グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  日本語日本文学科 >  高木 信

高木 信


Takagi Makoto

所属・職位:日本語日本文学科 教授
担当科目:古文教材特講、映像と文学
専門分野及び関連分野:中世文学および古典—日本語文学・文学理論・ジェンダー論・国語教育

最終学歴 名古屋大学大学院文学研究科(博士後期課程)国文学専攻
学位 種類:博士(文学)
授与大学:名古屋大学
職歴 学校法人東海学園東海高等学校教諭を経て、現職
所属学会 日本文学協会・物語研究会・中世文学会
趣味・特技 寝ること、マンガ、映画


授業

講義はできるだけ興味を持ってもらえるように、現代のものを具体例として示しながら古典文学の世界に親しんでもらえるようにしている。
演習は、言葉の意味を調べ、中世文学作品を独自に読めるようになることを目標としている。

研究テーマ

  1. 中世軍記物語に現れる怨霊と亡霊の分析、および語り論
  2. 古典—日本語テクストのジェンダー分析、および享受論
  3. J-POPの歌詞のジェンダー分析、および語り手論
  4. 国語教科書に掲載された作品の分析
作品の構造の分析と、語りのあり方の分析をクロスオーバーさせて、従来とは違う読み方を生み出すことを目標としている。

研究業績

著書

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
著書 共編著 日本文学からの批評理論 亡霊・想起・記憶 笠間書院 2014
著書 共著 物語研究会編『記憶の創生 〈物語〉1971―2011』 翰林書房 2012
著書 共著 高橋亨編『〈紫式部〉と王朝文芸の表現史』 森話社 2012
著書 共著 助川幸逸郎編『可能性としてのリテラシー教育―21世紀の〈国語〉の授業にむけて』 ひつじ書房 2011
著書 単著 高木信 『「死の美学化」に抗する『平家物語』の語り方』 青弓社 2009
著書 共編著 鈴木泰恵・高木信他編 『テクスト論と国語教育』 ひつじ書房 2009
著書 単著 高木信 『平家物語・装置としての古典』 春風社 2008
著書 共編著 文学と表現研究会編 『読む。平家物語』 武蔵野書院 2003
著書 単著 高木信 『平家物語・想像する語り』 森話社 2001
著書 共編著 高木信・安藤徹編 『テクストの性愛術 物語分析の理論と実践』 森話社 2000

