グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  短期大学部 >  食物栄養学科 >  3つのポリシー

3つのポリシー



学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

食物栄養学科は、現代社会が求める高度で専門的な栄養知識を有し、食を通して人々の健康の維持・増進に積極的にかかわることのできる栄養士を養成することを目的としており、以下の能力・知識・技能を身につけ、卒業に必要な単位数を修得するなどの要件を満たす者に学位を授与します。

  1. 食物と栄養に関する専門的な知識や技能を人の生活の質の向上のために実践することができる。
  2. 栄養士および任用資格を意欲的に活かし、社会の一員として貢献できる。
  3. 食の専門家として良識と責任感を持ち、他者と厚い信頼関係を築くことができるコミュニケーション能力を備える。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. 栄養士法施行規則に準拠した教育内容と単位数を配備し、2年間で専門領域の基礎から応用までを効率よく修得し資格取得へと導く体系的なカリキュラム。
  2. 講義科目での学習と実験・実習・演習科目でのアクティブラーニングとを連携させた段階的なカリキュラム。
  3. 円滑に短期大学生活をスタートさせるための導入教育講座や自立した大人として必須となるスキルを学べるキャリア教育講座等を設置。
  4. 卒業後に四年制大学への編入学を目指す学生や、専門領域をより極めたいと希望する学生に向けたスキルアップ科目を設置。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

  1. 食を通した健康づくりに強い関心を持ち、将来は食と栄養の専門家である栄養士として活躍したいという明確な目的意識を有する者。
  2. 知的好奇心や探求心が旺盛で、食物栄養学の学習に能動的かつ意欲的に取り組むことができる者。
  3. 対個人もしくは集団の中において協調性を保ち良好な人間関係を築けるコミュニケーション力に優れた者。
  4. 本学での学習に必要な一定水準の学力を有する者。中でも専門教育科目の基盤となる理数系分野(生物、化学、計算力)の基礎学力を身につけていることが望ましい。

ページの先頭へ戻る