国際交流 マニトバ州立大学

マニトバ州立大学

University of MANITOBA

University of MANITOBAマニトバ州立大学(カナダ・マニトバ州ウィニペグ)

 

 

マニトバ州立大学(カナダ・マニトバ州)

マニトバ州立大学は、1877年に創立された、カナダ西部でもっとも伝統のある州立の総合大学です。農学部、薬学部、建築学部をはじめとする19学部に、 生涯学習教育などの5つの学校を有しています。学生数も52,000名というスケールの大きさ。英語とフランス語が公用語であるカナダでは、バイリンガル 教育に力が入れられ、マニトバ州立大学でもフランス語圏の学生や社会人に対する英語教育を30年以上前から実施。カナダで最も充実した英語習得プログラム の1つとして評価されています。

マニトバ州都ウィニペグ

マニトバ州の州都、ウィニペグは、ちょうどカナダの真ん中に位置し、古くは、東部と西部を結ぶ交易の起点として栄えました。カナダ第7の都市であるウィニ ペグは、オフィスビルが建ち並ぶ近代的な景観とは対照的に、ヨーロッパ的な雰囲気も漂う、落ち着いた佇まいの美しい町です。カナダの中でも移民のバランス が良く取れているとされ、民族料理やフェスティバルが楽しめるのも魅力です。また、この街は、文化レベルも高く、世界的に有名なロイヤル・ウィニペグ・バ レエ団やウィニペグ交響楽団の本拠地でもあります。ウィニペグは、カナダの「多様性」を感じるのに最もふさわしい街といえるでしょう。また、くまのプーさ んのモデルになったくまの出身地としても有名で、原題の“Winnie-The-Pooh”の“Winnie”は“Winnipegウィニペグ”に由来し ます。

英語研修のメッカ、カナダ

日本人にとってカナダでの英語研修は多くのメリットがあります。その理由の大きく分けて4つ。まず第一に、カナダで話されている英語は、言いまわし、発音 ともに、オーソドックスで親しみやすく、聞き取りやすい英語です。また、地域的な「なまり」も少ないと言えます。第二に、カナダには、英語とフランスとの 2つの公用語があるため、語学教育に非常に熱心で、指導者の数、質ともに、世界でトップレベルにあります。第三に、カナダは生活水準、文化水準が高く、治 安も良いので安心して滞在できます。そして、最後に、「モザイク国家」という別名がある通り、多種多様な人種から構成されている国で、互いにそれぞれの文 化を尊重している点が挙げられます。

充実した施設

274ヘクタール(約東京ドーム58個分)という広大な敷地の中に、3つの図書館をはじめ、屋内アイスリンク、屋内プール、テニスコート、スカッシュコート、アスレチックジム、グラウンドなど、充実した施設が整えられており、これらの施設を利用することができます。

関連リンク