論文

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
学術論文 単著 殺す猟師/殺される動物、あるいは謡曲《善知鳥》の修辞学―〈死者/動物〉へ生成変化する〈狩猟機械〉― 物語研究会「物語研究 第19号」pp.44-61. 2019
学術論文以外の文筆活動 単著 〝全員が納得する そんな答えなんかあるものか〟、あるいは「学ぶ」ということ 「相模国文 第46号」pp.110-124. 2019
学術論文以外の文筆活動 単著 書評 西原志保『『源氏物語』女三の宮の〈内面〉』 「第二次 古代文学研究 第27号」pp.82-88. 2018
学術論文以外の文筆活動 単著 殺し堕地獄する猟師/殺され語られる動物、謡曲《善知鳥》論を始発として―死者が語る喪われたものたちの記憶 「東アジアと同時代日本語文学フォーラム 第6回 上海大会 予稿集」pp.598-609. 2018
学術論文 単著 〈不在の原因〉としての原発、あるいは亡霊の(不)可能性―福島原発事件を描く映画における〈血と故郷〉への偽の喪の作業― 「相模国文 第42号」 2015
学術論文 単著 教科書のなかの〈戦争〉、あるいは戦場の〈歩き方〉―『桜島』『夏の葬列』『沖縄の手記から』をめぐって。教室のなかのテクスト論4.2― 日本文学協会「日文協国語教育 第41号」 2014
学術論文 単著 小宰相と小野小町との絆、あるいは〈引用〉のポリティクス―網目のなかの『平家物語』、謡曲、御伽草子、古注釈― 物語研究会「物語研究14」 2014
学術論文 単著 J-POPによるジェンダー分析入門、あるいは男性中心社会のなかの〈女性〉の叛逆(不)可能性―教室のなかのテクスト論・3.1― 相模国文研究会「相模国文 第41号」 2014
学術論文 単著 亡霊の時間(とき)/亡霊の和歌(ウタ)、あるいは未来からの〈記憶〉―インターテクスチュアリティのなかの『義経記』― 高木他編『日本文学からの批評理論 亡霊・想起・記憶』笠間書院 2014
学術論文 単著 教科書の内/外の『桜島』、あるいは正義と悪の戦いの〈物語〉を脱構築する―教室のなかのテクスト論・4.1― 日本文学協会「日本文学 二〇一四年一月号」 2014
学術論文 単著 J―POPによる物語読解技法への入門、あるいは話型のゆらぎ―〝どのクラスに語り手はいますか?〟教室のなかのテクスト論・3.0― 相模国文研究会「相模国文 第39号」 2012
学術論文 単著 「インターテクスチュアリティのなかの〈重衡物語〉、あるいは混線する対話」
(シンポジュウム「物語学の現在」・他のパネラーは東原伸明、千野裕子、司会:鈴木泰恵、コメンテーター:三田村雅子)
物語研究会編『記憶の創生〈物語〉pp.1971―2011.』翰林書房 2012
学術論文 単著 『平家物語』を読む〈紫式部〉、あるいは混線するテクストたち―インターテクスチュアリティの中世― 高橋亨編『〈紫式部〉と王朝文芸の表現史』森話社 2012
学術論文 単著 林京子「空罐」の〈亡霊〉的時空、あるいは記憶の感染の(不)可能性―教室のなかのテクスト論・2― 助川幸逸郎編『可能性としてのリテラシー教育―21世紀の〈国語〉の授業にむけて』ひつじ書房 2011
学術論文 単著 見えない「桜」への生成変化、あるいはテクストの亡霊 —多声法的カタリによる〈忠度の物語〉の脱時空間化— 「相模国文 第39号」 2011
学術論文 単著 「虎」という女—真名本『曾我物語』における巡礼する 女性たち、あるいは象徴秩序からの逃走— 「相模国文 第38号」 2011
学術論文 単著 予言書〈未来記〉作家・橋本治の憂鬱—『双調平家物語 ノート』のぉと— 「ユリイカ」2010年6月号/青土社 2010
学術論文 単著 〈語り/騙り〉としての『山月記』
~「欠ける所」と漢詩への欲望、あるいは李徴は「変化」したか?~
高木信・鈴木泰恵他編『国語教育とテクスト論』/ひつじ書房 2009
学術論文 単著 〈顔〉が生成する真名本『曾我物語』~“曾我〟〈兄/弟〉の非対称的物語~ ハルオ・シラネ、藤井貞和、松井健児編『日本文学からの批評理論』/笠間書院 2009
学術論文 単著 亡霊に取り憑かれたエクリチュール 「国文学 2007年12月号」/学燈社 2007
学術論文 単著 怨霊と亡霊と ~〈亡霊〉に取り憑かれた軍記物語~ 一柳廣孝他編 「ナイトメア叢書第5巻 霊はどこにいるのか」/青弓社 2007
学術論文 単著 〈貞女〉の檻 ~〈知〉にダブルバインドされた小宰相~ 「文学」隔月3・4月号/岩波書店 2006
学術論文 単著 知盛〈神話〉解体~教室で『平家物語』を読むことの(不)可能性~ 「日本文学」2006年6月号 2006

その他

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
学会発表 単独 新しいナラトロジーのためのエチュード、あるいはテクスト分析と語りの話法と―『源氏物語』・『平家物語』・説経節・謡曲の「語り」から〈カタリ〉は噴出するか? 物語研究会 3月例会 ミニシンポジウム「語りの〈声〉が立ち上がるとき」 2019
学会発表 単独 殺し堕地獄する猟師/殺され語られる動物、謡曲《善知鳥》論を始発として―死者が語る喪われたものたちの記憶 東アジアと同時代日本語文学フォーラム 第6回 上海大会
パネル「到来する動物(たち)/亡霊(たち)―脱人間中心主義的文学研究のために」
2018
学会発表 単独 「兵藤裕己著『後醍醐天皇』岩波新書」を読む うたげの会・白竜会 2018
その他 共著 監修「つまらないなんてウソ!古文と仲良くなるコツ」 NHK『テストの花道』制作チーム編『テストの花道流 夢がかなう人の勉強術』河出書房新社 2014
その他 単著 カメのいない国で 真夏のガメラシンポ 相模女子大学国文研究会々報 第39号 2013
書評 単著 「ボロメオの環」として 深沢徹著『往きて、還ある。―やぶにらみの日本古典文学』を読む 日本文学 2012年5月号 2012
書評 単著 《研究余滴》詠い、奏でる武士たち、あるいは風流な『平家物語』の世界? ―現代人が読む『平家物語』にまぎれこむ〈中世〉と〈現在〉― 「相模国文 第39号」pp.138-144. 2012

