グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 

中西 泰子


Nakanishi Yasuko

所属・職位:社会マネジメント学科 准教授
担当科目:統計基礎、家族論
専門分野及び関連分野:家族社会学、ジェンダー論、老年学、社会調査

最終学歴 東京都立大学社会科学研究科 博士課程修了
学位 種類:社会学博士
授与大学:東京都立大学
職歴 2007・2008年度 明治学院大学社会学部付属研究所研究調査員
2009年度 日本女子大学現代女性キャリア研究所研究員
所属学会 日本社会学会、日本家族社会学会、日本老年社会科学会、日本都市社会学会、日本家政学会家族関係学部会、家族問題研究学会
趣味・特技 読書(漫画が大好きです)


授業

ただ我慢して知識をつめこむのではなく、真に「自分のもの」にできるように、ということが、授業に際して心がけていることです。みなさんの感じ方や関心に問いかけながら、また映像資料などを用いながら、実感的・共感的な理解を目指しています。

研究テーマ

成人期の親子関係、若者の老親介護意識、女性のライフコース設計(子育て、介護、女性の就労)、地域福祉活動(子育て支援、傾聴ボランティア活動)

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
著書 共著 『よくわかる家族社会学』 ミネルヴァ書房 2019年
著書 共著 現代家族を読み解く12章 丸善出版 p.234. 2018年
学術論文 単著 「老親扶養意識にみる世代間の葛藤とつながり」 老年社会科学 38(4) 2017年
学術論文 単著 「独身者の親子関係とその経済的背景」 家計経済研究 (110) 2016年
学術論文 単著 「どのような人が子による介護を受けようとするのか:被介護意向とその経済的背景」 家族研究年報 39 2014年
学術論文 単著 「在宅要介護者の主介護者における介護負担感と経済生活 : 就労・経済状態との関連性」 家計経済研究 (98) 2013年
学術論文 単著 「有配偶女性の就労と妻の親への介護意向:-別居子の意識とその規定要因」 老年社会科学 32(4) 2011年
著書 共著 『〈若者と親〉の社会学 未婚期の自立を考える』 青弓社 2010年
著者 単著 『若者の介護意識:親子関係とジェンダー不均衡』 勁草書房 2009年
著書 共著 『東京大都市圏の空間形成とコミュニティ』 古今書院 2009年
学術論文 共著 「閉じこもり高齢者への傾聴ボランティア活動に対する利用者評価:聞き取り調査に基づいた検討」 「研究所年報」39 p.85-96. 明治学院大学社会学部付属研究所 2009年
学術論文 単著 価値意識と子どもを持つこととの関連:国レベルと個人レベルにおける検討」 「SSJ Data Archive Research Paper Series」41 p.108-121. 2009年
著書 共著 『文化社会学の視座』 ミネルヴァ書房 2008年
著書 共著 『既婚女性の就業とネットワーク』 ミネルヴァ書房 2008年
学術論文 単著 「都市郊外の子育て活動:郊外第二世代に注目して」 「研究所年報」38 p.45-57. 明治学院大学社会学部付属研究所 2008年
学術論文 単著 「若者の老親扶養志向にみるジェンダー:「娘」の意識に注目して」 日本家族社会学会学会誌「家族社会学研究」19(2) p.35-47. 2007年
学術論文 単著 「母娘関係の親密さとその規定要因:娘のライフコース志向と母親ライフコースの類似性に注目して」 日本家政学会家族関係学部会学会誌「家族関係学」25号 p.52-60. 2006年

研究資金の申請・獲得

社会活動等

学会活動

  • 家族問題研究学会 編集委員
  • 日本家族社会学会 専門査読委員

外部委員・審査員

  • 相模原市男女共同参画審議会委員
  • 相模原市都市計画審議会臨時委員

受験生へのメッセージ

「自分の希望」「自分の思い」「自分なりの考え」といっても、まず自分自身がそれらを十分分かっていないということは、少なくないのではないでしょうか。大学という場でこそ得られる多種多様な知識を、自分たちの身近な生活と結びつけながら想像力をふくまらせ、自分の人生、そして社会をマネジメントすることの面白さを学んでください。



ページの先頭へ戻る