国際交流 モナシュ大学

語学研修

語学研修について

項目 内容
参加資格 全学科学生対象(卒業年次生除く)
※TOEIC300点以上
※PCもしくはタブレットを現地に持参すること
募集定員

20名

*定員になり次第締切りとなります。
*申込人数が少ない場合は催行を中止することがあります。

募集締切 2017年11月8日(水)17:00まで
研修期間 2018年2月6日(火)~3月18日(日)★41日間
参加費用 概算:約55万円
※研修費、旅行費、滞在費等を含む。
滞在形式 ホームステイ
申込方法 募集説明会に必ず参加し、募集説明会で配付する参加申込書、健康調査報告書、誓約書を連携教育推進課に提出してください。申込後、ガイダンスに出席してください。
お問合せ先 連携教育推進課 ※マーガレット本館1階(5番窓口)
募集説明会
※どちらか都合の良い方に参加してください。飲食可です。
- 時間 場所
第1回

10月4日(水)

 

12:15~12:55

 

2141教室(マーガレット本館)

第2回 10月13日(金)

研修内容

春季英語研修セミナー

monash.jpg

Monash Englishと呼ばれるモナシュ大学独自の英語集中プログラムを受講します。

授業は毎回アクティブ!決まったテキストは使用せず、学生がたくさん英語を話すことができるよう毎回インストラクターが工夫を凝らします。

● 事前に行われるクラス分けテストの結果、受講クラスが決定します。
● 1週間の授業時間数は20時間。1日4時間。

a) 12時間: English Skills 英語基礎
b)  8時間: Academic Skills プレゼンテーションの方法など、より高度で、実践的な英語学習

ADEC (Academic Development and Enhancement Centre)

Monash Englishで勉強する学生たちは、それぞれの目的や伸ばしたい箇所を事前に考え、勉強プランを立てることになっています。それはILP(Independent Learning Plan)と呼ばれていて、学生それぞれが自分のILPを達成できるよう、開設されたのがADEC(Academic Development and Enhancement Centre)です。
ADCEには専門スタッフが常駐し、担当教員と共にみなさんのサポートをします。

ADECには様々なWorkshopメニューが揃っていて、苦手な部分を強化することができます。また様々な英語教材が用意されていて、ADECで充実した自習時間を過ごすことができます。

自習時間の過ごし方

Monash Englishでは、受講生に対し、1週間に5時間の自習を義務付けています。

自習センター(Academic Development and Enhancement Centre)

オーディオ・ビジュアル教材をはじめ、自習を行うための様々な教材が用意されています。 また、スタッフも常駐し、受講生の自律学習をサポートします。

単位認定

英語研修セミナー修了者には、2単位が認定されます。
(修了者=受講クラスにおいて合格点以上の評価を受けた者)

● 大学生
・英語文化コミュニケーション学科の学生は全学共通科目2単位
  または専門教育科目2単位のどちらかを認定。
・上記学科以外の学生は全学共通科目2単位を認定。

● 短大生
・全学共通科目2単位を認定。

アクティビティー

オプショナルツアー
※現地にてお申込、お支払い
自然の宝庫でありフィリップ島に野生のペンギンを見に行くツアーなどがあります。このツアーではカンガルー、ワラビー、コアラなど、オーストラリアを代表する野生動物に出会うこともできます。
ペンギンパレードツアー以外にも、グレートオーシャンツアーをはじめ、オーストラリアの雄大な自然を満喫できる各種オプショナルツアーを選ぶことができます。

関連リンク