社会的評価

『平家物語・装置としての古典』春風社
  • 2019年3月 井上翠「『源平盛衰記』の巴の物語」(『早稲田大学大学院教育学部研究科紀要』別冊26号-2)
    高木信他編『〈国語教育〉とテクスト論』ひつじ書房
  • 2018年8月 李勇華「〈テクスト論〉の終わり、〈第三項〉論の始まり―座談会「〈国語教育〉ちテクスト論」についての再検討―」(「日本文学 2018年8月号」)
    「〈語り/騙り〉としての『山月記』―「欠ける所」と漢詩への欲望、あるいは李徴は「変(へんか)化(へんげ)」したか?―」(高木信・鈴木泰恵他編『国語教育とテクスト論』ひつじ書房)
  • 2018年4月 石井要「虎であるとはどのようなことか―中島敦「山月記」論―」(「日本文学 2018年4月号」)
    「《秘密》が殺す/〈秘密〉が産みだす、あるいは三島由紀夫「美神」を読む―裏切りの街角で復讐するは我にあり・教室のなかのテクスト論7―」(「相模国文 44号」)
  • 2018年8月 李勇華「〈テクスト論〉の終わり、〈第三項〉論の始まり―座談会「〈国語教育〉ちテクスト論」についての再検討―」(「日本文学 2018年8月号」)
    「座談会 〈国語教育〉とテクスト論、その未来に向けて」(高木信他編『〈国語教育〉とテクスト論』ひつじ書房)
  • 2018年8月 李勇華「〈テクスト論〉の終わり、〈第三項〉論の始まり―座談会「〈国語教育〉とテクスト論」についての再検討―」(「日本文学 2018年8月号」)
  • 斉藤昭子「物語文学の語りとその超克」(「日本文学 2019年3月号」)

社会活動等

学会等での発表・講演

内容 学会名等 開催等年
「教室の内/外の〈亡霊〉、あるいは最近の亡霊的なものの救済的な語り方について―川上弘美「神様」「花野」「神様2011」から。教室のなかのテクスト論・5―」 怪異怪談研究会 2014
「不在の原因としての原発」 EAJS・シンポジウム:「3.11Cinema:Disaster and the Nuclear Unconscious in Post‐FukushimaFilms」リヴィア・モネ、木村朗子 2014
夢のフェティシズム/夢のディスクール 物語研究会3月例会 2014
教室のなかの戦場、あるいは死者の記憶の語りを読む―『桜島』を中心に、『沖縄の手記から』『夏の葬列』をめぐって― 第65回日本文学協会国語教育部会 夏期研究集会講座:高校分科会 2013
教室のなかの戦争、あるいは〈本文〉をめぐって 相模国文の会 2013
小宰相から小野小町への複数の線から星座を幻視する、あるいは「引用」のポリティクス―『平家物語』、謡曲、古註釈を横断して、拓かれ/裂かれる― 物語研究会4月例会 2013
『日本文学からの批評理論』をめぐって 京都大学人文科学研究所共同研究「日本の文学理論・芸術理論」班長:大浦康介 2011
Tadanori’s Pervasive Poem: The Spectral Text and the Memory of Tadanori
(和訳)テクストの亡霊構造化と忠度の記憶―遍在化する忠度のウタ
EAJS(ヨーロッパ日本研究学会) 2011
インターテクスチュアリティのなかの〈重衡物語〉、あるいは混線する対話 物語研究会 2011
ジャンルの交差点を横切る〈亡霊〉―『平家物語』を読む〈紫式部〉― 物語研究会 2011

その他

内容 場所 開催等年
市民大学講座 『平家物語』を読み直す 相模女子大学 2014
NHK Eテレ「テストの花道」:「勉強パフォーマンス選手権」古文歌詞監修および出演 - 2014
NHK Eテレ「テストの花道」:「暗記紅白プレゼン合戦!」古文歌詞監修 - 2013
「講演 亡霊と語りによる時空の脱臼―静の〈ウタ〉を始発にして―」
同志社大学大学院国文学院生部会 講演会
同志社大学 2013
公開シンポジウム 映画『ガメラ』
(パネラー:金子修介、中山忍、高木信、司会:山崎鎮親)
相模女子大学 2013
公開シンポジウム 映画『毎日が夏休み』
(パネラー:金子修介、佐伯日菜子、高木信、岩下朋世、司会:山崎鎮親)
相模女子大学 2012
大野台公民館文学講座 - 2008~2009

受験生へのメッセージ

文学を読むことは、今まで“常識”だと思っていたことを、疑い、そして驚くことへの第一歩だと思います。自分で、「それって、なぜ?」と思う力を養い、そこに意味を見出すHow toを身につけてください。大学は「自分で考える力」を身につけるに十分な時間と場所をみなさんに与えてくれるでしょう。



ページの先頭へ戻る