グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



 
ホーム >  教員紹介 >  健康栄養学科 >  岡部 とし子

岡部 とし子


Okabe Toshiko

所属・職位:栄養科学研究科・健康栄養学科 教授
担当科目:食品衛生学、公衆衛生学
専門分野及び関連分野:食品衛生学、環境衛生学

最終学歴 1982年北里大学大学院薬学研究科修士課程修了
学位 種類:博士(薬学)
授与大学:北里大学
資格 薬剤師、臨床検査技師
職歴 北里大学薬学部「公衆衛生学」助手、東京都臨床医学総合研究所研究員、米国・Yale大学Department of Molecular Biophysics and Biochemistry研究員、
横浜市立大学医学部「衛生学」助手、同講師、同助教授兼同大学院医学研究科助教授を経て、相模女子大学栄養科学部・大学院教授
所属学会 日本衛生学会、日本環境ホルモン学会、日本食品衛生学会


研究テーマ

食品添加物や農薬等食品含有物質や環境汚染物質等による生体影響

研究業績

区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
著書 共著 食品衛生学第5版 食べ物と健康、食の安全性 講談社サイエンティフィック 2016
著書 共著 図解食品衛生学実験 講談社サイエンティフィック 2012
学術論文 共著 Yamada-Okabe T, Imamura K, Kawaguchi N, Sakai H, Yamashita M and Matsumoto N.Functional characterization of the zebrafish WHSC1-related gene, a homolog of human NSD2. Biochem Biophys Res Commun 402:335-339 2010
著書 共著 岡部とし子、金井美恵子、久保田裕子、鈴木潤、東條英昭、中村政幸.
食の安全基礎知識:遺伝子組換えとは
アドスリー:97-127 2009
学術論文 共著 Sakai H, Yamada-Okabe T and Matsumoto N. Effects of environmental endocrine disruptors on thyroid hormone receptor mediated transcriptional activity. In "Proceedings of COE international symposium 2006: Pioneering studies of young scientists on chemical pollution and environmental changes" Tanabe S, Takeoka H, Isobe T and Nishibe Y (eds). University Academy Press, Inc. Tokyo Japan:255-257 2007
学術論文 共著 Yamada-Okabe T,Matsumoto N.
Decreased serum dependence in the growth of NIH3T3 cells from the overexpression of human nuclear receptor-binding SET-domain-containing protein 1 (NSD1) or fission yeast su(var)3-9, enhancer-of-zeste, trithorax 2 (SET2).
Cell Biochem Funct 26:146-150 2008
学術論文 共著 Maruyama D, Nishitani Y, Nonaka T, Kita A, Fukami TA, Mio T, Yamada-Okabe H, Yamada-Okabe T, Miki K.
Crystal structure of uridine-diphospho-N-acetylglucosamine pyrophosphorylase from Candida albicans and catalytic reaction mechanism.
J Biol Chem 282:17221-17230 2007
学術論文 共著 Maruyama D, Nishitani Y, Nonaka T, Kita A, Fukami TA, Mio T, Yamada-Okabe H, Yamada-Okabe T, Miki K.
Purification, crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of UDP-N-acetylglucosamine pyrophosphorylase from Candida albicans.
Acta Crystallograph Sect F Struct Biol Cryst Commun 62:1206-1208 2006
学術論文 共著 Nishitani Y, Maruyama D, Nonaka T, Kita A, Fukami TA, Mio T, Yamada-Okabe H, Yamada-Okabe T, Miki K.
Crystal structures of N-acetylglucosamine-phosphate mutase, a member of the alpha-D-phosphohexomutase superfamily, and its substrate and product complexes.
J Biol Chem 281:19740-19747 2006
学術論文 共著 Nishitani Y, Maruyama D, Nonaka T, Kita A, Fukami TA, Mio T, Yamada-Okabe H, Yamada-Okabe T, Miki K.
Purification, crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of N-acetylglucosamine-phosphate mutase from Candida albicans.
Acta Crystallograph Sect F Struct Biol Cryst Commun 62 :419-421 2006

関連資料

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

社会活動等

外部委員・審査員

  • 神奈川県食の安全・安心審議会副会長
  • 神奈川県建築審査会委員(公衆衛生担当)
  • 横浜市環境影響評価審査会委員
  • 相模原市環境審議会委員

受験生へのメッセージ

これまで環境汚染物質等化学物質のヒトへの影響について細胞レベルで研究を行い、いくつかの物質が甲状腺ホルモン系へ影響を及ぼす可能性を報告してきましたが、現実の環境汚染については個体レベルで考えた場合、化学物質の複合汚染や摂取する食物の影響も考慮する必要があります。従って、今後はこれらの点も踏まえた実験系を構築し研究を展開したいと考えています。興味のある方は是非一緒に研究を進めましょう。



ページの先頭へ戻る