グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  社会マネジメント学科 >  松﨑 吉之助

松﨑 吉之助


Matsuzaki Kichinosuke

所属・職位:社会マネジメント学科 准教授
専門分野及び関連分野:高齢者福祉、地域福祉、ソーシャルワーク、老年学

最終学歴 上智大学文学部哲学科
神奈川県立保健福祉大学大学院保健福祉学研究科博士前期課程
横浜国立大学大学院環境情報学府博士後期課程 修了
学位 種類:博士(学術) 授与大学:横浜国立大学
種類:修士(社会福祉学) 授与大学:神奈川県立保健福祉大学
職歴 JMA(現:社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス)東日本循環器病院・海老名総合病院等 社会福祉士・ソーシャルワーカー、社会福祉法人厚木慈光会 睦合地域包括支援センター 社会福祉士・ソーシャルワーカー、仙台白百合女子大学人間学部心理福祉学科専任講師、神奈川工科大学、放送大学、日本福祉教育専門学校、仙台白百合学園(非常勤講師)、仙台白百合学園スクールソーシャルワーカー(非常勤)
所属学会 日本社会福祉学会、日本地域福祉学会、日本認知症ケア学会、日本医療社会福祉協会、日本社会福祉士会
趣味・特技 温泉、ギターを弾くこと、自転車、書店めぐり


授業

社会福祉士養成関係の講義と演習・実習科目を主に担当します。講義では社会福祉が他人事ではなく自分自身の課題として学べるよう、身近な具体的事例を取り上げます。実習・演習では専門職としての価値や倫理をしっかり学び、一人一人の興味関心を大切にしながら授業を進めていきます。

研究テーマ

地域包括ケアシステムにおける専門職の役割、一人暮らし認知症高齢者の地域生活の課題と支援のあり方、地域住民と専門職の協働・連携、民生委員の役割と課題

研究業績

研究資金の申請・獲得

社会活動等

社会人向け講座

  1. 横浜市地域包括支援センター職員研修 応用編「包括3職種からの事例検討・地域の福祉事業所が抱える事例共有」講師2021年1月15日 ウィリング横浜・オンライン
  2. 横浜市地域包括支援センター職員研修 基礎編「高齢者の疾患と基礎知識/介護予防ケアマネジメントと介護予防の必要性」講師 2019年6月12日・20日、2020年8月24日 ウィリング横浜
  3. 相模原市社会福祉協議会 ふれあいサービス協力会員随時研修会「好感のもてるコミュニケーション~より良い信頼関係を築くために~」講師 2019年11月26日 ユニコムプラザさがみはら
  4. 厚木病院協会ソーシャルワーカー勉強会「これからの専門職の在り方について考えよう」講師 2019年11月29日 アミューあつぎ
  5. 相模原市社会福祉協議会 コーディネート研修「コーディネートの重要性と事例検討」講師 2019年12月4日 ユニコムプラザさがみはら
  6. 第6回南毛利地域包括ケアマネ連絡会 事例検討会 講師 2019年
  7. 厚木市睦合南地域包括支援センター ケアマネジャー研修 講師 2019年
  8. 神奈川県老人保健施設協会相談支援員部会総会 講演 「地域貢献について考えよう~今からできる活動のススメ~」2018年
  9. 神奈川県医療ソーシャルワーカー協会 新人研修 講義「社会資源資源①②」2018年
  10. 第2回枚岡在宅医療フォーラム 講演 「みんなでつくる地域包括ケア~連携の課題と解決策~」2018年
  11. 座間市市民後見人養成講座(実践研修)講義「対人援助の基礎」2018年

外部委員・審査員

  • 特定非営利活動法人よこはま地域福祉研究センター理事 平成24年~
  • 神奈川県医療社会事業協会理事 平成21年~平成23年
  • 相模原市消費生活審議会委員 令和2年~

受験生へのメッセージ

最近は貧困や介護などの課題がニュースなどで報じられることも増えてきました。私自身ソーシャルワーカーとして病院や地域で働くなかで、これらの課題は誰もが直面する可能性があり、決して他人ごとではないと考えるようになりました。こうした時代の中で、誰もが安心して暮らせる社会をつくるために、私たちに何ができるのかということを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。また大学時代はたくさんのことを経験できるとても貴重な時間です。皆さんが、さまざまなことに挑戦し、自分自身の可能性を広げることができるよう応援しています。



ページの先頭へ戻る