グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  日本語日本文学科 >  永谷 直子

永谷 直子


Nagatani Naoko

所属・職位:日本語日本文学科 准教授
担当科目:日本語教授法Ⅰ、日本語学概論Ⅰ、Ⅱ
専門分野及び関連分野:日本語学(特に現代日本語の文法/日本語教育文法)、日本語教育学

最終学歴 一橋大学大学院言語社会研究科博士後期課程修了
学位 種類:博士(学術)
授与大学:一橋大学
職歴 高麗大学校 文科大学 日語日文科 客員専任講師(韓国)
聖学院大学 人文学部 日本文化学科 非常勤講師
東京大学 日本語教育センター 特任助教
横浜市立大学 国際総合科学部 非常勤講師
相模女子大学 学芸学部 非常勤講師など
所属学会 日本語教育学会、日本語文法学会、日本語/日本語教育研究会、日本語学会


授業

世界にも、また、日本国内にも、日本語を勉強している人たちが大勢います。どのような学習者が、どのような環境で、なぜ日本語を勉強しているのでしょうか。また、彼らにとって日本語はどのような言語でしょうか。日本語教育の現状や日本語学習者について知ろうとすればするほど、いろいろな疑問が生じてきます。授業では、これらの疑問に向き合いながら、外国語を学び、自分とは異なる文化に接するとはどのようなことなのか、さらに、「外国語」として見たとき日本語とはどのような言語なのか、などを考えていきます。

研究テーマ

動詞文と形容詞文の構文間の対立、形容詞の用法間の対立を中心に、現代日本語における「事象の捉え方」について考えています。研究は、日本語学習者の発話や理解の様子を元にすることが多いのですが、研究の成果が「学習者のための文法記述」になることを目指しています(が、なかなか難しい作業です)。

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
著書 共著 『日本語教師養成講座テキスト4言語一般』 U-CAN pp.80-259. 2018
学術論文 共著 8種のコーパスに見る技能別特徴項目:高等教育機関で学ぶ留学生のためのシラバス再考のために 一橋大学国際教育センター紀要 (9)pp.85-94. 2018
学会発表 共同 パネル発表「「学びやすく、質の高いアカデミックな日本語学習」のためのシラバス再構築の試み ―コーパスに基づいた文法項目の選定とその技能別活動」 2018年日本語教育国際研究大会(Venezia ICJLE 2018) 2018
学術論文 単著 形容詞連用形の「内面的用法」について―形容詞がヲ格名詞の様子を表す場合を例に― 『日本語文法』17-1、pp.3-19./日本語文法学会 2017
学術論文 単著 形容詞の副詞的用法に関する補説―「うれしい」「楽しい」を例に 『一橋日本語教育研究』4、pp.97-106./一橋日本語教育研究会 2016
学術論文 単著 「動作主認識の副詞的成分」を再考する 『日本語文法』15-1/日本語文法学会 2015
学術論文 単著 副詞「よく」と「잘/cal/」が表す意味について―共起する動きの性質と出来ばえのよさの述べ方に着目して― 『日本語/日本語教育研究』6/日本語/日本語教育研究会 2015
学術論文 単著 「上手さ」を表す文についての考察―属性叙述における構文の選択― 『日本語文法』14-2, p.118~p.126/日本語文法学会 2014
学術論文 単著 「てみる」と「(よ)うとする」―「ル形」の言い切りの形における接近と異なりに着目して― 『一橋日本語教育研究』2, p.71 ~p.82/一橋日本語教育研究会 2013
学術論文 単著 話し手・聞き手の「領域」から見た「わけだ」 『東京大学留学生センター教育研究論集』16, p.29~p.41 2010

社会活動等

学会活動

  • 日本語/日本語教育研究会 総務委員
  • 日本語教育学会 審査・運営協力員

受験生へのメッセージ

日本語は普段意識することのない空気のような存在かもしれません。ですが、日本語学習者を知り、彼らを通して、日本語を見つめていくと、「なぜ日本語ではこのように言うのだろう?」と、当たり前だと思っていたことが、当たり前ではない(かもしれない)ことに気づかされます。日本語について考えるための題材は、日ごろの何気ない会話、普段目にする文章など、身近なところにたくさんあります。「なぜだろう?」からスタートして、問題を深めていく作業、無意識だったことを意識化していく作業を、楽しんでもらえたらと思います。



ページの先頭へ戻る