対して奨学金を貸与します。貸与期間は卒業までです。ただし、毎年度末に行う「適格認定」により成績や家計等を再審査し、継続の判断をします。返還は卒業後に始まります。

種類 対象 貸与月額(予定) 出願資格
第一種
(無利子)
大学 H29年度以前入学者
下記金額から選択
自宅生 3万円、5万4千円
自宅外生 3万円、5万4千円、6万4千円

H30年度以降入学者
下記金額から選択
自宅生 2万円、3万円、4万円、5万4千円
自宅外生 2万円、3万円、4万円、5万円、6万4千円
※申込時における家計支持者の年収が一定額以上の場合、各区分の最高月額は選択不可(H30年度以降入学者のみ)

学力:
1年生は高校調査書評定平均値が3.5以上
※家計基準により異なる

2年生以上は学科上位1/3以内

家計:機構が定める所得上限以内

短大 H29年度以前入学者
下記金額から選択
自宅生 3万円、5万3千円
自宅外生 3万円、5万3千円、6万円

H30年度以降入学者
下記金額から選択
自宅生 2万円、3万円、4万円、5万3千円
自宅外生 2万円、3万円、4万円、5万円、6万円
※申込時における家計支持者の年収が一定額以上の場合、各区分の最高月額は選択不可(H30年度以降入学者のみ)
大学院
博士前期課程
下記金額から選択
5万円、8万8千円

学力:学業が特に優れ、将来有望な者

家計:機構が定める所得上限以内

大学院
博士後期課程
下記金額から選択
5万円、12万2千円
第二種
(有利子)
大学
短大
下記金額から選択
2万円~12万円(1万円単位)

学力:学科平均水準以上と認められる者

家計:機構が定める所得上限以内

大学院
博士前期課程
下記金額から選択
5万円、8万円、10万円、13万円、15万円

学力:学業が特に優れ、将来有望な者

家計:機構が定める所得上限以内

大学院
博士後期課程

学力:学業が特に優れ、将来有望な者

家計:機構が定める所得上限以内

※ 給付型奨学金(大学・短大進学予定者)については、日本学生支援機構(JASSO)のホームページを参照してください。

申請者は入学時に個別対応となりますので、学生支援課窓口までお申し出ください。

日本学生支援機構奨学金(貸与)、相模女子大学奨学金、相模女子大学後援会給付奨学金の「募集説明会」は毎年4月の新入生オリエンテーション時に実施します。
在学生の募集も同日時ですので3月に掲示でお知らせします。
説明会を欠席した場合は奨学金の出願はできませんので注意してください。

なお、入学後家計の急変により、緊急に奨学金の貸与を希望する場合には、募集時期を問わず、いつでも学生支援課にご相談ください。