さがみアカデミー 2019年度

春季:講座12

心を救うことはできるのか ~心理学、スピリチュアリティ、原始仏教からの探究~
*受付開始:2019年4月1日から

生きている限り心の苦しみから免れることは困難です。本講座では、心の苦しみの諸相を概観し、その原因は何か、それを取り除く方法はあるのか、じっくり考えてみます。心を主題とする心理学、スピリチュアリティ、原始仏教という三つの分野を紹介し、それぞれの分野が心の苦しみへどのようにアプローチしているのかを明らかにし、それぞれの可能性と限界、連携と統合、最善の解決法について考えてみます。
*講義形式の講座です。

講 師

石川 勇一 / 相模女子大学人間社会学部人間心理学科教授

日本トランスパーソナル心理学/精神医学会会長、臨床心理士、公認心理師、法喜楽庵(心理相談室)・法喜楽堂(瞑想修行道場)代表、行者。原始仏教に基づく独自の研究・臨床実践を行う。主な著書に、『新・臨床心理学事典:心の諸問題・治療と修養法・霊性』、『自己実現と心理療法:実存的苦悩へのアプローチ』(以上いずれも単著)、『スピリチュアリティ研究の到達点と展開』(編著)、ほか多数。

日 程

【講座日程】
6月15日・6月29日・7月6日・7月20日[全4回]

*6月22日、7月13日を除く

【曜日・時間】
土曜日 10:00~12:00

定 員 60名
会 場 相模女子大学7号館1階711教室
受講料

全4回 6,000円

締 切 5月31日(金)
持ち物  石川勇一著『こころを救うことはできるのか -心理学・スピリチュアリティ・原始仏教からの探求』 (サンガ、2019年、税込1,944円)に沿った内容を講義しますので、ご一読をお薦めします。
*会場でも販売します。
講座内容
6月15日 心理学からのアプローチ:心の諸問題の現実を展望した後、科学的心理学と脱フラットランド心理学の可能性と限界を眺めます。 6月29日 スピリチュアリティからのアプローチ:スピリチュアリティとはなにか、超越、越境、非二元、偽りの霊性の諸相を概観します。
7月6日 原始仏教からのアプローチ:大乗仏教とは異なるところの多い原始仏教。ブッダが伝えた苦しみの滅尽へ至る智慧と実践の体系を紹介します。 7月20日 心を救うことはできるのか:三つの分野の比較と連携の試みを模索します。心の対処療法と根治療法を理解し、ダンマ・セラピーの可能性を考えます。

お申込み・お問合せ


関連資料

関連リンク