グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  在学生の皆様へ >  授業・単位について >  単位互換について

単位互換について



他学部他学科履修

(1)他学部他学科履修とは

相模女子大学では、所属する学部学科以外の開講科目を受講できる、他学部他学科履修という学習制度を設けています。これにより学生は在学中に学部や学科を問わず様々な学問分野を学ぶことができるので、自身の専門科目以外の知識も幅広く養うことができます。

(2)履修上の注意

他学部他学科履修は、それぞれの学部・学科で指定された科目(開放科目)以外は履修することができません。開放科目の内容は年度によって異なりますので履修登録時に学修・生活支援課で確認してください。ただし、履修は所属学科の学生を優先しますので、科目によっては履修できない場合があります。
他学部他学科履修する場合、1セメスターにつき27単位(2018年度以降の入学生は24単位)まで登録することができますが、全学共通科目と自分が所属する学科の専門教育科目の合計が24単位を超えて登録されていないことが前提条件となります。

(3)履修方法

学期の初めに行う履修科目追加・訂正期間に専用の申込用紙(「他学科科目履修登録票」)で申請します。

(4)履修単位の取り扱い

修得した単位は、自由科目の単位として充当することができます。

学外単位互換

(1)学外単位互換とは

相模女子大学・相模女子大学短期大学部が加盟する首都圏西部大学単位互換協定会により、これらの大学や短期大学に所属する学生が「単位互換履修生」となって他大学の授業科目を履修することができる制度です。修得した単位は、相模女子大学・相模女子大学短期大学部の単位として認定されます。

(2)履修上の注意

加盟大学から単位互換科目として提供された科目の中から、希望する科目を出願し受講します。科目を開設する大学の時間割に従って受講しますので、本学の時間割とあわせて無理のない履修が望まれます。

(3)履修方法

履修希望者は説明会に参加してください(説明会については掲示でお知らせします)。出願期間等の詳細は説明会にてお知らせします。
なお、1年生の春学期は、相模女子大学・相模女子大学短期大学部の授業を優先しますので、出願することができません。1年生の秋学期から履修が可能になります。

(4)修得単位の取り扱い

修得した単位は、自由科目の単位として充当することができます。

(5)取扱窓口

マーガレット本館1階 学修・生活支援課担当窓口
※単位互換科目のシラバスを閲覧できます。

関連リンク

首都圏西部大学単位互換協定会加盟大学(2020年4月現在)

学内単位互換

(1)学内単位互換とは

相模女子大学・相模女子大学短期大学部では、同一法人内における単位互換制度を設けています。これにより、大学生が短期大学部の授業を、短期大学部生が大学の授業を履修することができます。

(2)履修上の注意

学内単位互換は、大学・短期大学部において指定された科目(開放科目)以外は履修することができません。開放科目は年度によって異なりますので、履修登録時に学修・生活支援課で確認してください。ただし、履修は所属学科の学生を優先しますので、科目によっては履修できない場合があります。
学内単位互換を履修する場合、1セメスターにつき27単位(2018年度以降の入学生は24単位)まで登録することができますが、全学共通科目と自分が所属する学科の専門教育科目の合計が24単位を超えて登録されていないことが前提条件となります。

(3)履修方法

学期の始めに行う履修科目追加・訂正期間に専用の申込用紙(「学内単位互換科目登録票」)で申請します。

(4)修得単位の取り扱い

修得した単位は、自由科目の単位として充当することができます。

ページの先頭へ戻る