グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  日本語日本文学科 >  山田 純

山田 純


Yamada Jun

所属・職位:日本語日本文学科 教授
担当科目:古典文学研究2・5、現代文化論2
専門分野及び関連分野:日本古典文学(特に『古事記』『日本書紀』『万葉集』などに見られる神話を中心とする)
学位 種類:博士(文学)
授与大学:明治大学大学院
職歴
  • 明治大学 文学部 専任助手
  • 白百合女子大学 文学部 国語国文学科 非常勤講師
  • 和光大学 公開講座 非常勤講師
  • フェリス女学院大学 文学部 日本文学科 非常勤講師
  • 大東文化大学 文学部 日本文学科 非常勤講師
  • 鶴見大学 文学部 日本文学科 非常勤講師
所属学会 古代文学会、上代文学会、日本文学協会、古事記学会、風土記研究会
趣味・特技 ケーキ作り


研究テーマ

「典拠」と呼ばれる、古典の基礎的な修辞技法の研究をしています。「典拠」という方法は、神話に多く見られる哲学「祖型の反復」の一端ではないだろうか、この問題について考えているわけです。

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
著書 共著 『経国集対策注釈』 塙書房 p.542. 2019
学術論文以外の文筆活動 単著 『日本書紀』の編述者の知の基盤はどのようなものか 松田浩 他編『古典文学の常識を疑うII』(勉誠出版) 2019
学術論文以外の文筆活動 単著 研究余滴:『日本書紀典拠論』研究余滴―「鉄の神話」四方山― 『相模国文』46号 pp.101-109. 2019
著書 単著 『日本書紀典拠論』 新典社 p.398. 2018
学術論文 単著 「鳥」―『日本書紀』「孝徳紀」に現われた「白雉」という〝ことば〟― 吉田修作編『ことばの呪力』(おうふう) pp.225-240. 2018
学術論文 単著 「景行記」を可能とする『古事記』倭建命の論理―「祖禰」をめぐる「景行紀」の思考の分析を通して― 『相模国文』45号 pp.1-25. 2018
学術論文以外の文筆活動 単著 『日本書紀』は「歴史書」か 松田浩 他編『古典文学の常識を疑う』(勉誠出版) 2017
学術論文 単著 『日本書紀』「崇神紀」における「箸墓伝承」の位置づけ―君臣一体の理想的祭祀実現の「歴史」― 『相模国文』44号 pp.1-16. 2017
学術論文 単著 「日本武尊」の延伸性―「景行紀」と「景行記」の差異が織りなす複数の「ヤマトタケル」序論― 『古代文学』56号 pp.32-42. 2017
学術論文 単著 『日本書紀』「天皇紀」の「注」を読む―「帝国/蕃国」としての「日本」― 『相模女子大学紀要』第79号 pp.1-16. 2016
学術論文 単著 『日本書紀』「崇神紀」が語る祭祀の「歴史」―「崇神紀」と「成帝紀」の比較― 『相模国文』43号 pp.1-18. 2016
学術論文 単著 『日本書紀』「神代紀」における「注の注」の機能について 『文芸研究』126号 pp.51-66. 2015
学術論文 単著 聖帝の世で、鹿が見た夢 『相模国文』42号 pp.20-38. 2015
学術論文以外の文筆活動 単著 【読む】 気絶之際の「泉津平坂」 『日本文学』Vol.63-No.10 pp.62-66. 2014
学術論文 単著 イスケヨリヒメの聖性 ―「矢」字の、八世紀的な意義から― 『相模国文』41号 2014
学術論文 単著 「霊畤」をめぐる〈変成〉 ―『日本書紀』「神武紀」の「郊祀」記事から― 『古代文学』53号 2014
学術論文 単著 『豊後国風土記』直入郡球覃郷条の水神―漢籍の知と神話的思考の融合― 『悠久』134号 2014
学術論文 単著 「餅の的」と連想 ―『豊後国風土記』田野条の読解を通して― 『相模国文』40号 2013
学術論文 単著 鑑の史書 ―『日本書紀』「雄略紀」と『隋書』「高祖紀」の比較から― 『古代文学』52号 2013
学術論文 単著 「日神=姉」の陰陽論―『日本書紀』神代紀の思考― 『古代文学』51号 2012
学術論文 単著 「典拠表現」から見る8世紀神話テキストの研究 明治大学大学院 2011
学術論文 単著 「日下」をめぐる神話的思考―『古事記』序文の対句表現から― 『古代文学』48号 2009
学術論文 単著 「鷦鷯」という名の「天皇」―鳥名と易姓革命― 『日本文学』Vol.57 No.2 2008
学術論文 単著 「白燕」からみる天智称讃の方法―知識と技術により天意を読む治世― 『古代文学』46号 2007
学術論文 単著 『遺老説傳』注釈(1) 明治大学大学院紀要『文学研究論集』第24号(第二話・第三話担当) 2006
学術論文 単著 『法華験記』と結縁―往生伝における結縁との差異について― 永藤靖編『法華験記の世界』 (三弥井書店) 2005
学術論文 単著 『播磨国風土記』の歴史叙述―叙述形式が誘引する世界― 『文化継承学論集』 創刊号 2005
学術論文 単著 仁徳紀の歴史叙述 ―聖帝と伝仁徳天皇陵― 明治大学大学院紀要『文学研究論集』第22号 2005
学術論文 単著 書紀によると世界は ―天孫降臨と歴史叙述― 明治大学大学院紀要『文学研究論集』第21号 2004
学術論文 単著 「皇極紀」「斉明紀」における歴史叙述の方法―災異瑞祥記事を中心として― 明治大学大学院紀要『文学研究論集』第18号 2003

社会活動等

学会活動

  • 上代文学会 常任理事 (電子化・HP担当理事 将来問題担当理事)
  • 古代文学会編集委員

社会人向け講座

相模原市南区大野台公民館第23回文学講座「神話の世界」講師(2018年 2月7日,2月14日,2月21日)

受験生へのメッセージ

私たちは現代創作に触れて、笑ったり、感動したりします。どのような仕組みが、私たちの笑いや感動を導くのでしょうか。現代創作の裏側を少しだけのぞいてみましょう。その仕組みがわかったとき、おそらく私たちは、もっとたくさん笑い、より深く感動することになるでしょう。古典とは、実は、その仕組みを知るための入口なのです。現代創作を担う人々は、みんな――言葉にはしないけれど、多かれ少なかれ――古典を学んでいるのです。



ページの先頭へ戻る