グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  健康栄養学科 >  水上 由紀

水上 由紀


Mizukami Yuki

所属・職位:栄養科学研究科・健康栄養学科 教授
担当科目:臨床栄養学Ⅰ・Ⅱ、臨床栄養学実習
専門分野及び関連分野:臨床栄養学

最終学歴 実践女子大学大学院博士後期課程修了
学位 種類:博士(食物栄養学)
授与大学:実践女子大学大学院
職歴 国立病院療養所(現 独立行政法人国立病院機構)管理栄養士
目白大学短期大学部生活科学科
所属学会 日本病態栄養学会
日本栄養食糧学会
日本栄養改善学会
日本アルコール・アディクション医学会
日本アルコール関連問題学会
日本アルコール生物医学会
日本経腸静脈栄養学会
アルコール関連問題予防研究会


研究テーマ

アルコールの過剰摂取が栄養代謝に及ぼす影響

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
著書 共著 新版 子どもの食と栄養 一藝社 pp.9-16. 2018
著書 共著 臨床栄養11月号 アルコール医療の展望と最新知見 医歯薬出版株式会社 133巻6号 pp.837-841. 2018
学術論文以外の文筆活動 単著 大学生向け飲酒教育「ゲコ部」の紹介と飲酒教育への要望 日本アディクション看護学会誌 15巻 2号 pp.51-54. 2018
学術論文以外の文筆活動 共著 相模女子大学飲酒教育活動「ゲコ部(GEKKO-BU)」 日本アルコール関連問題学会雑誌 第20巻第2号 pp.130-134. 2018
学会発表 共同 Diet of female alcoholics before and after admission to an coholism Rehabilitation Program(ARP) International Society for Biomedical Research on Alcoholism(ISBRA2018) 2018
学会発表 共同 Muscle mass and muscle strength in female alcoholics at the time of admission to an Alcoholism Rehabilitation Program(ARP) International Society for Biomedical Research on Alcoholism(ISBRA2018) 2018
学会発表 共同 Towards the establishment of an Alcoholism Rehabilitation Program(ARP) including measures for the prevention of locomotor disability International Society for Biomedical Research on Alcoholism(ISBRA2018) 2018
学術論文 共著 Distinct Patterns of Dietary Intake in Different Functional Classes of Patients witn Rheumatoid Arthritis Topics in Clinical Nutrition vol.32,No.2 pp.141-151. 2017
著書 共著 臨床栄養 東京化学同人 pp.190-196. 2017
著書 共著 「メタボ&ロコモ予防講座 -メタボとロコモの意外な関係-」 大学教育出版 pp.54-96. 2016
著書 共著 実践 臨床栄養学実習 第一出版社 pp.77-83. 2015
著書 共著 コンパクト「臨床栄養学」 朝倉書店 pp.119-125,141-147. 2013
学術論文 共著 Higher serum free glycerol levels in a group of alcoholics than in controls. Alcoholism,Clinical and Experimental Research vol.36,No.10 pp.1820-1826. 2012
学術論文 共著 アルコール依存症男性における飲酒・喫煙・食生活とbody mass indexとの関わりについて 日本アルコール・薬物医学会雑誌 44巻1号 2010
著書 共著 子ども学講座3 子どもと環境 一藝社/p.43-56 2010
著書 共著 臨床栄養医学 南山堂/p.130-134、p.288-292 2009
学術論文 共著 アルコール依存症患者におけるリポタンパク質代謝の解析 日本アルコール・薬物医学会雑誌/43巻2号 p.110-119 2008
学術論文 共著 ICD-10分類によるアルコール依存症者の身体合併症と性差 日本アルコール・薬物医学会雑誌/43巻1号 p.25-34 2008
著書 共著 新臨床栄養学 株式会社 医学書院/p.416-420 2007
著書 単著 飲料としてのアルコールと栄養相談におけるアルコールの評価 食生活/ Vol.100 p.79-84 2005
著書 共著 臨床栄養学各論 株式会社 東京化学同人 / 13巻
p.183-p.185、p.189-p.191、p.193、p.195
2005
学術論文 共著 Differential reactivity of two homogeneous LDL-cholesterol methods to LDL and VLDL subfractions, as demonstrated by ultracentrifugation and HPLC Clinical Chemistry / 48巻11号 p.1946-1954 2002
学術論文 共著 アルコール依存症者における味覚障害の評価 日本アルコール・薬物医学会雑誌 / 36巻5号 p.504-513 2001

研究資金の申請・獲得

社会活動等

学会活動

  • 日本栄養改善学会評議員
  • 日本アルコール関連問題予防研究会(企画委員、運営委員)

社会人向け講座

  • メタボ&ロコモ予防講座
  • 人と食をつなぐ未来プロジェクト(臨床栄養セミナー年2回)

その他

  • 飲酒事故防止活動「ゲコ部(Gekko-Bu)」
  • 株式会社サガミホールディングス、石田缶詰株式会社と共同で宇宙日本食の開発

受験生へのメッセージ

大学では今まで学んだ基礎学力を基に多角的な視点から物事を捉え、深く考える勉強をします。
大学生活は未来の課題を解決する力を蓄える事ができる贅沢な時間です。
「食べる」ことについて一緒に学び、考えましょう。



ページの先頭へ戻る